このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ガスコンロの殺菌方法。もしかして雑菌の上で料理していませんか?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年2月21日

キッチンの中でも1・2を争うほど汚れやすい場所のガスコンロだが、ギトギトになる油汚れに注目しがち。実は、ガスコンロには油以外にも食材が飛び散ったりして雑菌が付着している。安心して調理するためにもガスコンロの殺菌について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガスコンロは毎日の水拭きと洗剤を使用したお手入れが肝心

ガスコンロには食材や油、水分が飛び散っていて、意外と汚れている。また、汚れだけでなく雑菌も付着し浮遊している。飛び散った食材から雑菌の繁殖を防ぐために、特にガスコンロの天板の掃除は丁寧にしておきたい。

まずは、汚れを落とすために毎日の水拭きが大事だ。水拭きの後、油のギトギトを落としてから次の章で説明するガスコンロの殺菌をしよう。

ガスコンロの天板の汚れの落とし方

ガスコンロの天板は一番汚れが付きやすい場所だ。範囲が広いが、どのようにガスコンロをお手入れすればのだろうか。

【お手入れするのに必要なアイテム】
・ 水拭きするための布
・ スポンジ
・ 台所用中性洗剤
・ クリームクレンザー

ガスコンロの天板はガラス製やホーロートップ製、ステンレス製など種類は様々だ。天板の種類によっては傷つきやすく、お手入れの方法が変わってくるので注意してほしい。

【毎日のお手入れ】
天板は毎日簡単なお手入れをして、月に1回、たまった汚れを落とすのがおすすめだ。ガスコンロを使用するたびに、柔らかい布かスポンジで水拭きする。さらに乾拭きすることで、五徳などガスコンロのサビも防止できる。

【月1回のお手入れ】
天板の種類にもよるが、基本的には台所用中性洗剤を含ませたスポンジで頑固な汚れを落とすのが一般的。ホーロータイプやステンレスタイプのガスコンロにはクリームクレンザーで汚れを落とす。ただし、クリームクレンザーは塗装を傷つける可能性がゼロではない。事前に説明書など読み、メンテナンス方法を必ず確認しておこう。

2. ガスコンロのアルコール殺菌方法

水拭きや洗剤でのお手入れが終わっても、まだガスコンロに雑菌は残っている。水拭きだけでは完璧にガスコンロの殺菌はできない。ガスコンロの殺菌はキッチン用のアルコールスプレーがおすすめだ。アルコールスプレーは油を浮かせてくれる作用があるので、こびりついた油汚れも簡単に落とすことができ一石二鳥だ。

ガスコンロのアルコール殺菌での注意点

アルコールは引火しやすい。アルコールに引火しないように、コンロの使用はアルコール成分が蒸発してからにする。アルコールスプレーは直接スプレーするタイプが多いが、きれいな布やスポンジにスプレーし拭き取るのがオススメ。

3. ガスコンロは無水エタノールで殺菌できる?

ガスコンロの殺菌には、無水のエタノールスプレーをきれいな布に染み込ませて拭くと効果的。エタノールはアルコールの一種なので、殺菌作用が期待出来る。

エタノールはガスコンロの油汚れにも最適

エタノールには油を溶かす性質があるため、ガスコンロの油汚れによるお手入れには最適だ。そして、エタノールの除菌効果はとても高く、ほぼ雑菌を除去することが可能。ガスコンロの掃除と殺菌が同時に出来てしまうのでとても便利だ。

ガスコンロの殺菌に必要なエタノールの成分量

ガスコンロの殺菌には、エタノールの成分が70%〜80%含まれていると効果的だと言われている。購入する際は成分表をチェックするとよいだろう。エタノールを染み込ませた布でガスコンロを拭くだけなので手軽にできる便利な方法だ。エタノールは、手の油分も奪ってしまうので、使用の際は手袋の着用をおすすめする。もし素手でエタノールを使用してしまった場合は、すぐにハンドクリームなど塗り、しっかりと手に油分を含ませよう。

結論

ついつい後回しにしがちなガスコンロのお手入れや殺菌だが、時間が経つと汚れがこびりついて落とすのに時間がかかる。油汚れもすぐに掃除をしてしまえば、実はそこまで大変な汚れではない。ガスコンロの汚れは口に入ってしまう恐れもあるため、いつも清潔に保っておきたいところだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ