このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホームベーカリー掃除のポイント。もしかしてカビまで食べてない?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月26日

家でも簡単にパンが焼けるホームベーカリーだが、手入れが面倒で買った当初よりも使用頻度が下がっていないだろうか。ホームベーカリーはすぐにまた使うからといって汚れたまま放置しておくと、知らないうちにカビが生えていることもある。内釜だけではなく、蓋や羽も掃除して、きれいな状態を保っておこう。

1. ホームベーカリーの蓋の簡単な掃除方法

ホームベーカリーの蓋はパン生地や蒸気が付着して汚れがたまりやすいため、使用後は拭き掃除を忘れないようにしたい。やけどを防ぐために、掃除前にコンセントからプラグを抜き、本体が冷めているか確認してからとりかかろう。

蓋の掃除方法

用意するもの
・食器用中性洗剤適量
・水
・布2枚
手順
1.食器用中性洗剤を水で薄めたものを布に含ませて絞る。
2.蓋全体を布で拭く。
3.別の布で、洗剤を拭きとる。
4.よく乾燥させて、元に戻す。

汚れがあまりこびりついていない場合は、ぬるま湯を含ませた布でサッと拭くだけでもよい。飛び散ったパン生地や粉が固まってしまう前に掃除しておこう。

固い素材でこすらない

金属製のたわしなどの固いものでこするとホームベーカリーに傷をつけてしまうため、掃除をするときは、布やスポンジなど柔らかい素材のものを使おう。蒸気口を掃除するときは綿棒やキッチンペーパーを巻いた竹串を使うと隙間を簡単にきれいにすることができる。

取り外せる場合は丸洗いも

本体から簡単に蓋が取り外せる場合は、食器用中性洗剤とスポンジで丸洗いしよう。洗った後は蓋に残った水気を拭きとって乾燥させ、水滴が残っていないことを確認して本体に戻す。洗うことのできる部品は製品によって異なるので、掃除前に取扱説明書を確認しておこう。

2. ホームベーカリーの羽をきれいに掃除する方法

ホームベーカリーの羽にはパン生地が残りやすいため、そのままにしておくとカビが生える原因になる。使用後はしっかりと洗って、パン生地が残らないようにしよう。

用意するもの
・食器用中性洗剤
・スポンジ

手順
1.ホームベーカリーが冷めたことを確認したら、羽を本体から取り外す。取り外し方は製品によって異なるため、取扱説明書の指示に従ってほしい。
2.食器用中性洗剤をつけたやわらかいスポンジで羽を洗う。
3.水ですすぎ、よく乾燥させてから本体に戻す。

軸などの細かい部分には竹串やつまようじを使うと、残ったパン生地をかき出すことができる。力を入れすぎて部品を傷めないように気をつけよう。

使用後はお湯をそそぐ

パンを焼いた後はすぐに中身を取り出し、ホームベーカリーにぬるま湯や水を注いでおこう。羽に付着したパン生地がふやけて掃除しやすくなる。

パンケースの掃除もしておこう

羽と同じく食材が直接触れるパンケースも清潔にしておきたい。本体から取り外せる場合は内側を食器用中性洗剤とスポンジで洗おう。ただし、ケースの外側底面には電気の通る部分があるので、水にぬらさないように注意する。外側は、ぬるま湯にひたして絞った布で拭き掃除をするといい。

パンケースは使っているうちに内側のコーティングが剥がれたり、変形したりするのでパンがきれいに焼きあがらなくなったと感じたら交換を検討しよう。

3. ホームベーカリーの外側も拭き掃除を忘れずに

ホームベーカリーの外側にも手垢や飛び散った材料が付着しているため、汚れがひどくなる前に拭き掃除をしておこう。

用意するもの
・重曹
・酢
・水
・スプレーボトル
・布2枚

手順
1.水1リットルと重曹大さじ2を混ぜ合わせ、布に含ませる。
2.ホームベーカリー本体の外側を重曹水を含ませた布で拭く。
3.スプレーボトルに酢50mlと水100~150mlを入れ、よく混ぜる。
4.重曹水で拭いた箇所の上から酢水をスプレーする。
5.濡らして絞った布で、酢水と重曹水を拭きとる。

ホームベーカリーに付着した手垢などは酸性の汚れなので、弱アルカリ性の重曹で掃除すると汚れが落ちやすい。

たまに重曹の粉が残って白っぽくなってしまうことがあるが、その場合は、酢水でふき取るとよい。酢のにおいが気になる場合は代わりにクエン酸を使ってもいいだろう。

重曹は内側には使わないほうがよい

掃除に便利な重曹だが、実はアルミとの相性はよくない。アルミは、ホームベーカリーの内側に使われることがあるので注意が必要だ。

アルミが重曹に触れると黒ずむことがあるので、重曹を使った掃除は外側のみにしておき、内側は固く絞った布や食器用中性洗剤で掃除をするようにしよう。

コードのホコリも拭きとろう

ホームベーカリーのコードにホコリが付着していると、発火の原因になってしまうことがある。ホームベーカリーをしまう前に、コードも乾いた布で拭き掃除しておこう。

結論

ホームベーカリーを使用した後はサッと拭き掃除をして、汚れがこびりついてしまう前に取り除く習慣をつけよう。細かい部分に残ったパン生地は見逃しがちだが、カビを防ぐためにもきれいにしておきたい。いつでも焼き立てのパンを楽しむために、ホームベーカリーは常にきれいな状態にしておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ