このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

室外機だって掃除が必要!お手入れの方法や頻度についてもチェック

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

エアコンは通常、室内機と室外機がセットになっている。いつも目にしている室内機については、フィルターをキレイにするなどのお手入れをしているという方でも、室外機はまったく手つかずというケースも少なくないはずだ。ところが、室外機の汚れが故障の原因となることもあるため油断できない。そこで今回はエアコンの室外機の掃除方法を特集。汚れを放置できない理由や掃除が必要な頻度についても解説する。

1. 室外機の汚れを放置すると異音や故障の原因に

エアコンの室外機は、室内を冷やしたり暖かくしたりするのに欠かせない重要な機器だが、普段は目にする機会がほとんどなく、どうしてもお手入れが後回しになりがちだ。室外に設置しているからには、汚れて当たり前だが、室外機の汚れが蓄積しても、室内で生活する私たちに健康面や衛生面で悪影響が出ることは稀だ。

ところが、室外機が汚れた状態で放置しておくと、運転効率が悪化して、電気代が余計にかかってしまうことがある。しかも異音が発生したり故障したりして、エアコンの寿命を縮めてしまうことがあるので油断できない。室外機と室内機はセットで販売されるのが普通なため、室外機に不具合が生じると、エアコンを丸ごと買い換える必要がある。

とくに注意したいのは、室外機の裏側に設置されているフィンと呼ばれる部分の目詰まりだ。フィンとは熱の交換を行う薄い金属板からなり、これが目詰まりを起こすと空気の交換がうまくいかず、モーターに負荷がかかってしまう。結果的に異音を発生させることになったり、故障してしまったりすることがある。

室外機は室外に設置されることを想定して設計されているため、ある程度の風雨やゴミには耐えられる。とはいえ、枯れ葉や砂ボコリなどが大量に入り込むと異音などのトラブルの原因になる恐れがあることは知っておきたいところだ。

2. 室外機の掃除方法は?フィンや水抜き穴も

室外機のお手入れとして最初に行いたいのが、外装をキレイにすることである。ホウキを使って大きなゴミやクモの巣などを取り除いておこう。とくに注意したいのが、ファンをカバーするグリルには、汚れがたまりやすいので、まずは隙間に挟まった細いものを歯ブラシなどでかき出そう。

それから、掃除機を使って吸い取ってしまうのがおすすめだ。室外機表面に付着した泥汚れなどは、それほど気にする必要はないが、ついでにキレイにしたいという場合には、雑巾で拭き取っておくとよいだろう。

次に行いたいのが、室外機の裏側などに設置されているフィンの掃除だ。ここにゴミがたまると空気がうまく交換できなくなり、運転効率が悪くなってしまうことがある。やはり歯ブラシなどを使って汚れをかき出し、可能なら掃除機を使って吸い取ってしまうとよいだろう。

ただし、フィンはアルミ製であることが多く、やわらかいために力を入れると曲がってしまうことがある。歯ブラシで触れる際は力を入れすぎないように注意し、掃除機のノズルをフィンにぶつけないように気をつけるとよいだろう。ノズルブラシを使う場合も同様に気を付けよう。

室内機の底面には、エアコンを使用したときにでる水を排出するための穴が備えられている。水抜き穴と呼ばれるが、ゴミなどが詰まって穴がふさがってしまうと、本体のなかに水がたまり、室外機が故障する恐れがある。見づらいところにあるので、掃除もしづらいが、歯ブラシの柄の部分などを使ってなかをキレイにしておくとよいだろう。

3. どの程度の頻度で室外機を掃除する必要がある?

室外機のお手入れをする頻度も気になるところだ。室外機をこまめにケアする必要はないものの、年に1回から2回くらいの頻度で掃除しておくのがよいだろう。具体的には、冷房を使用する直前の5月から6月頃、暖房を使用する直前の10月から11月頃が適切だ。

室外機に直射日光が当たると運転効率が下がるため、夏前の掃除の際には、ついでにすだれをかけるなどの対策もあわせて行うのがおすすめだ。逆に冬前の掃除の際には、すだれを取り除いて日当たりをよくしておこう。もし、豪雪地帯でエアコンを使用する場合は、防雪のためのフードやネットを使用するもよいだろう。

室内機ほど高い頻度でお手入れする必要はないが、長持ちさせるためにはメンテナンスは欠かせないと心得ておきたい。

結論

汚れには比較的強いといえる室外機だが、ゴミが蓄積して運転効率が悪化すると、電気代が多くかかったり故障したりする原因となってしまう。よい状態で長く使うためにも、フィンや水抜き穴などを定期的に掃除するのがよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ