このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気扇を種類別にチェック!メリットとデメリットを徹底比較

換気扇を種類別にチェック!メリットとデメリットを徹底比較

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月15日

キッチンやトイレ、お風呂場など、換気扇はいろいろな所に設置されている。それぞれ種類があり、それぞれ形状やメリットが違うのをご存知だろうか。この記事では、換気扇の種類とその特徴について解説する。シロッコファン式換気扇とプロペラファン式換気扇のメリットとデメリットをそれぞれ紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 換気扇の種類

換気扇の種類は、主にシロッコファン式換気扇とプロペラファン式換気扇に分かれる。それぞれの特徴について、詳しく解説しよう。

シロッコファン式換気扇

シロッコファン式換気扇は、レンジフードと一体化したタイプの換気扇だ。筒状の形をしており、板のような細長い羽がグルリと取り付けられている。プロペラファンと違い、ダクトを通じて空気を排出するのが特徴だ。

主にキッチンに設置されるが、天井埋込みタイプの換気扇や浴室暖房機にも使われる。換気扇の種類によって取り付けやお手入れの方法が違うので、あらかじめチェックしておこう。

プロペラファン式換気扇

昔ながらのプロペラがついた換気扇だ。扇風機の羽のような形をしており、スイッチを入れるとプロペラがクルクルと回る。

外壁と隣接する壁に設置することで、空気や湿気を直接外に排出。換気扇の種類によって設置できる場所が異なるので、特徴を確認しておくことが重要だ。

2. 換気扇の種類【シロッコファンのメリット】

換気扇の種類によって、メリットやデメリットは異なる。シロッコファン式換気扇のメリットについて、詳しく解説しよう。

音が静か

ほかの種類の換気扇は回るときに音がするのに対して、シロッコファン式換気扇は音が静かで、騒音の心配が少ない。集合住宅や夜でも、安心して換気扇を回すことが可能だ。

設置場所を選ばない

ダクトで空気を排出するシロッコファン式換気扇は、屋外と接していない場所にも設置が可能だ。一軒家はもちろん、マンションなどの集合住宅に向いている。

また、ファンが屋外の風に直接当たらないので、影響を受ける心配がない。強風がふく嵐の日や高層階でも、安定した機能を発揮できる。

デザインがスッキリ

シロッコファン式換気扇は、デザイン性が優れている。キッチンではレンジフードの中に収まり、天井埋込みタイプはとてもフラットだ。ほかの種類の換気扇よりスッキリするため、キッチンや部屋のインテリアに馴染みやすいだろう。

3. 換気扇の種類【シロッコファンのデメリット】

取り付ける換気扇の種類を選ぶ場合は、デメリットも把握しておこう。シロッコファン式換気扇のデメリットについて、説明していく。

吸い込む力がやや弱い

ほかの種類の換気扇と比べると、吸い込む力が少し弱い。交換した場合は、換気が遅いと感じることもあるだろう。

掃除が大変

シロッコファン式換気扇の構造は、ほかの種類より複雑だ。キッチンに設置すると汚れやすく、取り外しや掃除にも手間がかかる。ファンには細長い板のような羽が複数ついており、部品も多いため、細かい作業が必要になるだろう。

4. 換気扇の種類【プロペラファンのメリット】

昔からあるプロペラファン式換気扇には、どのようなメリットがあるのだろうか。種類別の魅力を紹介するので、換気扇選びに役立ててほしい。

掃除がしやすい

プロペラファン式換気扇の構造はシンプルだ。ほかの種類と違って掃除がしやすく、手間もかからない。空気の排出にダクトが必要ないため、取り付けが簡単なのもメリットだ。

価格がリーズナブル

必要なパーツが少なく、構造もシンプルなのでほかの種類よりも安く購入できる。設置にもあまりお金がかからないので、安く換気扇を取り付けたい方におすすめだ。

5. 換気扇の種類【プロペラファンのデメリット】

プロペラファン式換気扇のデメリットは3つだ。騒音や設置場所など、気になるポイントを確認しておこう。

騒音がある

ファンが回る稼働音が大きいのがデメリットだ。ほかの種類の換気扇と違って屋外とつながっているため、外から騒音が聞こえることも考えられる。汚れやホコリが溜まると、特に大きな音がなるので小まめな掃除が必要だ。

風の影響をうけやすい

屋外と直接つながっているため、風の影響を受けやすい。ほかの種類と違い、風が強い日は換気力が弱くなるので注意してほしい。

設置場所が限られる

ほかの種類の換気扇と違って、プロペラファン式換気扇は、外壁と面している壁にしか取り付けられない。取り付けが可能かどうかを事前に確認する必要がある。また、外壁に面していても高層階など、強風の影響がある場所への取り付けには適していないので注意しよう。

結論

換気扇を選ぶときは種類に注目したい。設置できる場所や見た目、手入れのしやすさは、種類によって異なる。シロッコファン式換気扇とプロペラファン式換気扇の、メリットとデメリットを比較することが重要だ。自分にとって最適な換気扇を選べるように、必要な知識を身に着けておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ