このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トイレの収納をスッキリさせる!綺麗に収納する簡単アイデアを紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

トイレットペーパーや掃除用具、芳香剤など、トイレに収納したい物は意外と多い。しかしトイレのスペースは狭いため、どのように収納すべきか悩む人は多いだろう。友人や来客も使用するところなので、生活感を隠して快適な場所にしたいと思う人もいるはずだ。今回は、必要なものを限られたトイレ空間の中に綺麗に収納するためのポイントを見ていこう。トイレ収納のアイデアもご紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

1. 賃貸でも大丈夫!狭いトイレ内でも綺麗に収納するポイント

トイレで使用したいアイテムは意外と多く、少ないスペースにすべてを収めることは難しい。また、置く場所を深く考えずに物を置くと、トイレを快適に使うことができなくなってしまう。では、狭いトイレに物を綺麗に収納するにはどのようなコツが必要なのだろうか。賃貸でもOKな方法をご紹介しよう。

必要最低限の物だけを収納する

トイレの限られた空間の中で綺麗に収納するには、余計なものを置かないことが鉄則だ。快適な空間を保つために、収納する物の数や種類はできるだけシンプルにしよう。

物は床置きせず、できるだけ目につかない工夫をする

清潔感を出すためにも、トイレの床に物は置かないようにして足元をスッキリさせよう。目につく場所に収納する場合は、ボックスやカバーなどを利用すると生活感を隠すことができる。

物に統一感を持たせる

収納物に利用するボックスやカバーは、同じものを複数用意したり、テーマに沿った物を選んだりして統一感を持たせよう。そうすれば、狭いスペースでもスッキリとした空間を演出できる。

2. すのこを加工してトイレのスペースに合う棚を作る

トイレ用品を直接床に置いてしまっては、生活感が出てしまううえに、見た目もあまりオシャレとはいえない。

そんなときは、すのこと木製のボックスをDIYで組み合わせて棚を作ってみよう。材料は100均で販売されているもので十分だ。お気に入りの色にしたいなら、すのこにペンキなどで色を塗ってみるのもよいだろう。

トイレのタンクをまたいで囲むように、足の長い大きな棚を作るのもおすすめだ。タンク周りのスペースを活用することで、手の届くところに物を綺麗に収納することができる。

DIYは少し時間と手間がかかるが、トイレ専用の収納アイテムを買うよりもスペースに合った収納棚を低コストで作ることができるので、ぜひ挑戦してみてほしい。

3. 突っ張り棒でトイレ内の余った空間を活用する

突っ張り棒は、余っている空間を有効活用できるうえに壁を傷つける心配がないという非常に頼もしいアイテムだ。

突っ張り棒を2本用意して、その上に棚板やワイヤーラックを乗せれば、立派な収納スペースをすぐに作ることができる。ただし物が落下してしまわないよう、2本の突っ張り棒は互いに水平になるように設置し、必要以上に物を載せないように注意しよう。

また、扉の上に突っ張り棒を1本取り付けて、トイレットペーパーのストックを置くという簡単な方法もある。生活感が出て気になるという場合は、その上にもう1本突っ張り棒を用意し、カーテンの役目となる布をかぶせよう。

突っ張り棒を購入する際には、棒の長さと強度(耐荷重)が重要になる。あらかじめ取り付けたい場所の横幅を測っておき、そこに何を収納したいかをイメージしながら選ぶのがポイントだ。

4. 100均アイテムを利用したトイレ収納アイデア

DIYではなく、もっと簡単に収納スペースを作りたいという場合は、トイレタンクに吸盤をつけ、そこにバッグを引っかけて収納するという方法もある。

また、オシャレな紙袋の中にトイレットペーパーのストックを入れておくのもよいだろう。ほかにも、トイレットペーパーのストックを入れた複数のワイヤーボックスを、少しズラして重ねるという方法もある。

これらのアイテムは、すべて100均で簡単にそろえることができる。引っ越したばかりの方や、忙しくて手間をかけられない方はぜひ試してみてほしい。

結論

トイレは日常的に使う場所であるうえに、友人や来客が使用する場合もあるので、スペースを綺麗に保っておきたい。そのためにも、トイレの中に置いておきたい物はしっかり収納しておこう。収納スペースが足りないという場合でも、すのこや突っ張り棒、100均アイテムなどを使って簡単かつ低コストに収納スペースを作ることができる。少しの工夫やアイデア次第で快適なトイレ空間が実現できるので、ぜひトライしてみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ