このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

換気扇の平均寿命は?故障すると頭痛やアトピー性皮膚炎の原因にも?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

キッチン以外にも、風呂場、トイレなど家中で活躍している換気扇だが、あなたは換気扇の寿命をご存知だろうか?動かなくなってからの対応だと困ることもある。昨今の住宅は室内の温度を一定にしたり、結露や外気汚染を避けたりするため、機密度が高い傾向があり、計画的につけられている換気扇なしでは、換気が見込みない場合があるのだ。この機会に、重要な役目を持つ換気扇の寿命や交換修理について、ぜひ知っておこう。

1. 浴室に設置されている換気扇の交換のサインは?

風呂場の換気扇の不具合は結構多いが、湿気が溜まりやすい分、換気扇の性能が落ちたり、壊れたりすると困る。

よくある不具合の種類と交換の目安を知っておくと対応がスムーズになるので、ひとつずつ具体的に紹介していく。

風呂場の換気扇のよくある3つの不具合

ありがちな不具合として、以下を確認していこう。

・モーターの故障で動かない
・スイッチの故障で動かない
・異音がなる

浴室の換気扇が動かないなら、モーターやスイッチの不良を疑おう。確認するには、カバーを取り音を聞き、なんの音も聞こえないなら、スイッチまたは電気系統のトラブルが疑われる。

ブーンといった異音が聞こえるなら、モーターの不具合が疑われるが、この場合、一度清掃を試してみてもいいだろう。

掃除で改善しなかった場合は、モーターの異常などが考えられるので、専門家に症状を伝えて交換をお願いしよう。

故障の場合、いずれも専門的な知識が必要なので、問い合わせの時点でどんな症状なのかを伝えておくと、対応がスムーズに進むだろう。

風呂場の換気扇の交換の目安と価格の相場

一般的に風呂場の換気扇は10~15年程度は使えるとされている。ちなみに、メーカーの試用期間にはJIS規格が使われており、一日あたり4.5時間程の使用が想定されているので、使用時間によって寿命は前後するが、あなたの家の換気扇が交換の時期が来ているかどうかの参考にしてほしい。

また、修理の場合は高くても1.5万円程で、交換になると2.5万円~4万円が相場となる。

2. キッチン周りに備え付けられている換気扇の交換の目安

一口にキッチンの換気扇といっても意外と種類が多いので、あらかじめどのタイプなのかを知っておくと、手入れや交換の時の対応がスムーズになる。交換の目安や相場と一緒に、換気扇とフードの種類も紹介していく。

換気扇の種類

<プロペラタイプ>
プロペラタイプの多くは、外壁に面してつけられていて、木造や戸建ての住宅に設置されていることが多い。

<シロッコタイプ>
シロッコタイプは、戸建や集合住宅など、一般的に使われているレンジフードだ。

<ターボタイプ>
ターボタイプも戸建や集合住宅で採用されている。大きめの音がするのが特徴で、換気の効率が高いタイプとなる。

シロッコタイプとターボタイプは直接目にする機会があまりないので、素人が見た目で判断するのは難しい。

レンジフードの種類

換気扇を覆っているレンジフードについてもご紹介していこう。
・スリム型
・ファルコン型
・フラット型
・ブーツ型

スリム型は、今メーカーの主力になっている最新タイプで、シンプルなデザインが特徴だ。

そして、ファルコン型はIHクッキングヒーターと一体になっているタイプで、フラット型は浅く、コンパクトな形状が特徴だ。

最後に、ブーツ型は深く、現在一番出回っている型となる。

交換の目安と価格の相場

一般的にキッチンの換気扇は、約10年問題なく使える期間とされている。種類が多岐にわたるので、修理や交換費用は一概には言えないが、おおむね2万円~10万円が相場となる。

3. トイレの換気扇の種類や交換目安は?

トイレの換気扇にも種類があり、寿命もここまで紹介してきものとは少し異なる。さっそく種類や交換、修理の相場を確認していこう。

トイレの換気扇の種類

トイレに備え付けられているタイプは以下のとおりだ。
・パイプ用ファン
・ダクト用換気扇

まずパイプ用ファンについてご紹介しよう。このタイプは、ファンがプロペラのようになっているのが特徴で、多くは天井や壁に通されたパイプの中にある。戸建住宅に設置されていることが多く、小型なのが特徴で、比較的掃除もしやすい。

ダクト用換気扇は、天井埋込み型とも言われるだけあって、天井に配管したダクトを通して換気するタイプだ。外気に面していない場所でも設置が可能なのが特徴で、高層住宅や気密性の高い住宅に設置されていることが多い。また、トイレの照明と連動したり、センサーで人の出入りと連動して作動したりする付加機能がついている場合もあるタイプだ。

トイレの換気扇交換の目安と価格の相場

一般的にトイレの換気扇は、おおよそ7~10年が使用できる期間とされているが、お住まいのトイレの換気扇の使用年数はどれくらいだろうか?

ちなみに、交換の価格相場としては、2~6万円程で、修理になるとパイプや各スイッチ、センサー等の設備によりかなり変動する。

参考までに、モーターの交換費用は2~3万円、タイマースイッチの交換費用は1.5万円~2万円が相場だ。

結論

換気扇の説明や使用できる期間、そして、修理と交換の相場を紹介した。最近の住居は気密性が高く、自然換気はなかなか見込めないので換気扇はとても重要だ。もちろん空気がよどむと住環境は悪化するし、頭痛やアトピー性皮膚炎などを引き起こすリスクが高まるので、換気扇の寿命がきていないかをきちんと確認し、壊れる前に早めの対応を心がけてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ