このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【家を傷つけないDIY】キッチンや玄関に便利でキレイな壁面収納

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月30日

雑誌やキレイに片付いている他のお宅にお呼ばれした時に壁面収納を見て、便利でキレイに片付いており、自分の家にも設置できないかと考えたことはないだろうか?家を傷つけてしまうかもしれないと考えてしまいがちだが、傷つけない方法もある。壁面収納の便利さや収納力を考えると、やはりメリットは大きいだろう。今回はそんな壁面収納を詳しくまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

1. 賃貸でもできる!DIYで壁面収納棚の導入を本気で考える

備え付けのケースなどを除いて、一軒家においても賃貸においても基本的にDIYしなければ、任意の壁面に収納を設置することができないのは、想像がつくだろう。しかし、DIYをするとなると賃貸の場合は原状復帰の義務があるので、とても気軽には作ろうと考えられないだろう。

また、持ち家の場合でも壁材にこだわっていたり、今後のことを考えたりすると、壁に釘を打つのは躊躇するのも仕方がない。そもそも壁タイルだったりするところには、直接釘もペグも打てない。しかし、これらのケースに置いても壁面収納を作ることは十分に可能なので、まずはその方法を2つご紹介していこう。

突っ張り棒を立てて作る方法

既成の長い突っ張り棒を床から天井に立てるか、木材の先端にキャップを付けたものを突っ張り棒のように使う商品(ディアウォール)を活用すれば、壁や床に傷をつけずに壁面収納を作ることが可能だ。突っ張り棒の場合は、棚と一体になっている商品もあり、シンプルな突っ張り棒を支点にしてラックを固定し、棚を作っていくことができる。木材を立てた場合は、その木材に釘を打つことでさら更にDIYができるので自由自在だ。

有孔ボードと家具で、簡単壁面収納を作る方法

最初から均等に穴がたくさんあいているベニヤ板である有孔ボードを使うのも一つの手で、さまざまな色が選べて、フックなどを使えば棚を任意の場所に作りやすい。その一方で、単独での固定はできず、壁を傷つけないようにするには、単純に立てかけるか、大きめの家具と壁で押さえることになる。あるいは、先に紹介した突っ張り棒で壁面収納を作る方法と組み合わせるのもよいだろう。

2. テレビなどがあるリビングに壁面収納を導入するには?

ここからは、壁面収納を作ることでよりよい毎日を過ごす生活を与えてくれるシチュエーションを具体的に知ってもらうべく、よく作られる場所や活用方法をご紹介していこう。まずは、おしゃれになるうえに片付いてうれしい、テレビのあるリビングにDIYした場合を見ていこう。

まずは、テレビ周りを含めたリビングに壁面収納を設置すると、どのような価値をあなたに与えてくれるかをあらためて考えてみよう。そもそもテレビ周りに家具を置かないと収納スペースに困ることは、どこのご家庭でもよくある悩みだろう。そこで小型のテレビ台などを使用するわけだが、この手の商品は視界が抜けつつ収納が確保できる一方で、テレビの上にデッドスペースができるなど、応用性はいまいちだ。とはいえ、壁全体を覆うような大型の物を設置してしまうと、圧迫感があったり部屋が多少なりとも狭くなったりしてしまう。

その点、壁面収納ならばお好みに合わせた、収納を設置できるので、模様替えやライフスタイルの変化にもバッチリ対応できる応用性がある。また、適度に立体感をだしたり、好みの飾り棚を作ることもできるので、お客さんを通すこともあるリビングを演出することにも一役買うのだ。

おすすめの設置方法は、木目の美しさを醸し出せる木材を立てる方法や有孔ボードで色味を加える方法だ。ぜひ、部屋作りを楽しみつつ、便利な環境を作ってみよう。

3. キッチンや玄関に壁面収納があれば、便利でオシャレに!

次にご紹介するのは、家電製品や調理器具、果ては調味料などで何かと散らかりがちなキッチンと、家族の増減や成長がもろに影響する玄関周りに壁面収納を作るケースをご紹介していこう。

キッチンは、備え付けの収納だけでは足りなかったり不便を感じたりして、よくラックなどが置かれる。しかし、どうしても作業スペースを圧迫することと引き替えになりがちだ。その点、壁面収納を自作すれば、便利で邪魔にならない場所やデッドスペースなどの任意の場所に収納を設けることができるので、日々の料理も捗ることだろう。

水回りなので突っ張り棒とスレンレスのラックで作るのがおすすめだが、カフェ風などにして見せるキッチンにするのも毎日が楽しくなりそうでおすすめだ。

また、玄関もDIYで収納を作れば便利になる鉄板の場所だ。まず、収納に困る代表的なもの物としては、靴があげられる。というのも、子どもが増えたり、成長してブーツを履くようになったりして靴が増え、定期的に変化が訪れるからだ。

加えて、傘や靴ベラ、シューケア用品など、できれば玄関に置いておきたいものはたくさんある。また、それでいてお客さんを迎える最初の場所でもあるので、すっきりと片付けておきたいところだ。

というわけで、既成のシューズボックスよりも汎用性のある壁面収納は機能的でありつつ、木材を使えば玄関を美しく演出することもできるので、まず玄関収納からDIYしていくのもおすすめだ。

結論

賃貸であることや壁を傷つけるのに躊躇しがちで、なかなか踏み切るのに抵抗があるかもしれない壁面収納だが、突っ張り棒を使うなど壁を傷つけない方法もある。やりようは色々とあり、やはりあれば便利だと感じてもらえただろうか?日々多くの時間を過ごす自宅だからこそ、便利で見た目も美しく整えられる収納があれば、生活の質を上げることにもつな繋がるだろう。ぜひ、今回の情報を活かして、壁面の収納作りに勤しんではいかがだろうか?
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ