このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
塗り絵を子どもに選ぶときの確認ポイントとは?無料の塗り絵も紹介

塗り絵を子どもに選ぶときの確認ポイントとは?無料の塗り絵も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 7日

天候の悪い日などに家庭で子どもを遊ばせるときに役立つアイテムの1つが塗り絵である。しかし、子どもが楽しむことのできる塗り絵はどのようなものであるのか、どう選べばよいのか分からないということもあるだろう。そこで今回は子ども用の塗り絵の選び方と購入先、無料で楽しむことのできる塗り絵について詳しくご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子ども用の塗り絵はどのようなものを選べばいい?

こちらでは、子ども用の塗り絵の選び方についてポイントをご紹介しよう。

塗る面積を確認する

子ども用の塗り絵を選ぶときには、つい子どものお気に入りのテーマやキャラクターを選びがちである。しかし、年齢によっては、子どもが楽しんで塗り絵を塗ることが難しい場合もあるのだ。

そのため、子ども用の塗り絵を選ぶときには年齢に応じて塗り絵の絵柄の線からはみ出すことなくキレイに塗ることのできるものを選んでいただきたい。

選ぶ目安としては、2歳から4歳頃までの低年齢の幼児では、絵柄が大きく、クレヨンでも簡単に塗ることのできるものを選ぶのがおすすめだ。

5歳頃からの子どもであれば、色鉛筆やカラーペンも使いこなすことができるようになるため、絵柄の大きすぎないものを選ぶと飽きずに楽しむことができるだろう。

子どもに絵柄を選んでもらう

子どもに塗り絵を飽きずに楽しんでもらいたい場合には、子ども自身に好みのキャラクターや絵柄を選んでもらうとよいだろう。

子どもの選ぶ好きな絵柄の塗り絵では、夢中になることができるため、有意義に楽しむことができるはずだ。

仕掛けのあるものを選ぶ

子どもに塗り絵を楽しんでもらいたい場合には、塗り絵に加え、仕掛けが施されたものを選んでみるのもよいだろう。

例えば、年齢に応じた迷路やクイズが付属したもの、引き出すと塗り絵がでてくるロール状もの、飛び出す絵本のような仕掛けが施されたものなどがある。

また、ペーパークラフトの様に立体に作り上げることができたり、絵本の様に仕上げることのできる塗り絵もの販売されている。ぜひ、子どもの年齢や興味・関心に応じたものを選んでいただきたい。

2. 子ども用の塗り絵はどこで買えばいい?

こちらでは、子ども用の塗り絵の購入先についてご紹介しよう。

インターネットにて購入する

子ども用の塗り絵は、インターネットショッピングを利用して購入することもできる。インターネットショッピングにて購入するメリットとしては、豊富な種類の中から目的や用途に応じたものを選ぶことができ、時間に関係なく購入することが可能な点になる。

デメリットとしては、直に手にとって選ぶことが難しいため、子どもが想像していたものと異なる仕様になる場合もある点だ。

店頭にて購入する

子ども用の塗り絵は、子供用品店やスーパーなどをはじめに店頭にて購入することもできる。店頭にて子ども用の塗り絵を購入するメリットとしては、直に子どもが手に取って選べるため、絵柄や仕掛けなどに納得した上で購入することができる点になる。

デメリットとしては、実際に店頭に出向かなければならない点と営業時間が決められている点である。

3. 無料の子ども用の塗り絵ってあるの?

こちらでは、子ども用の塗り絵を無料でダウンロードして楽しむことができるおすすめサイトをいくつかご紹介しよう。

おすすめ1:KYOKUTO「ダウンロードしてはたらく自動車で遊ぼう!」

こちらは、KYOKUTOの子ども向けのはたらく自動車のペーパークラフトとぬりえ、迷路を無料でダウンロードできるサイトである。ダンプトラックやコンクリートミキサーなど男の子に大人気のはたらく自動車の塗り絵を楽しむことができる。

おすすめ2:ちびむすドリル「ぬりえ」

こちらは、幼児用の塗り絵を無料でダウンロードして印刷できるサイトである。特徴は、知育に関わる数字や文字・言葉、季節の行事などさまざまなテーマから用途や好みに応じた塗り絵を選ぶことができる点になる。
また、性別を問わずに楽しむことのできる、かわいい絵柄を採用している点もおすすめポイントである。

おすすめ3:株式会社イーライフ「ぬりえランド」

こちらは、子ども用の塗り絵を無料でダウンロードして印刷できるサイトになる。特徴は、基本の塗り絵の他にイベントや女の子向け、男の子向けのテーマなど600枚もの種類の中から選ぶことができる点である。
また、ひらがなや国旗など知育に役立つテーマも掲載されている点もおすすめポイントになる。

結論

今回は、子ども用の塗り絵の選び方と購入先、無料で楽しむことのできる塗り絵について詳しく解説したがいかがだっただろうか。
ぜひ、こちらの内容を参考に成長発達に応じた、子どもが夢中になって楽しむことのできる塗り絵を選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ