このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ミキサーの掃除方法をご紹介。分解できるものは歯ブラシで丁寧に洗おう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月26日

ミキサーは便利で、健康的なジュースやスムージーを作れるので、普段から活用したい調理器具だ。しかし、鋭利な刃などのために、ついついお手入れがおざなりになってはいないだろうか?使用後にすぐに口の中に入る料理が多いため、清潔さが重要でもあるミキサー。今回そのお手入れを効率的に行う方法をまとめたので、ぜひ参考にして欲しい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ミキサーは分解して洗わない方法もある!

まず、具体的なお手入れ方法をご紹介する前に、知っておいて欲しい大前提は、ミキサーを使ったらすぐ洗うのが鉄則ということだ。スムージーなどを作った後に、しばらく放置してしまうと、容器や刃についた細かい食材の破片が乾燥し、こびりついてしまう。こうなると洗うのが手間になり、使うのも億劫になってしまいがちだ。ミキサーは優れた調理器具なので、使わないようになってしまうのは、実にもったいないことだ。使った後に、すぐにお手入れして、最高効率で清潔にしてしまおう。それでは具体的なお手入れ方法を紹介していこう。

まず、容器や刃など取り外せるものは外して、バラバラにして掃除するのが基本だ。とは言え、どうしても忙しかったり、手が回せなかったりする時もあるだろう。先に紹介したとおり、放置してはお手入れが大変になるので、まず分解せずともできる最低限の洗い方をご紹介しよう。ただし、あくまでも後で詳しく紹介する、分解して洗う方法が基本だと覚えておいて欲しい。

ミキサーを分解せずに洗うには、卵の殻がポイントだ。洗剤と一緒にミキサーに入れて1,2分動かそう。卵の殻が適度なクレンザーの役割を果たして、刃や容器の細部までキレイにしてくれる。とは言え、あまりこの方法ばかり繰り返していると思わぬところにまで、卵の殻が紛れるこむこともある。すすぎは念入りに行おう。

2. ミキサーの中性洗剤と手洗いでお手入れしよう

卵の殻を使って分解せずに洗う方法を紹介したが、分解して掃除してもそう手間はかからないし、間違いなく清潔になる。基本的には、刃も分解できる機種の方がお手入れも楽なので、買い替える際に選ぶポイントとして覚えておくといい。それでは、具体的なお手入れの方法を紹介していこう。容器と刃ではお手入れの方法が違うので、ここでは主に容器部分のお手入れについて、ご紹介しよう。

容器やゴムパッキンは中性洗剤とスポンジでの手洗いが基本だ。というのも、40℃以上のお湯や食器洗い乾燥機などを使って洗浄すると、容器が変形したり、割れたりする可能性があるのだ。ちなみに、中性洗剤はキッチン用のものでかまわない。スポンジは柔らかいものがベストだ。

また注意点として、ベンジンやシンナー、漂白剤、ナイロンたわし、研磨剤などの使用もおすすめしない。ミキサーの容器は人参や葉野菜類の色素が沈着して変色する場合がある。しかし、研磨剤等を使って色を取ろうとすると容器表面を傷つけて、以後余計に汚れが付きやすくなる可能性がある。また、雑菌なども繁殖しやすくなるため、柔らかいスポンジでこするのみにとどめよう。色素沈着しても使用上問題ないが、見た目は良くないので、やはり使用後にすぐに潜在でお手入れするのが正解だ。

3. ミキサーの刃は歯ブラシやたわしで洗おう

ここからは、ミキサーの刃の部分のお手入れ方法を紹介していこう。なお、刃が取り外せない時は、掃除がやや大変になるが、それでも卵の殻による清掃だけでなく、きちんとお手入れしてあげることが重要だ。もちろん、ミキサーの刃は大変鋭利になっているので、手を切らないように十分注意しよう。それでは具体的な方法をご紹介していく。

まず、用意するべき掃除道具は、歯ブラシやアクリルのたわしだ。歯ブラシは細かい部分の汚れを落とすのに便利なうえ、それ以外のパッキンや溝に詰まった汚れを落とすのにも最適だ。また、アクリルたわしは、昔ながらのヤシの繊維で作られたタイプよりも柔らかいので、より刃に優しいとされている。刃に細かい傷が入ると、容器と同じように雑菌が繁殖しやすくなるので注意しよう。また、特に洗剤は使わず、水洗いでかまわない。

洗い終わった後は、ミキサーの刃を含めた各パーツをきちんと乾燥させよう。細かい部分を歯ブラシできれいにしていても、水がたまって完全に乾燥していないと、カビやにおいの原因となり得る。乾燥後に、元通り組み立てればお手入れ終了だが、念の為ゴムパッキンがきっちりはまっているかを確認しておこう。次回のミキサー使用時に食材が漏れてしまうのを防げる。

結論

今回は、ミキサーを分解してお手入れする方法と分解しないでお手入れする方法を紹介した。ミキサーは、使用後に直接口に入る料理の場合が多いので、清潔さには十分気を使っていただきたい。ぜひ今回紹介した方法で、ご家族の健康に気をつけて欲しい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ