このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

泡立て器は消毒が必要?洗いにくい泡立て器を清潔に保つ秘訣とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 2日

お菓子作りに欠かせないツールのひとつ、泡立て器。卵と小麦粉を混ぜる、ホイップするなど泡立て器を使った調理は楽しいものだ。しかし他の調理器具に比べ、泡立て器は洗いにくい。卵やバター、ホイップクリームなどがこびりついてしまい、なかなか取れなくて困った経験がある人も多いだろう。汚れを落としきれずに雑菌が繁殖していないか気になる場合もある。そこで今回は、泡立て器を清潔に保つ秘訣と消毒方法について解説する。

1. 泡立て器は煮沸消毒が必要?簡単な洗い方

泡立て器は生肉や生魚には使わないため、煮沸消毒が必要だと考える人は少ないだろう。しかし、汚れが取り切れずに残っていれば雑菌が繁殖してしまう。

使用後は、しっかりと泡立て器の汚れを取り除く必要がある。泡立て器にはたくさんのワイヤーがあり、特にワイヤーが重なり合っている部分の汚れは落ちにくい。柄の部分との境目も汚れが落ちにくいポイントだ。

泡立て器を簡単に洗うには、ボールにお湯を張り泡立て器でお湯を泡立てるようにシャカシャカしていく。ワイヤー部分の汚れが落ちたら、柄の部分も含めてしばらくお湯につけておこう。生クリームやバターなどの油っぽいものを混ぜた場合は、お湯の温度を高くすると汚れが落ちやすい。

しばらくお湯につけたら食器用洗剤とスポンジで洗い、よくすすぐ。ワイヤーが重なっている部分にも泡が残らないように回しながらすすぐとよい。

お湯を沸かす手間はあるが、簡単に汚れが落ちるのでぜひ試してみてほしい。汚れを落としておけば、いつでも煮沸消毒ができる。

2. 泡立て器を煮沸し熱湯消毒するには

しっかりと、泡立て器を洗ったところで、次に泡立て器を煮沸消毒する方法を紹介しよう。煮沸消毒の方法は簡単で、沸騰した熱湯に5分間以上つけて煮沸する方法か、ゆっくりと熱湯をかける方法でも消毒効果は期待できる。

お湯をかける場合は、すすぐときと同様に、泡立て器を回しながら熱湯をかけるのがコツで、こうすることによってまんべんなく消毒できるのだ。

3. 泡立て器をアルコール消毒する方法

泡立て器の消毒は、洗い終わった後にアルコール消毒をする方法もある。販売されているキッチン用のアルコール除菌スプレーで十分だが、必ず泡立て器をしっかり乾かしてから除菌する。

水気が残ったままだとアルコール除菌スプレーの効果が半減してしまうのだ。また、使用後ではなく、使用前にキッチン用アルコール除菌スプレーを吹きかけてもよい。どちらにしても、使用する際は、しっかり乾いている状態へスプレーしよう。

4. 抗菌の泡立て器や洗いやすい泡立て器も

実は、洗いやすいように工夫された形の泡立て器も存在する。ワイヤー部分が変形して、重なり合っている部分を開いて洗えるタイプや、ワイヤーを真っすぐに伸ばせるタイプなどだ。その他、柄の部分が抗菌仕様の泡立て器や、煮沸消毒や食器洗い洗浄機対応の泡立て器も販売されている。

洗いやすい泡立て器は、お手入れに不安のある人には嬉しい製品だろう。洗うのが面倒だから泡立て器をあまり使わない、という人にもおすすめしたい。

結論

泡立て器を清潔に保つには、まずはきちんと汚れを落とすことが重要だ。泡立て器は少し洗いにくいが、お湯を使用するなど、ひと手間かけるだけで簡単に汚れを落とすことができる。汚れを落としたらしっかりとすすぎ、よく乾燥させ、煮沸やアルコール除菌スプレーなどで消毒してから保管するとさらに安心なので、ぜひ試してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ