このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

散らかってしまいがちな洗濯バサミ!おしゃれな収納術を知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 2日

家庭にあるもののなかでも洗濯バサミは収納が難しい代表的な小物といえる。細々としているため散乱することが多く、どのように収納すればよいか悩む人も少なくない。では、多くの人はどのように洗濯バサミを片付けているのか。おしゃれな見栄えを維持するための収納のポイントはどのようなものか。ここからは、洗濯バサミを収納するおすすめの場所や、100均のアイテムを使った収納術などを紹介する。

1. 洗濯バサミの収納場所はベランダ?

洗濯機のそばなのか、ベランダの物干し場なのか。洗濯バサミの収納場所に悩む人は多い。家事は効率が求められるため、必要なときにすぐ取り出せるところに置く方が望ましい。洗濯バサミを収納しておくおすすめの場所をみていこう。

洗濯機周辺

袋の封をする代用品に洗濯バサミを利用する人もいるだろうが、洗濯バサミは本来洗濯物を干すときに使うものであるため、洗濯機の周辺に収納することが最も妥当だろう。収納用のかごを用意して吸盤で洗濯機に貼り付け、そのなかに洗濯バサミを入れることで必要時にすぐ使うことができる。洗濯機の側面は見落としがちな収納場所だ。

空間を有効活用することでうまく洗濯バサミを収納することも可能となる。また、洗濯機のうえにラックを用意し、洗濯バサミをはじめ洗剤やハンガーなどを片付ける収納方法もおすすめだ。すべてが一箇所に揃うため、洗濯がスムーズにできる。

洗面台の下

洗面台の下には観音開きの収納スペースが設けられていることが多い。マンションでは洗面台の隣に洗濯機パンが設置されていることも多いため、見えないように収納することで、おしゃれなイメージを失うことなく家をすっきりとした印象にもできる。洗濯動線も確保されつつ、あまり目立つ場所に洗濯バサミを置きたくない人にはおすすめの場所だ。

物干し竿周辺

洗濯機周辺とは対照的に、ベランダなど最終的に洗濯物を干す場所に洗濯バサミを置くことも賢い選択だ。干すときにすぐ手にでき、作業にも無駄がなくなる。かごに入れた洗濯バサミを物干し竿に掛けておけば、探す手間も省け散らかる心配もない。

屋根があるベランダでも、屋根がないバルコニーでも、洗濯バサミが雨で濡れたり、日光が当たったりすると劣化が早まるため注意しよう。

2. 100均アイテムを使ったアイデア収納術

100均アイテムは少しのアイデアで便利な収納グッズになる。洗濯バサミを収納する際も、綺麗にまとめることが可能だ。ここからは、洗濯バサミの収納におすすめな100均アイテムを使ったアイデアを紹介しよう。

プラスチックのかご

100均アイテムで洗濯バサミを収納するための定番アイテムはプラスチックのかごだ。多くの100均ショップで購入できるので重宝する。色も豊富に揃っていることが多いので、収納をおしゃれに楽しむこともできる。洗濯機周辺に置くことも、持ち手が付いていれば物干し竿に吊るすことも可能となるため使い勝手のよいアイテムだ。

ピンチバスケット

収納にもおしゃれ要素を取り入れたい人にはピンチバスケットがおすすめだ。大容量なので、洗濯バサミの数が多くても専用バスケットとしてすっきりと収納することが可能だ。また、中身が見えにくくなっていることから、家の景観を損ねることもない。さまざまなカラー展開をされていることもあり、楽しみながら選べる点も魅力的だ。

3. おしゃれ且つおすすめの洗濯バサミとは

洗濯バサミは商品によってデザインは大きく異なる。頻繁に使うと劣化してしまうためできるだけ耐久性の高いものを使いたい。またおしゃれさや使い勝手も大事なポイントだ。今では多くの商品が販売されており、なかにはおしゃれ且つ丈夫なものもある。洗濯バサミがおしゃれだと気分に応じて変えることもでき洗濯も楽しくなる。通販サイトでもおすすめの洗濯バサミが紹介されているため、チェックすることをおすすめする。

おすすめの洗濯バサミ

  • ステンレス製洗濯バサミ
耐久性が高く、プラスチック製の洗濯バサミによくある割れる心配がない。経年劣化をしにくい洗濯バサミは非常に有用だ。
  • 負担軽減洗濯バサミ
大切な服を干すときなど、衣類に洗濯バサミの跡をつけたくないときに使える。カラーラインナップも豊富なため可愛さもあるおすすめの商品だ。

結論

洗濯バサミの収納は場所と方法が重要であり、いかに洗濯の作業効率を落とすことなく片付けられるかがポイントだ。100均のアイテムを使えば、ひと手間かけるだけでおしゃれ要素を保ちつつ効率よく収納できるため、片付け方に悩んでいる人はぜひ活用してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ