このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冬にきれいな状態で使うために!セーターを上手に収納する方法は?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 2日

冬に大活躍するセーター。冬以外のシーズンではずっと収納されていることになるため、次のシーズンに着ようと思って出してきてみるとシワシワだったということはないだろうか。今回はセーターの正しい収納方法をご紹介する。適切に収納し、来年きれいな状態のセーターを着てほしい。

1. セーターはハンガーにかけて収納してもよい?

デザイン性のあるセーターや落ち感のある素材のセーターはショップでは吊るされていることが多い。では家庭でもハンガーに吊るして収納してもよいのだろうか。

基本的にはたたんで収納

セーターは毛糸を編んで作られているため、ハンガーに吊るして収納しておくと肩や首の部分が伸びてしまい、形が崩れてしまう。可能な限りたたんで収納するのがよいだろう。

セーターをハンガーで収納する場合

デザイン性を重視したセーターは、たたむよりハンガーにかけて収納したい場合もあるだろう。セーターの型崩れを防ぎつつハンガーにかけて保管する方法は次の通り。
  • セーターの袖を重ねるように縦半分にたたむ
  • 脇部分がハンガーの金具部分の中心に来るようにセーターを置く
  • 脇を中心に、袖と胴体部分でハンガーを覆うようにセーターをかける
イメージ的にはセーターをハンガーにかけやすいように縦にたたみ、脇を中心にハンガーに乗せておく感じだ。これで、セーターの肩の部分や首の部分の伸びを防ぐことができるので、ハンガーにかけてセーターを保管する時にはぜひ試してみよう。

2. セーターがシワにならないようにする収納方法

セーターを重ねてたたんで収納してしまうと、どうしてもたたみジワというものが付いてしまう。ここではシワが付きにくいセーターの収納方法を紹介しよう。

きっちり折らないこと

セーターは袖や身頃も縦に横にと折ってしまうので、シワができやすくなる。シワを最小限にするためには、セーターを折る回数を少なくすることが重要だ。コンパクトにはならないものの、袖だけを身頃に向けて折り、そのままセーターを半分に折るだけでシワになる部分は減るので、ぜひ試してみてほしい。

丸めて収納

少しでもセーターのシワが気になる場合は、セーターを丸めて収納するのも1つの方法だ。袖を内側か外側かのどちらかに折り込んで、丸めるだけで完了。丸めたセーターは棚やタンスの引き出しに並べるとすっきり収納できる。

3. クローゼットやタンスでかさばるセーターの収納方法や注意点とは

厚手のセーターはどうしてもかさばりがちで、セーターだけで収納が埋まってしまうということもあるだろう。ここでは、収納スペースを賢く使う方法を、セーターを収納するうえで気を付けたい点とあわせて見ていこう。

圧縮袋を使う

かさばるセーターは、圧縮袋を使うと少ないスペースでも収納することができる。シワにならないように注意しながら圧縮袋に入れるのがポイントだ。

上質紙を使う

新しいセーターを購入した時やクリーニングから仕上がってきた時に、セーターの間に挟み込まれている上質紙。実はこれがあるのとないのとでは全く違うのだ。上質紙を挟んでおくだけでセーターがピシッと揃い、まっすぐに収納できる。

防虫剤を忘れずに

せっかくよいセーターを買っても、虫食いによる穴が開いてしまっては困る。セーターは冬に使うと次の冬まで眠ってしまうことになるので、1年など長期間効果が持続する防虫剤を入れて保管するようにしよう。

クリーニングに出して収納

セーターを頻繁に洗わない場合は小さな汚れが付着していることも多い。汚れが付着したままセーターを収納してしまうと、シミや黄ばみの原因になるので注意が必要だ。シーズンを通して着用したセーターは、クリーニングに出してから収納しておくと次の冬も綺麗に着ることができるので、ぜひクリーニングを活用しよう。

結論

冬に頻繁に着るセーターを毎年気持ちよく着用するためには、ちょっとした収納の気配りが必要である。ずっと眠っていることが多いセーターだからこそ、1枚1枚どのような収納方法が適しているかを考えながら収納していくことが大切だ。今回ご紹介した収納方法を参考にして、冬のおしゃれを楽しんでほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ