このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冷蔵庫の収納アイデア集。今すぐ使えるすっきりな整理整頓術。

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

冷蔵庫は家のなかでもっとも生活感が出やすい場所の一つ。できれば来客があったときでも、ためらいなく開けて見せられるようにしたいものだが、ついつい詰め込み過ぎて自分でもどこになにがあるかわからない状態になっていないだろうか。そこで今回は冷蔵庫の収納アイデアを特集。見た目がすっきりしていて、なおかつ使いやすい整理整頓術についてご紹介しよう。

1. 冷蔵庫の引き出し式の野菜室を整理整頓するコツ

メーカーやモデルによって違いはあるが、冷蔵庫の野菜室は、温度や湿度が高めに設定されいることが多い。野菜や果物の保存に適していることから、買ってきたものを片っ端から入れてしまっている方も多いはずだ。

野菜室がごちゃごちゃになっていると、出し入れがしづらいだけでなく、どこになにがあるか把握できなくなり、せっかく買ってきた食材を腐らせてしまうことにもなりかねない。

そんな野菜室の整理整頓におすすめなのが、ボックスなどを使って小分けする方法だ。とくにおすすめなのがメッシュボックスで仕切るというもの。通気性が損なわれることがないし、見た目にも圧迫感がなく、開けたときにすっきりして全体を見渡しやすい。

消費期限を見落とさないよう、食材を購入してきた順に並べてもいいし、同時に使うものをまとめて収納してもいいだろう。ジャガイモやゴボウなど、土がついている恐れがあるものは紙袋に入れるようにするのもいい。いつも庫内を衛生的に保つことができるはずだ。

2. クリップを使って冷蔵庫のドアポケットをすっきりさせる

手を伸ばしやすい位置にあるドアポケットは、使用頻度が高いものを効率よく収納してぜひとも便利に使いたいスペースだ。ところが、例えばわさびやからしなどチューブタイプの調味料が雑魚寝していて、いざというときに取り出しにくい状態になっていないだろうか?

そんなときに便利なのが、引っ掛けて使えるようにフックがついたタイプのクリップだ。チューブをクリップで挟んでドアポケットに掛けるだけでOK。どこになにがあるか瞬時に見渡すことができるので、一つ一つ取り出して目当てのものを探す必要がない。

なお、チューブタイプの調味料はクリップをつけたままで使用することが可能。いちいちクリップで挟んだり外したりする手間がいらず、使いやすいのもポイントだ。引っ掛けて使えるクリップは100均でも手に入る。できれば同じもので揃えて、見た目もすっきりさせたいところだ。

3. ラベリングを活用して冷蔵庫の使いやすさと見た目の美しさを両立

買ってきた食材をトレイやビニール袋のまま冷蔵庫に入れてしまうと、ものによって大きさや高さが違うため、収納効率が悪くなりがちだ。食材のパッケージは色も形もさまざまだから、見た目に統一感がなく、どうしても雑然とした印象になってしまうのが避けられない。

そんな不便を解消し、冷蔵庫の使いやすさと見た目の美しさを両立させる収納アイデアとしておすすめなのが、ラベリングやパッケージングだ。

まず、冷蔵室のそれぞれの棚の高さにあったボックスを用意してほしい。できれば出し入れしやすいように取っ手つきのものがよいだろう。カラーは圧迫感のない半透明かホワイトが理想的だ。あとは、どこになにが入っているかわかりやすいよう、ラベリングをしたら完成。ボックスのなかには買ってきた食材をそのまま入れてもいいし、ファスナー付きのプラスチック・バッグを並べてもいい。冷蔵庫を開けたときにすっきり見えるし、ラベリングしてあることで目当てのものもすぐに見つけられるはずだ。

ラベルは自分で作成してもいいが、100均でもかなり洗練されたデザインのものを見つけることができる。気になる方はぜひチェックしてみてほしい。

結論

毎日使うものだけに、ちょっと油断するとたちまち冷蔵庫のなかは散らかってしまう。整理整頓されていない冷蔵庫は、見た目が悪いだけでなく、使い勝手が悪く非効率きわまりない。ボックスやクリップなど便利アイテムを使って収納を改善し、使いやすくて見た目もすっきりした冷蔵庫を実現してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ