このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かさばるコートの正しい収納方法って?おしゃれな収納方法を紹介!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月27日

寒くなってくると活躍するコート。寒い冬を乗り切るためのマストアイテムだが、どうしてもかさばるので収納に悩んでいるという人も多いだろう。コートを長持ちさせるためにも、かさばりやすいコートの正しい収納方法やコートをおしゃれに収納する方法を知っておこう。シーズンオフでコートをしまっておく人も、これから使う人もぜひ覚えておいてほしい。

1. コートは押入れに入れて大丈夫?正しい収納方法を紹介

コートはハンガーにかけ、吊るして収納するのがよいとされている。しかし、スペースの問題で押入れにしかコートを収納できないこともあるだろう。コートは押入れで保管しても大丈夫なのだろうか。

結論からいうと、コートは押入れに収納してもOKだ。押入れにコートを収納する場合も、ハンガーを使用し吊るして収納するのが望ましい。また、押入れは湿気がたまりやすいので、カビの発生を防ぐためにも乾燥剤や除湿剤をコートと一緒に入れておこう。

カビ予防の対策法として、押入れにものを詰め込みすぎないという点も重要である。押入れ内密度が高くなると、通気性が悪くなり湿気もたまりやすくなる。押入れ内のものの量や配置を工夫することで、通気性をよくすることも意識したい。

また、長期保管の場合は防虫対策も必要だ。コートなどのアウター類は、長期保管しているうちに虫に食われて穴が開いていたなどということもよくある。大切なコートを守るためにも、しばらく着用しない場合には防虫剤も利用するようにしよう。

2. かさばってしまうコートをおしゃれに収納する方法

コートはできる限りすっきり収納したいもの。コートはほかの衣類と比べて「重い」「大きい」「厚みがある」といった特徴があるため、収納方法が限られてしまいがちだが、少しの工夫でおしゃれに収納することも可能だ。その方法について解説していこう。

ハンガーを統一する

たとえば、収納に利用しているハンガーをすべて統一するだけでも収納スペース内の雰囲気は大きく変わる。細かなことではあるが、人は統一されたものに美しさを感じるものだ。また、かさばりにくいハンガーを選べばスペースも確保できる。まずはハンガーをそろえて、おしゃれかつ効率よくコートを収納してみよう。

玄関に収納するスペースを作る

玄関にコートなどのアウター類を収納するスペースを作るのもよいだろう。外出・帰宅時には玄関でコートを着脱できるため、導線としても自然で使い勝手もよい。お気に入りのコートやセンスのよいアウターは、あえて見せる収納をするのもおしゃれだ。シェルフやハンガーラックなど、簡易的な収納スペースを玄関に作ることはそれほど難しいことではないので、玄関に収納スペースを作れそうであればぜひチャレンジしてほしい。

3. DIYでコートをおしゃれに収納!

クローゼットや押入れ、玄関に備え付けられている収納スペースにコートをしまっておくのもよいが、DIYでコートの収納場所を作るのも1つの方法である。本格的なDIYが難しい場合は、ホームセンターやインテリアショップを訪ねてみよう。壁に取り付けるハンガーラックや、ハンガーをかけられそうなアイテムがたくさん用意されている。それらを取り付けるだけで、コートをおしゃれに収納する場所を簡単に作ることができるのだ。

収納スペースをDIYで作るためのアイテムにはさまざまな素材・デザインのものがある。玄関や部屋の雰囲気、自分の好みに合うものを選ぼう。

結論

かさばりがちなコートは、アイデア次第でいくらでもすっきりとおしゃれに収納することができる。重たくてかさばるコートだからこそ、ほかの衣類とは違う場所で収納してみたりコート用のラックを作ったりするのも楽しいだろう。もちろん押入れに収納してもよいが、除湿対策や防虫対策をしっかりと行うようにしよう。これから次のシーズンまで収納しておく人は、より一層丁寧にしまってほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ