このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無印良品のスーツケースはコストパフォーマンスが高い理由を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月16日

無印のスーツケースは機能に対して価格が安価なので、頻繁に使用する人にも、たまにしか使用しない人にもおすすめだ。ここでは、無印のスーツケースのおすすめの機能、機内持ち込み可能なスーツケース、長期の旅行におすすめのスーツケースを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 無印のスーツケースの口コミや評判がよい理由とは?

無印のスーツケースは機能が高い割には安価なので、口コミや評判がよい。無印のスーツケースの口コミや評判でよいとされている機能には、次に挙げるものがある。

ストッパーがついている

無印のスーツケースにはストッパーがついている。ストッパーがあると、駅のホームや電車の中でスーツケースが勝手に動くことを予防できて安心だ。ボタンが手元にあるので、さっと押すだけで簡単にスーツケースを止めることができるのも便利でよい。

ハンドルの高さが調節できる

無印のスーツケースはハンドルの高さを調節できる。1cm単位で細かく調節できるので、男女を問わず使いやすい高さに調節できるのだ。

キャスターがスムーズに動く

無印のスーツケースのキャスターは双輪なので、壊れにくくスムーズに動く。音も静かなので、石畳の多い海外でも音を気にせず運ぶことができるのだ。

TSAロックがついている

TSAロックとはアメリカ運輸保安局に認定されたカギのことだ。アメリカでは、すべての空港で荷物はカギを開けて預けなければならない。ただし、TSAのカギの場合は、空港の職員がマスターキーを持っているのでカギを閉めたままで預けることができ、安心だ。

コストパフォーマンスが高い

無印のスーツケースの口コミで多くみられるのが、「コストパフォーマンスが高い」という声である。無印のスーツケースはこれだけの機能を備えているのに、ほかの有名スーツケースメーカーの商品と比べると安価なのだ。たとえば、無印の35Lのスーツケースは1万5,000円弱だが、一流専門ブランドリモワの商品ならば10万円以上する。

2. 機内持ち込みをするなら無印の19L、35Lのスーツケースを選ぶ

機内持ち込みをするなら、無印の19L、35Lのスーツケースを使用するとよいだろう。スーツケースを預けると、飛行機が到着した後に受け取るのに時間がかかるが、機内持ち込みにすれば到着後すぐに空港を後にできるので時間に無駄がない。

機内持ち込みができる手荷物のサイズは以下のように決まっている。

国際線

  • スーツケースの縦+横+高さの合計が115cm以内

国内線

  • 100席以上・・・合計が115cm以内、かつ55cm×40cm×25cm以内
  • 100席未満・・・合計が100cm以内、かつ45cm×35cm×20cm以内
無印のハードキャリー19L、35L、アルミキャリー34L、ソフトキャリーケースSは、100席以上の飛行機には機内持ち込みが可能だ。19Lは、100席未満でも持ち込めるが、残りの35L、アルミキャリー34L、ソフトキャリーケースSは100席未満の国内線には持ち込めないので注意が必要だ。
また、LCC(格安航空)の場合は、航空会社によって持ち込めるサイズが異なるので、事前に確認しよう。

3. 長期の旅行には無印の87L、もしくは104Lをおすすめ

長期の出張や海外旅行には、無印の87L、104 Lのスーツケースをおすすめする。

87Lのスーツケースは7~8泊程度、104Lは9~10泊程度が目安となる。それほど長期でなくても着替えやお土産を多く入れたい場合や、家族旅行などでも使用するといいだろう。

87Lや104Lなどの大型のスーツケースを買うのはいいが、使わない時の収納が困る、という場合には、ソフトキャリーケースL サイズをおすすめする。ソフトキャリーケースLは、使用しない時は厚さを半分にして収納できるので、ベッドの下や押し入れにも収納しやすいメリットがある。

旅行や出張で荷物が増える心配がある時は、無印のキャリーオンバッグを用意しておくと安心だ。無印のキャリーオンバッグは、キャリーバーに通してキャリーケースの上に固定できるので、ひとつあると大変便利なアイテムだ。キャリーバッグには、マチを広げることができるトートバッグと、おりたためるボストンバッグがあるので、必要な方を選ぼう。

結論

無印のスーツケースは、ストッパーつき、ハンドルの高さが調整できる、キャスターが静かで滑らかに動く、TSAロックがついている、などのすぐれた機能がある割には価格が安いので、コストパフォーマンスが高い。サイズも豊富で、機内持ち込みには19L 、35L、長期の旅行や出張には、87L、104Lをおすすめする。また、未使用時にかさばる、と感じる人は厚さを半分にできるソフトキャリーケースがおすすめだ。安くて機能が充実している無印のスーツケースで快適な旅行を楽しもう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ