このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トイレットペーパーの収納アイデア。壁を使った見せる収納技とは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

トイレに入ったものの、運悪くトイレットペーパーを切らしてしまった……そんな経験は誰もが一度はしているのではないだろうか。日常生活の中で、トイレットペーパーの補充忘れに遭遇する人は、収納方法に問題がある可能性がある。この記事では、トイレットペーパーをもっと使いやすくするための収納例について紹介する。

1. 手軽にトレイットペーパーを収納するのなら100均がおすすめ

収納に慣れていない人が手軽にトイレットペーパーを収納するのなら、まずは100均へ行ってみよう。100均がおすすめな点は、トイレットペーパーの収納に役立つグッズが豊富なことだ。

100均なら、数個入れられるくらいのカゴやケースなど、お好みのグッズを見つけることができる。たとえば、人気商品である突っ張り棒を使えば、トイレのデッドスペース有効活用することも可能だ。
トイレットペーパーの収納で、もう少し凝ったものを作りたい場合は、DIYで100均の棚を組み合わせれば、手作りの収納棚の完成だ。当然のことだが、100均ならひとつひとつの商品はすべて100円なので、コストが低くすむ。自分が使いやすいようにトレイットペーパーの収納を手作りしたい場合にも、思い切りチャレンジできるだろう。

2. 狭い場所にも対応!トイレットペーパーのスリム収納

ワンルームの一人暮らしなど、トイレの空間が狭いという人もいるだろう。トイレットペーパーの収納の場所がない人におすすめなのが、縦のラインを意識してスリムに収納することだ。

たとえば、トイレットペーパーの専用の収納棚は縦に長めにトイレットペーパーをスリム収納できるようになっている。トイレットペーパーを棚にきちんと収納すれば、水の飛び散りの心配ものなく、快適に使うことができる。トイレが狭いという人は、トイレの壁のデッドスペースを使うこともおすすめだ。

3. 見せる収納でトイレットペーパーを壁に収納

トイレの壁の収納は、トイレットペーパー収納をアレンジしたい人におすすめだ。トイレットペーパーの収納というと、棚やカゴに入れるなど、トイレットペーパーを見せないようにするのが一般的だろう。

ここでは発想の転換をして、壁を使ってトイレットペーパーをあえて「見せる収納」する。

壁面に幾何学模様など自分の好きな形の飾り棚をつけることで、生活感の象徴であるトイレットペーパーをスタイリッシュに収納できるはずだ。

訪問客が来たときにも、デザイン性のあるトイレットペーパー収納をさりげなく見せれば、あっと言わせることができるはずだ。

4. まとめてOK!トイレットペーパー12ロールを収納するワザ

仕事や勉学などで毎日の仕事が忙しいという人は、トイレットペーパーをこまめに補充するのが難しいかもしれない。特に、生活が多忙な人の多くは、トイレットペーバーは12ロールのパック買いをしているだろう。

トイレットペーパーを使い終わって補充しなければいけないのなら、12ロールすべてをまとめて収納した方が手っ取り早い。

トイレットペーパー12ロールのすべてを収納するのなら、トイレのデッドスペースをうまく利用する必要がある。

一般的にトイレが設置してある上の部分は、棚になっているか、何もない状態であることが多い。トイレの上に専用の棚がない人は、突っ張り棚を使えば、簡単に収納スペースを作ることが可能だ。
とはいえ、12ロールものトイレットペーパーを収納すると、どうしても生活感がにじみ出てしまう。12ロールものトイレットペーパーの存在感が気になる人は、専用のバッグやケースに入れるのもおすすめだ。ホームセンターへ行けば、トイレットペーパー12ロール分がぴったり入る収納ケースが見つかるはずだ。

結論

トイレットペーパーをうまく収納すれば、「トイレの紙がない」というようなアクシデントぐっと減らすことができるはずだ。自分のライフスタイルに合わせたトイレットペーパーの収納を試してみるものよいだろう。これまで、トイレットペーパーの収納を適当に済ませていた人も、トイレットペーパーの収納をすることで、日常生活の小さなストレスをなくしていけるはずだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ