このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

出し入れ簡単!スッキリおしゃれなお皿の収納方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

食事のたびに出したりしまったりする食器。出しにくい、しまいにくいという理由でストレスを感じたことはないだろうか。お皿が簡単に出し入れできれば家事の負担はずいぶん減るだろう。ここでは、スッキリおしゃれにお皿を片付ける収納方法について紹介する。

1. おしゃれな収納の基本は統一感

毎日使う食器をうまく収納していないために、食器棚や引き出しがごちゃごちゃし、ストレスが溜まることはないだろうか。ここでは、ストレスを感じる見た目をよくし、おしゃれにお皿を収納するコツについて解説する。

普段使いのお皿は全体をおしゃれにイメージして統一させる

引き出物などの頂き物や、来客に備えた購入で、お皿がいつの間にか増えていたということはないだろうか。お皿が増えると、毎日使うお皿の収納の邪魔になったり、統一感がなく見た目がごちゃごちゃしたりしてストレスを感じるものである。

そこで、お皿を収納する際には、収納方法を決める前に、毎日使う食器をどのようなテイストでまとめるかを決めるとよいだろう。その際の判断基準として、おしゃれ感と形の統一感は重要な要素である。

全体のテイストが決まったら、毎日使うお皿は、全体のテイストに合わせて新しいお皿に思い切って交換してはどうだろうか。おしゃれな要素が入った統一感のある食器棚は、ごちゃごちゃした食器棚に比べストレスも減るだろう。さらに、形が統一されているだけで収納効率は格段に上がり、収納がスムーズになる可能性も高い。

毎日使わない食器は蓋つきのカゴに入れるなどして、吊戸棚の上や食器棚の一番下などにできるだけコンパクトにまとめると、毎日使う食器スペースにゆとりが生まれるのでおすすめだ。ぎゅうぎゅうに詰まっている食器棚に比べ、ゆとりがある食器棚はより一層おしゃれに見える上、収納が楽になり作業もはかどる。

2. 小皿の収納は100均の収納ケースを上手に使う

ごちゃごちゃしがちな小皿。小さいからつい無造作に置いてはいないだろうか。無造作に置くことで、実は余計なスペースや、収納に無駄な時間を使っている可能性がある。ここでは100均の収納ケースを使用した小皿の収納方法について解説する。

小皿は100均の収納ケースで区分けする

お皿の収納場所として、システムキッチンの引き出しの中や食器棚、シンク下など収納場所はさまざまだが、小皿など小さめなお皿の収納は100均の収納ケースに一旦入れてから収納するとよいだろう。そうすることでごちゃごちゃしがちな小皿類がコンパクトにまとまり、わずかなスペースにたくさん収納できるようになる。

家族の人数が多い家庭では、小皿をまとめて出す時も、収納ケースごと食卓までもっていけば持ち運びも簡単だ。また収納する時も、洗った後に収納ケースに入れてから食器棚まで運ぶことで、作業がぐっと簡単になる。

100均には種類もサイズも豊富な収納用のケースがいくつもある。家庭の収納スペースに合ったサイズのものを選ぶことが最も重要なポイントとなる。

3. 大皿・中皿は「立てる収納」で片付けが格段に簡単になる

お皿は積み上げて収納することが多いが、立てて収納する方法もある。ここでは立てる収納グッズを使用した、便利なお皿の収納方法について解説する。

大・中皿は立てる皿スタンドで収納する

大・中皿は立てる収納にすると、出し入れが格段にラクになる。お皿を重ねて収納している場合、いったん上のお皿をどかす手間がかかることがある。

そんなとき、お皿の出し入れの効率化にお皿スタンドはおすすめだ。ホームセンターや大手家具店、100均などには、立てるお皿収納用の便利グッズがたくさんあるので、実際に足を運んでみるとよいだろう。お皿スタンドといってもスチール製、ポリプロピレン製、木製など、素材も形もさまざまである。

スチール製や木製の皿スタンドには1枚1枚食器を区切ることができるものが多い。食器同士がぶつかり合うことがなく、ふきんでお皿を拭いた後の拭き残しが多少あっても乾きやすいので衛生的である。しかし、スペースが狭い場合には収納できる量が限られてしまうというデメリットがある。

ポリプロピレン製の皿スタンドは、数枚まとめて収納できるものが多く、限られたスペースに何枚も収納することが可能だ。しかし一方で、片手で取り出すと皿同士がぶつかってしまうため両手を使う必要があることから、1枚1枚区切られた皿スタンドに比べると出し入れにひと手間かかるというデメリットがある。

皿スタンドの素材や形によってそれぞれのメリットデメリットがあるので、食器の種類や収納場所に合わせて適切な皿スタンドを探すとよいだろう。

結論

お皿の収納が効率よく簡単にできると、日々の生活のストレスは格段に少なくなる。お皿の収納にストレスを感じている場合は、毎日使うお皿を一度見直してみるとよいだろう。さらに、便利な収納グッズを使用すれば出し入れのストレスが減り、効率的に家事をこなすことも可能となるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ