このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

そろそろ寿命?「洗濯機」の正しい処分方法と費用

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

毎日のように使用している洗濯機。最近調子が悪く、そろそろ寿命かも。一般的に洗濯機の寿命は6~8年で急に動かなくなったり、脱水があまくなったりする。今回は古くなった洗濯機を処分する際に知っておきたい家電リサイクル法に則った処分法や料金についてご紹介する。

1. 洗濯機処分前に知っておきたい、家電リサイクル法とは

誰しも一度は「家電リサイクル法」という言葉を聞いたことがあると思う。洗濯機は家電リサイクル法に該当するため、粗大ごみとして扱うことはできない。そのため、販売店もしくは自分で指定取引場所に運び、処分することが義務付けられている。

法律で排出者から製造業者へ確実に受け渡されたことを確認できるよう家電リサイクル券を購入することになっている。しかし、無許可の業者に依頼すると不法投棄を行ったり、後から高額請求されたりする可能性もあるため注意が必要だ。

2. 洗濯機処分前に知っておきたい、家電リサイクル券の購入方法

洗濯機を処分する方法は2通りあるが、実は「家電リサイクル券」は郵便局でしか買う事が出来ない。販売店で洗濯機を処分する場合、料金を支払えば後は販売店が手続きをしてくれる。自分で家電リサイクル券を購入する必要があるのは、引っ越し業者などに洗濯機の処分を依頼する場合になる。

処分を販売店に依頼する場合

一番簡単に洗濯機を処分することができるのは販売店に依頼する方法だ。買い替え先の販売店や過去に購入した販売店に依頼できる。新しく洗濯機を買い替えるので、古い洗濯機は処分したいと一言伝えればOKだ。一番簡単に処分はできるが、お店によって「手数料」が全く異なり思っていたよりも高額になることもある。洗濯機の買い替えは洗濯機の処分費用も含めて何店舗かで相見積もりをするのが賢明だ。

自分でリサイクル券を購入する場合(料金郵便局支払方式)

比較的多いケースが引っ越しになるが、他にも自分で郵便局に行きリサイクル券を購入しなければならいこともある。

・購入した販売店が家電リサイクル券センターに未加入の場合
・自分で指定取引場所まで運搬する場合
・お住まいの自治体が取り組みをしていない場合

3. 世田谷区、福岡市の場合

多くの地域では「販売店に依頼する方法」「自治体が委託する業者へ依頼する方法」「自分で指定取引場所へ持っていく方法」の3つになるが、他の方法を受け付けている地域もあれば、更に方法が限られる地域もある。

世田谷区

世田谷区の場合、自宅まで冷蔵庫を回収しに来てもらえる方法がある。リサイクル料金の他に収集料金、運搬料金がかかるが、家電リサイクル受付センターで対応してくれる。

家電リサイクル受付センター
電話番号 0120-319640

福岡市

福岡市の場合、販売店に依頼する方法と指定引取り場所に自分で持っていく方法と「ベスト電器に依頼する方法」の3つになる。特定の1企業に限定されているのは珍しいと思う。

東区 地域整備部 生活環境課
092-645-1061

4. 洗濯機処分前に知っておきたい リサイクル料や運搬料金

洗濯機を処分する際にかかる費用はリサイクル料と運搬料+αが必要である。

冷蔵庫のリサイクル料は基本的には一律

通常、洗濯機のリサイクル料金は2300円+消費税となる。だが、海外製や製造年数によってはこの金額ではない。自分が使っていた洗濯機の詳細なリサイクル料金が知りたい場合は、メーカー名・型番などメモして、近くの電気屋へ問い合わせてみるとよい。

収集運搬料金は販売店や運搬業者で異なる

依頼する業社により洗濯機の処分費用が異なる理由は、運搬料金に関係がある。運搬料金については各社各々で料金を決めているため、同じ冷蔵庫の処分でも費用は異なるのだ。

更に料金が値上がるケースも

あなたの家の洗濯機は何階にあるだろうか?実は洗濯機を高い階からおろすには、1階につき数千円の追加料金がかかる業者もある。その他にも訪問回収費や人件費が追加されることもあるので、複数社で費用の比較することをおすすめする。

結論

洗濯機の処分の仕方は地域によって異なり、費用も依頼する業社によって異なる。一番手間のない方法で一番安く処分できる方法を望まれている人が多いハズ。少し手間はかかるが何店舗かに問い合わせをし、一番最善の方法を選択して欲しい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ