このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

夏が終わっても使える!万能なタオルケットの選び方。

投稿者:

2019年9月11日

夏の寝苦しい夜にタオルケットを使っている人も多いのではないだろうか。薄手でさらりとした生地は、寝苦しい季節にぴったりだ。ここではまだ持っていない人や、買い替える予定の人に、使い勝手バツグンのタオルケットを紹介しよう。

1. 夏の寝具はタオルケットがおすすめ!

暑くて眠れない夏の夜には、タオルケットがおすすめだ。その特徴は、汗や湿気の吸水性と吸湿性に優れていて、体温調節がしやすいところである。使用されている生地は、植物繊維である綿が多い。綿は感触がよい優しい素材なので、赤ちゃんやお年寄りまで利用しやすい。綿が寝ている間の汗や空気中の湿気を吸っても、短時間で乾く速乾性の高さも魅力である。睡眠中、汗をかいて目が覚めたり、寝冷えしたりといった経験のある人は、綿が使われているタオルケットをおすすめしたい。使用されている綿は、水に強いので洗濯機で何度も洗える。

人が寝ている間にかく汗の量は、約200ml、コップ1杯程度もある。毎日これだけ汗をかいているので、洗濯機で洗いにくい素材では衛生面が心配だ。そのため、気軽に洗える綿を使ったタオルケットは夏の寝具に最適である。タオルケットは、ほかの季節に使うのもおすすめである。タオル生地は薄いので、掛け布団に追加すると、少しだけ寒く感じる季節の温度調整もしやすい。季節の変わり目は寒暖差があるので、夏が終わったからとすぐにしまうのはもったいない。1年中、いつでも使えるようにタオルケットは出しておこう。

2. 無印良品はオーガニックコットンのタオルケットがおすすめ

無印良品でタオルケットを選ぶなら、オーガニックコットンで作られた製品がおすすめだ。オーガニックコットンとは、農家が綿をオーガニックコットン農産物の基準に従って作り、その認証をクリアしたもののことである。基準や認証は、環境や人へ与える負荷が最小限にとどめられるように厳しく定められている。通常の綿素材よりも天然素材ならではの、色合いや質の高さを感じられるだろう。化学農薬の使用が制限されているオーガニックコットンは、肌が弱い人にもおすすめしたいアイテムだ。無印良品で取り扱っているオーガニックコットンのタオルケットは、素材が持つ弾力性や吸水性が魅力である。カラーやデザインもシンプルなので、季節やほかのアイテムとの組み合わせにも困ることは少ないだろう。

3. ニトリはサイズがミニからダブルまであり、接触冷感タイプがある

ニトリでは、ミニサイズからダブルサイズのタオルケットがある。その中でも、触るとひんやりする接触冷感タイプのタオルケットがおすすめではないだろうか。この商品についても、サイズはダブルまで揃っている。接触冷感は身体からの熱伝導率が高い素材のことである。ニトリでは好みの冷たさを選べるように、冷たさの度合いを製品ごとに表している。中には、表と裏で生地が違うリバーシブルタイプで、季節によって使い分けられる商品も出ている。柄も夏らしい爽やかなブルーカラーやボーダーなど多種多様にそろっている。加えて、接触冷感を使用した敷きパッドやピローパッドといったアイテムもある。ニトリでタオルケットと一緒に、夏の寝具をまとめ買いするのもいいだろう。

4. おしゃれなタオルケットはamazonが種類豊富

無印良品、ニトリの商品は機能性などの点では優れているが、デザインのおしゃれさでは物足りない人もいるだろう。その際には、amazonを見てみることをおすすめする。amazonではいろいろな会社のタオルケットが販売されているので、おしゃれなデザイン、機能面ともにお気に入りの一枚が見つかるだろう。

結論

タオルケットには、接触冷感やオーガニックコットンなど、さまざまな種類がある。購入する際はどれにすればいいのか迷ってしまい、決められないこともありそうだ。その場合、タオルケットに何を求めているかを考えて、購入するようにしたい。冷たい使用感など、自分が製品に1番に求めていることに合うアイテムを選ぶことが大切である。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ