このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

レンジフードの掃除を徹底効率化!気が重い掃除を楽にする方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

レンジフードの掃除をついつい後回しにしていないだろうか?汚れたままだと不衛生なのはもちろん、電気代が無駄にかかったり、火災のリスクも上がったりと良いことがない。それにも関わらず掃除を敬遠するのは、大変そうなイメージが先行しているのが原因だ。しかし、正しい方法を知っていれば大幅に効率化でき、イメージしているほどの時間はかからない。今回は、効率の良いレンジフードの掃除方法を詳しく紹介する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 知っておくだけで効率が段違い!レンジフード掃除の正しい道具

レンジフード掃除の効率を上げるには、正しい道具を使うのが重要だ。まずは、以下に紹介する道具をきちんと揃えることから始めよう。

● アルカリ性の洗剤
● ゴム手袋
● 防護メガネ
● 重曹
● スプレー容器
● ゴミ袋
● 雑巾かマイクロファイバー
● 使い古しの歯ブラシ
● 新聞紙

中でも特に欠かせないのが、アルカリ性の洗剤と重曹の2つだ。その理由と重要性を説明していく。

アルカリ性の洗剤

洗剤には酸性や中性など、さまざまな液性があるが、きちんと把握しているだろうか?レンジフードや換気扇の掃除に適した液性は、アルカリ性となる。というのも、アルカリ性は油汚れを洗浄する力が強いのが特徴で、レンジフードの汚れ落としに効果的なのだ。ただし、肌荒れなどの原因にもなるので、ゴム手袋や防護メガネを着用しよう。

ちなみに、中性は台所用洗剤に多く、酸性はトイレや浴室用に多い。酸性は金属にダメージを与えることがあるので、レンジフードへの使用は避けるべきだし、そもそも黄ばみや尿石へ効果があるものだ。洗剤はきちんと使わけてこそ効果があると覚えておこう。

重曹

レンジフードのフィルターは、つけおきなどでじっくり汚れを浮かすのが効果的で、その際に重曹を使用する。重曹は弱アルカリ性で、発泡性もあるので油汚れを剥がすのにうってつけなのだ。価格はリーズナブルで、汎用性もあるので、コストパフォーマンスが高い。この機会に、ぜひ重曹を常備しておこう。

2. レンジフードのフィルターは、重曹でつけおきが賢いやり方

では、実際に掃除を開始しよう。まずは、レンジフードのフィルターから掃除していく。というのも、重曹でつけおきをしている間に、他の部分の掃除ができて効率的だからだ。間違っても、ひどい油汚れがついているフィルターをゴシゴシし始めるのはやめよう。いかにも掃除している気になるかもしれないが、時間がかかるわりにキレイにならない。それでは、具体的なフィルターの重曹つけおき洗いの手順を紹介していこう。

重曹スプレー作り

まずは、ぬるま湯に重曹を溶かしたスプレーを作ろう。作り方は、スプレー容器に250mlのぬるま湯を入れ、そこに大さじ1杯程度の重曹を加え、かき混ぜるだけだ。なお、たらいなどにつけ置いても良いが、スプレー容器に入れておくと他の掃除にも使えて便利だ。

フィルターのつけ置き

フィルターを外して、重曹水を吹き付けていく。この時、ゴミ袋などにフィルターや各パーツを入れて、スプレーを吹きかけると周りが汚れないので便利だ。まんべんなく重曹スプレーを吹き付けたら20~30分放置しよう。その後、雑巾や使い古しの歯ブラシなどでこすれば、キレイに汚れが落ちる。こびりつきがひどいようなら、割り箸やメラミンスポンジを使うと良い。なお、つけ置いている20~30分の間に、次に紹介するレンジフード外側の掃除をしておこう。

3. 想像以上の汚れを短時間でキレイに!レンジフード外側の掃除方法

レンジフードの掃除といえばフィルターなどの内部に気がいきがちだが、外側も想像以上に汚れている。つきおきをしている間に、外側の掃除もしておこう。

レンジフードを拭く前の準備

まず、レンジフードを拭いていく前に、すぐ下にあるコンロや壁などが汚れないように、新聞紙などを敷いておこう。ホコリが落ちてきても気にせずに掃除ができ、掃除が終わり次第そのまま捨てれば良いからだ。

レンジフードを拭いていく時のポイント

レンジフードを拭いていく時には、先に紹介したとおりアルカリ性の洗剤を使おう。重曹スプレーでも良いが、つけおきするわけではないので、液性が強いほうが汚れを拭き取りやすい。なお、直接重曹そのものを塗布するのはやめよう。というのも、重曹は本来水に溶けにくく、クレンザーのような役割も果たすので、レンジフードに傷が入ってしまう可能性がある。

拭くものは雑巾でも問題ないが、簡単に汚れが落ちない場合は、マイクロファイバーやメラミンスポンジを使うと落ちやすい。デニムなどの厚手の布切れを代わりに使うのも効果的だ。それでも汚れが落ちにくければ、キッチンペーパーを重曹水で湿らせて、5分ほど貼りつけよう。フィルターと同じく、汚れが浮いてキレイに拭き取れる。

結論

レンジフードの掃除は、放置時間を除けば、1時間もかからない。掃除が面倒だからといって放置していると、電気代や衛生面が悪化するばかりだ。子どもへの影響も気になる。ぜひ今回紹介した方法で、レンジフードの掃除を効率的に行い、気持ちの良い毎日を手に入れてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ