このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

台所シンクの水垢取りのとっておきの掃除方法。ピカピカをよみがえらせよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 3日

台所のシンクは、どうしても水垢で汚れやすい。水垢は、シンクをどんよりと曇らせる元凶である。水垢で汚れたシンクは、ピカピカからは程遠く、見た目も残念な印象になってしまう。そこで今回は、台所のシンクをピカピカによみがえらせるべく、とっておきの水垢の取り方をご紹介しよう。

1. 台所のシンクの水垢は減らすのが一番

台所のシンクには様々なタイプの汚れが付着するが、やはり汚れのメインは、水垢である。水の使用により飛び散った水滴がシンクに付着した場合、それがそのまま放置されると、水垢になる。

水垢は、発生から時間が経っていない場合は、比較的容易に取り除くことができる。しかし、時間が経てば経つほど、頑固な汚れとなり、ちょっと拭いただけでは取り除くことが難しくなってしまう。水を使ったら、その都度、シンクに飛び散った水滴を取り除くようにすれば、水垢の発生を大幅に抑えることができる。この一手間を加えることにより、水垢が減れば、結果的に、台所のシンクの水垢取りも楽に簡単に済ませられる。

2. 台所のシンクの水垢取りはクエン酸が効く!

台所のシンクの水垢取りにはクエン酸が優れた効果を発揮してくれる。これは、水垢がアルカリ性の性質を持つ汚れだからである。アルカリ性の汚れは、クエン酸のなどの酸性の性質を持つものと混ぜると、汚れが中和されてほぐれるため、簡単に落とすことができる。

クエン酸を使った水垢取りの手順は以下の通りである。

クエン酸水を作る

作り方は、スプレー容器を用意し、そこに水200mlとてクエン酸粉末小さじ1を加えてよく混ぜるだけと、いたって簡単だ。

水垢にクエン酸水をスプレーする

シンクの水垢が付着している箇所にまんべんなくスプレーしよう。


あとは、しばらく放置してから、スポンジで軽くこすり落とし、あとはよくすすいで、しっかりと水気を拭き取れば作業は完了だ。

3. 台所のシンクの黒ずみも水垢?

台所のシンクの黒ずみの正体は、水垢ではなく、黒カビまたは雑菌である。黒ずみは特に排水口やその付近に発生しやすい。黒カビや雑菌は、水垢の取り方を試しても、効果が望めないので、市販の台所用カビ取り剤を使用した方が、はるかに効果的だ。

ただし、取扱いには細心の注意が必要になる。カビ取り剤を使用する場合は、各製品に貼付されている取扱い説明書をよく読み、記載されている注意事項を厳守しながら、作業を進めることが重要になる。

特に、カビ取り剤が、酸性の性質を持つクエン酸と混ざってしまうと、有毒ガスが発生する怖れがあり極めて危険なので、その点はくれぐれもご注意願いたい。

重曹を使ったカビの掃除

リスクを避けるためには、市販のカビ取り剤の代わりに、重曹を使用するという方法を試してみよう。

方法は、汚れている箇所に、まんべんなく重曹をふりかけ、その上からクエン酸水をスプレーしてしばらく放置した後、洗い流すだけと、いたって簡単だ。なお、この方法は、クエン酸だけでは取り切れない水垢を取るのにも有効だ。

結論

台所シンクの水垢の取り方についてご紹介したが、ご理解いただけただろうか?水垢は放置すればするほど、取り除くのが厄介になる。シンクを使用するたびに、飛び散った水滴を取り除くことを徹底しよう。さらに、水垢に気づいたら、すぐにスプレーして一拭きできるように、クエン酸水を常備しておくといいだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ