このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

この冬お世話になった毛布を正しく洗って、綺麗な状態でしまっておく方法。

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年2月27日

毛布のメンテナンスはしているだろうか?もし天日干しや除菌スプレーのみで済ませているなら要注意。ダニや雑菌には対処できても、ホコリや汗が残っていることもあるからだ。ゆえに毛布といえども、定期的に洗濯をしたほうがよい。クリーニングに頼るのもよいが、毛布は自宅で洗うことも可能だ。今回はその方法や注意点を紹介する。

1. 毛布は洗濯表示で洗い方が変わる!

毛布の洗濯においてまず確認すべきは、洗濯表示だ。今使っている毛布は自宅で洗ってよい種類かを見極めなくてはならない。仮に可能であっても、いきなり洗剤につけたり洗濯機に投入するのはよくない。

毛布についている洗濯機や手洗いなどのマークを確認し、もし表示に記載のない方法で毛布を洗った場合、傷んで使えなくなる可能性が高い。

洗濯機と手洗いの両方が可能な毛布であれば、好きな方法を選べるが、どちらか一方しか表示されていないならば、その方法に従おう。洗濯表示の中には水温や洗剤の種類が制限されているケースもあるため、マークの中に記載されている数字や文字にも注意したい。

2. 洗濯機に毛布を入れる際は容量に注意

洗濯機に入れることができる毛布は、投入前に容量を確認しよう。洗濯機は容量に上限があるため、それ以上の重さの毛布は洗うことができない。もし毛布が洗濯機の容量上限を超えている場合は手洗いにするか、大きな洗濯機のあるコインランドリーを使う方法もある。

洗剤を先に入れて汚れを落としやすく

毛布を投入可能な場合は、事前に水を少し貯め、洗剤を入れておくとよい。毛布を先に入れてしまうと洗剤が全体に混ざりにくく、一部に汚れが残ってしまう。特に粉末タイプは先に入れるだけでなく、洗濯槽をかき回して完全に溶かしておこう。

毛布を洗う際は専用の洗濯ネットに入れる。毛布は大きさゆえに洗濯機内で引っかかりやすく、ネットなしで使うとボロボロになりかねない。ネットだけでなく、洗濯機のモードにも注意だ。毛布専用のモードがあれば選び、ない場合もおしゃれ着や弱モードなど、衣類の負担が少ない機能を使う。

乾燥は徹底する

洗濯を終えたら外に干して乾燥させよう。湿気が残らないよう晴天の日を狙うのが望ましい。曇天では1日干しても乾燥しにくく、ダニや雑菌が繁殖しやすくなるからだ。ただしコインランドリーの場合は家まで距離があるため、毛布を軽くする意図も兼ねて洗濯機の乾燥機能を使ってもよい。運びやすい程度に乾かしてから取り出そう。

3. 手洗いなら毛布を風呂へ

手洗いをするなら、風呂に毛布を入れるのがベストだ。風呂ならば前日の残り湯も使えるため、節約にもなっておすすめだ。ただし洗濯表示に温度の制限がある場合は、残り湯の温度を確認し、水で薄めるなど対処しよう。

洗剤の投入や自然乾燥は洗濯機の場合と同じだが、手洗いにおいては脱水が重要となる。完全に乾くまでの時間が短くできるかは、脱水をどこまで行えるかで決まるからだ。風呂に入り足で踏む、もしくは手で片端から絞ることになるが、毛布から水が出なくなるまでは行いたいところだ。

4. 毛布はどのぐらいの頻度で洗濯すべきか?

最後に、毛布の洗濯頻度を決めておこう。定期的に毛布を洗うのはよいが、毎日洗うと手間も光熱費もかかる上、必要とする冬場には乾かず使えなくなるリスクもある。しかしあまり放置すると汚れも溜まる一方だから、毛布は月に1回の頻度で洗いたい。乾燥するか不安な場合は、季節ごとに1回のペースにし、使わない時を狙って洗濯してもよいだろう。

月1回のペースで清潔さを保てるかが不安なら、毛布を洗濯する頻度を増やしてもよい。カバーをかけたり、天日干しの頻度を増やして毛布の汚れを防ぐのも一つの手だ。また汗や皮脂が気になるのなら、カバーだけでなく薄い布団やブランケットを挟み、直接肌と接触しないよう工夫する方法もある。

結論

毛布は初めに洗濯表示を確認し、自宅で洗える場合まずは、洗濯機か手洗いかの手段を判断しよう。洗濯機の場合はネットに入れ、弱モードにするなど毛布が傷まないような工夫が必要だ。手洗いの場合は風呂で行うとスムーズだが、脱水には時間をかけよう。いずれの方法でも毎日行う必要はない。月1回の頻度で汚れが心配ならば、カバーなどの予防策で対処することができる。毛布を洗濯して清潔さを維持し、心地よい就寝時間を過ごそう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ