このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

賃貸もOK!DIYで洗面所に収納棚を取り付けるテクニックを伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

洗面所の収納スペースが足りず、物があふれて散らかっていることはないだろうか。そんな場合は、空きスペースや壁面をDIYして棚を作っては収納を増やすことをおすすめする。近ごろでは、賃貸でDIYができるグッズが増えており、初心者でも簡単に取り付けられる。業者に依頼するよりも低予算で済み、オリジナルの収納ができるのも魅力的だ。今回は、持ち家と賃貸でできる収納のDIY術を紹介するので、参考にしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗面所に収納棚をDIYする前に決めること

洗面所の周辺はスペースが限られているので、収納したいものの種類や量を把握しておくことが大切である。この点を決めてからDIYをスタートさせよう。

棚に何をどれくらい入れる?

洗面所に収納したいものは各家庭で異なるだろうが、たいていの場合は歯ブラシなどの洗面用具、タオル、洗剤などの消耗品ではないだろうか。それぞれの大きさや重さを配慮して何をどれくらい置きたいのか考えてみよう。これによって棚の数や奥行きなどが決まってくるからだ。

たとえばバスタオルやフェイスタオルは、家族全員分を含めるとスペースを取ってしまうので、使う分だけを棚に収納するのもよいだろう。棚を作る前に、何をどれくらい収納したいのか家族と話し合って決めておきたいものだ。

棚の位置と注意点

洗面所周辺で収納棚が作れる場所を探してみよう。たいていの場合、洗濯機の上部や洗面台の扉の内側、壁面、脱衣所などに空きスペースがあるのではないだろうか。DIYをする際の棚の位置や素材について注意点がある。

1.棚は取りやすく使いやすい位置を心がける
たとえば洗面所が浴室と隣接している場合は、シャンプーやタオルなどを取りやすいような棚の位置にするよう配慮しよう。

2. 棚の素材
浴室と隣接している洗面所や脱衣所は湿気がたまりやすい場所だ。撥水加工済みの材料でDIYすれば問題はないだろうが、水滴などがついた場合はこまめに拭き取っておこう。洗面所周辺の素材には、カビやサビに強いステンレスやプラスチック製品が適している。また、ランドリー向けに出ている製品も活用してほしい。

2. 賃貸でもOK!洗面所や洗濯機周りをDIYする方法

洗面所と隣接した洗濯機や脱衣所のスペースでできるDIYをご紹介しよう。釘を打ち付ける必要がないので、賃貸でも取り付けられる。

洗濯機の上に取り付ける

1.ランドリーラック
洗濯機の上が空いている場合は、ランドリーラックを取り付けるのが手っ取り早くておすすめだ。ランドリーラックの素材はカビやサビに強いステンレス製を選ぼう。設置方法には天井と床で突っ張るタイプと据え置きタイプがある。

突っ張るタイプは天井と床で支えるので安定しており、幅や高さも変えられるので調整がきく。据え置きタイプは幅を変えることはできないが、洗濯機の上に設置するだけなので簡単に取り付けられる。ランドリーラックには洗濯用洗剤やタオルなどを収納しよう。

2.スチールラック
部屋の収納アイテムとして使用されるスチールラックは、ランドリーラックと同様に使える。洗濯機の幅や高さをあらかじめ測っておいて、サイズに合うスチールラックを購入しよう。ワイヤーボックスを置いたりフックを引っかけたりすれば収納スペースの完成だ。

3.突っ張り棒とプラスチック製の板・カゴ
洗濯機の両側が壁の場合は、2~3本の突っ張り棒を横にして取り付け、その上にプラスチック製の板・カゴを置いて棚を作る。落下防止のため突っ張り棒はしっかり固定しておこう。

洗面所・洗濯機・脱衣所の隙間

スチールラックを使用して隙間に棚を設置してみよう。100円均一のスチールラックは、幅の狭い隙間に合うものがあったりするので活用したいアイテムだ。

3. 洗面所の壁面、洗面台に棚を取り付けよう

1.ホームセンターなどで買えるダボレールを使って、壁面に棚を取り付けてみよう。棚の高さや幅が変えられるので調整することが可能だ。複数のダボレールを組み合わせてオリジナルの棚も作ることができる。

2.賃貸の場合は、DIYでお馴染みの2×4材の両端にバネやネジが付いたディアウォールを使ってもよいだろう。天井と床に固定させた突っ張り棒のような形状で、釘を打てない賃貸でも可能だ。この製品にダボレールを打ち付ければ棚の完成だ。

3.100円均一のアイテムを活用する
100円均一の板やポールを壁面に取り付けると、整髪料などの小物がおける棚になる。フックを付けるとドライヤーをかけておくこともできる。

洗面所の壁面を活用する

洗面台の下の部分に収納スペースがある場合は、突っ張り棒を取り付けて棚を作ろう。配管を避けて突っ張り棒を横に渡し、その上にカゴを置けば雑巾や洗剤などの掃除グッズが収納できる。

ユニットバス(トイレ・浴室・洗面台が一体化したもの)

浴室や洗面台の空きスペースに、突っ張りタイプや据え置きタイプのラックを設置して棚を作ろう。直接水がかかる恐れがあるので、材質はステンレス製を使用するのがおすすめだ。シャンプーやボディーソープなどの備品をラックに置くことで、浴室のスペースが広くなるはずだ。

結論

洗面所周辺は水回りが多いので、湿気がたまりやすいことを考慮して棚の材質を選びたい。賃貸の場合は壁面に釘を打ち付けられないため、据え置き型や、天井と床で支える突っ張り型が適しているだろう。据え置き型にストッパー付きのキャスターを取り付けると、移動させやすいので試してみてほしい。洗面所は家族が毎日のように使用する場所のため、使い勝手のよい収納棚をDIYしたいものである。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ