このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コーヒーメーカーの処分にもう迷わない!各処分方法を詳しく紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 1日

使っていないコーヒーメーカーの処分方法にお悩みではないだろうか?コーヒーメーカーは、サイズや材質もさまざまでゴミの分別がどうなるのか疑問だったり、ゴミ以外の処分方法が気になったりされている方も多いだろう。そこで今回は、コーヒーメーカーの処分方法を詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にして欲しい。

1. コーヒーメーカーの処分方法は複数ある!ホームページや電話確認もしよう

コーヒーメーカーの処分方法はさまざまなものがあるが、まずやるべきことは、ゴミとして処分する場合の分別区分を把握することだ。

というのも、コーヒーメーカーのサイズなどにもよるが、小型家電などとして無料回収の対象だったり、燃えないゴミとして出せたりするのだ。その場合、無料で処分できるので、おすすめの方法といえるだろう。ただし、小型家電リサイクル法の施行以降、各自治体でコーヒーメーカーの分別区分はそれぞれのルールとなっている。

また、ゴミ出しルールは定期的に変更されることも多いので、過去に処分したことがあっても、前もってお住まいの自治体のホームページなどを確認してから処分しよう。たった一つのコーヒーメーカーで、ご近所トラブルの原因となることもあるのだ。

一方で、お手持ちのコーヒーメーカーがまだ使える場合やほとんど新品の場合は、リサイクルショップや家電店での下取りなども検討してほしい。リユースに回す方がエコであるし、状態次第では有料で買い取ってもらえるケースもある。

2. コーヒーメーカーのゴミ出し時のポイント!世田谷区の例なども紹介

ここからは、コーヒーメーカーをゴミとして処分する際のポイントについて、世田谷区などの実例をまじえて、ご紹介していこう。それでは、さっそく分別区分別にみていこう。

小型家電や資源ゴミとして回収対象の場合

札幌市などでは、小型家電の無料回収が進んでいる。ほとんどの家電を回収ボックスや回収拠点に持ち込むことで、リサイクルに回せるのだ。ただし、投入口を通るサイズまでに限定されることが多い。いきなり持ち込むのではなく、必ず詳細の確認と計測をしておこう。

不燃ゴミとして処分する場合

世田谷区では、不燃ゴミとしてコーヒーメーカーを処分できる場合がある。その場合、指定のゴミ袋や日時に出せば、無料かつ確実に処分することができて安心だ。ただし、サイズ次第で分別が変わるうえ、プラスチック部分のパーツは燃えるゴミに分別するなど、細かい指定もあり得るので、詳細まで確認しよう。
世田谷区では、不燃ゴミとしてコーヒーメーカーを処分できる場合がある。その場合、指定のゴミ袋や日時に出せば、無料かつ確実に処分することができて安心だ。ただし、サイズ次第で分別が変わるうえ、プラスチック部分のパーツは燃えるゴミに分別するなど、細かい指定もあり得るので、詳細まで確認しよう。

粗大ゴミ

前述したとおり、サイズ次第で分別区分は変わり、世田谷区では一辺が30㎝を超えると一律で粗大ゴミに分類される。費用は数百円程度だがゴミ処理券購入の手間がかかることと、回収日が比較的少ないことがデメリットだ。引っ越しや断捨離などでほかに処分品があるなら、リサイクルショップやネットオークションなども視野に入れるといいが、一長一短だ。これらについては後述する。

3. コーヒーメーカーのゴミ以外の処分は、処理手数料と手間を比較しよう!

先に紹介したとおり、コーヒーメーカーはゴミ以外の処分方法もある。お手持ちのコーヒーメーカーがまだ使えるならば、ぜひリユースに回せるリサイクルショップなども検討して欲しい。ゴミとして処分する際の処理手数料や手間と比較して納得のいく方法を選ぶとよいだろう。というわけで、リサイクルショップや不用品回収業者、ネットオークションについて紹介していこう。

ネットオークション

サイト登録や発送、処分できるか不確実などのデメリットがあるが、購入希望者が多いと思わぬ価格で買い取ってもらえることもある。時間的な制限がなく、処理手数料をかけたくない場合などに検討するといいだろう。

リサイクルショップ

その場で買い取ったり引き取ったりしてくれる手っ取り早さが、リサイクルショップの魅力だ。お近くに店舗がなくても、全国対応の宅配買い取りサービスが複数展開されているので、利用のハードルも低い。型式が新しく、キレイな状態のコーヒーメーカーならば、検討するといいだろう。

不用品回収業者

コーヒーメーカーのほかにも、値段が付きそうにないものが複数あったり、大型の不用品があったりするならば、不用品回収業者がおすすめだ。処分を得意としており、各自治体が提携していることも多いので、分別やゴミ出しの手間をなくせる確実な方法といえる。ただし、費用がかかるので見積もりをとって、処理手数料と手間の軽減とが釣り合うかを判断しよう。

結論

コーヒーメーカーの各処分方法を紹介したが、納得のいく方法が見つかっただろうか?最近のコーヒーメーカーはクオリティが高く、生活に喜びを与えてくれることも多いが、必須というわけではないし場所も取る。使っていないのであれば、ぜひ今回紹介した方法ですっきりと処分してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ