このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

気持ちよく出かけるために!工夫を凝らした玄関の収納方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月15日

玄関には、靴やそのケア用品はもちろん、コートや帽子といった出かける際に必要なものを収納しておきたいという人も多いだろう。しかし、玄関にこれらのものを上手に収納するのはなかなか難しい。朝出かける時は、綺麗に整頓されている玄関から出発したいもの。スペースも限られている玄関だからこそ、すっきり収納する方法を知りたい人も多いはずだ。今回は工夫がたくさん盛り込まれた玄関収納術を紹介していこう。

1. 玄関の収納にはベンチを有効活用

玄関の収納の1つとして「ベンチ」を使うワザがある。ベンチは靴を履くときの腰かけにもなるのでお子様がいる家庭には非常に便利だが、収納にも役立つアイテムだ。ベンチ下に収納スペースができるうえに、ベンチ上の壁にもフックを付けてコートやバッグをかけるなど、空間を有効活用することができる。

玄関に設置するベンチには「壁に取り付ける1枚板のベンチ」「床に置くだけのベンチ」「引き出し付きのベンチ」などさまざまなタイプがある。種類も豊富にあるので、玄関の雰囲気や自分の好みに合わせてベンチの種類を選ぶとよいだろう。

インテリア的要素が欲しい場合は木製のものやアンティークのものがおすすめだ。一方、収納重視の場合は、ベンチ下に引き出しが付いているものや収納ボックスが置けるような板が1枚入ったものなどを選ぶとよいだろう。

2. 玄関のコート収納が便利なワケ

朝出かける時に慌てないためにも、玄関にコートの収納スペースを作っておくと便利だ。また、玄関でコートを脱ぐことによって付着した汚れをリビングなどに持ち込まずにすむというメリットもある。しかし、コートをかける場所をどのようにして作ったらよいか困っている人も多いだろう。玄関でのコートのかけ方を2つご紹介しよう。

壁にフックを付ける

壁にフックを付けるだけで簡単にコートを収納する場所を作ることができる。朝出かける時もすぐに手に取ることができ、帰宅後もすぐにかけられるのがポイント。

ハンガーラックで収納スペースを分散

ハンガーラックを玄関に置いて、コートやバッグなどをかけるのもよいだろう。ハンガーラックの下にボックスなどを置けば、小物を収納することも可能だ。ハンガーラックにはスリムなものや木製のものなどさまざまな種類がある。玄関の広さをチェックしてどのくらいのサイズのハンガーラックが合うか確認してみよう。玄関の雰囲気に合わせてデザインを選ぶことも大切だ。

3. 玄関にある靴はどう収納するのが賢い?

靴の収納は玄関の収納における悩みの種の1つではないだろうか。とくに家族が多いと靴の量も自然と増えるため、収納に困っているという人も少なくないだろう。玄関には下駄箱や収納棚が備え付けられていることも多いが、そのスペースに収まりきらないことも多々ある。あふれてしまいがちな靴をうまく収納するためにも、ぜひ100均アイテムを活用してほしい。玄関の靴収納に使いやすいアイテムには次のようなものがある。
  • シューラック
  • シューズケース
  • バスケットやボックス
  • 突っ張り棒
100均では、靴専用のボックスやさまざまな種類の収納ケースがあり、これらに靴を入れて下駄箱に収納するとすっきり整理することができる。突っ張り棒を2本使って収納棚に平行に設置すれば、棚板に置いた靴の上にも靴を収納することが可能になる。突っ張り棒が1本しかなくても、下駄箱の奥に使う頻度の低い靴を縦に置き、下駄箱の奥の板と突っ張り棒で靴を挟むことでスペースを有効活用できる。

結論

玄関は靴を中心にさまざまなものでごちゃごちゃしやすい場所だが、壁を有効活用したり靴収納を工夫したりすれば、すっきりと綺麗な玄関にすることが可能である。「よい気は玄関から」といわれるように、玄関が常に整理整頓されていると気持ちがよいもの。100均アイテムを使えば靴も小物もお手頃価格で収納することができるので、ぜひ活用してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ