このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コンロ下を有効活用!知っておくと役立つ収納術を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

食器や鍋など食事で使うことが多いものを収納する際に、活用できる場所がコンロ下だ。コンロ下は扉の様式によって収納術も変わるが、ちょっとしたスペースを無駄にしないためにもおすすめの収納術は把握しておきたい。そこで今回は、コンロ下には何入れるのかを挙げていき、おすすめの収納術を紹介する。

1. コンロ下収納には何入れる?

コンロ下は見落としがちだが、使い方次第で食器や鍋などを収納することができる場所だ。しかし、意外に使いこなせていない人が多く、スペースを持て余している。コンロ下には何入れる?と考えたときに思い浮かぶものをいくつか紹介しよう。

コンロ下に入れるもの

1.鍋・フライパン
料理には鍋やフライパンは欠かせないが、コンロ下にあることで取り出しやすく使い勝手もよい。同じ大きさの鍋やフライパンを重ねることで、スペースを十分に活用して収納することができる。隙間にキッチンペーパーを挟むことで、傷や汚れも防げるし、ブックスタンドを活用して縦入れすればスペースの有効活用もできる。コンロ下に何入れる?と考えたときは、まずやってみよう。
2.調味料
鍋やフライパンほどではないが、コンロ下に何入れる?と考えたときに思い浮かぶのは調味料だ。すぐに取り出せるところにあるので導線も効率的になり調理がしやすくなる。しょうゆや日本酒、みりんなどの背の高いボトルを入れるようにすると、コンロ回りもすっきりするだろう。

2. コンロ下が観音開きの場合の収納術

コンロ下が観音開きになっている家庭も多い。コンロ下が観音開きの場合には、奥に置いたものが取りにくくなることから何をどのように収納すればよいか悩んでしまう人も少なくない。観音開きの際に、うまく収納することができる方法を紹介しよう。

ラックを使い収納する

コンロ下が観音開きの場合には、道具をひと工夫して使うことで収納できる幅も格段に広がる。そこで活用できるアイテムがラックだ。ラックの活用で観音開きの扉の中に段差が生まれ、さまざまな食器や鍋・フライパンを収納できる。ラックは100均ショップでも売っているため、手軽に購入し効果的に利用することが可能となる。

突っ張り棒を使う

コンロ下が観音開きでも、スペースをぜひ活用したい。突っ張り棒はおすすめの役立ちアイテムだ。左右に突っ張り棒を固定し、必要な調理器具を置くだけと誰でも簡単に実行できる収納術となる。スペースを最大限に有効活用することで、コンロ下が観音開きの場合でもさまざまなものを多く入れることができる。

3. コンロ下がスライド式の場合の収納術

システムキッチンの流行りの移り変わりもあり、コンロ下がスライド式になっている家庭が増加している。すでに十分な収納スペースを確保しているが、上手に鍋や食器類を入れることでさらに有効活用できる。コンロ下がスライド式の場合は、アイテムを使うことで綺麗な「見せる収納」を実現しよう。

スタンドを使い収納をする

コンロ下がスライド式の家庭には、調理器具・食器類を効率よく収納するためにスタンドがおすすめだ。使いやすさとコストパフォーマンスの観点から100均のものでも十分である。コンロ下の大きさに合わせてスタンドを設置し、縦に並べるイメージで収納する。

収納スペースの全てにスタンドを配置するのではなく、半分のスペースのみを使うことがポイントだ。フライパンや食器類をスタンドに立てかけ、醤油や鍋などを平面部分に入れることで、何がどこにあるかも見やすく管理もしやすい。

蓋つきのボックスを使う

昔は米びつのある家がほとんどだったが、今は少ない。よって、キッチン収納でお米をどこにしまうか悩む人も多い。コンロ下がスライド式の場合には、米びつの代用に蓋つきのボックスを使うことでうまく収納できる。

お米を蓋つきのボックスに袋のまま入れることで、収納部をスライドして開けばすぐに取り出すこともできる。作業がしやすくなるうえ、ボックスには蓋がついているため衛生面も担保される。

結論

コンロ下を有効活用することで、キッチン周りは綺麗にできる。家庭によってコンロ下の扉は観音開きやスライド式などの違いがあるものの、どちらの場合でも工夫をすることで鍋や食器をはじめ、料理の際に使うさまざまな道具を美しく収納できる。たかがコンロ下、されどコンロ下。ぜひコンロ下をフル収納してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ