このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シンサレートの寿命。高機能中綿素材はどれくらい使えるのか?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月15日

ここ数年、羽毛より暖かいと紹介されているシンサレート。その暖かさはなんと羽毛の約2倍といわれている。真冬にはシンサレートを使用した布団が手放せなくなる人が増えているのも頷ける。そんな寒い冬に大活躍するシンサレートだが、使うほどに汚れや汗などが原因で寿命を縮めてしまうことをご存知だろうか。そこで今回は、シンサレートの寿命の原因とケア方法について紹介する。

1. シンサレートが汚れた時の対処法

「より暖かく、より薄く」をコンセプトに掲げた高機能中綿素材、シンサレート。羽毛より暖かく、その暖かさを逃がさないため真冬には手放せない寝具の一つと言える。できれば機能性を損なわず何年も使いたいのが本音だが、毎年使っていると気づかないうちに汚れていたなんてこともあるだろう。シンサレートの布団の汚れを除去せずにそのまま使っていると、寿命を縮めてしまうことになるが、汚れた場合はどうしたら良いのだろうか。以下ではシンサレートの布団の汚れの正体と除去方法を紹介する。


シンサレートの汚れの正体とは

シンサレート素材の布団は寒い冬に大活躍するが、そんな冬でも寝ている間には汗をかいているもの。代表的な汚れは以下のとおりだ。

  • 皮脂

シャツの襟裏などにも汗や皮脂がつき、黒くなってしまった経験はあるだろう。シンサレート素材も汗や皮脂が付着すると、その汚れが蓄積して機能性を損ない寿命を縮めてしまうのだ。


シンサレート素材の汚れの除去方法

シンサレートが皮脂や汗で汚れた場合は、適切な除去方法が必要である。シンサレートの寿命を延ばすための正しいホームケア方法は以下だ。

  • 自宅の洗濯機で洗う
  • クリーニングに出す
  • 汚れた部分に洗剤を直接付けて揉み洗い

シンサレートのメリットは洗濯機で洗えるということ。とくに気をつけるポイントもなく、手軽に家庭で洗濯ができる。

2. シンサレート素材に付着した皮脂や汗は寿命を縮める?

シンサレート素材に付着した皮脂や汗が蓄積すると、洗濯してもニオイが落ちなかったり、中綿素材がずっしり重くなり洗濯しても解消しない場合は寿命だと考えてよい。しかし、シンサレートは洗っても劣化しないのが特徴の一つであるので、寿命が長い素材だ。以下ではシンサレートの特性についても紹介する。


シンサレートの特性がすごい!

シンサレートの特性は何と言っても軽くて薄いのに暖かいというのが人気の理由だ。また、以下の特性からもシンサレートは人気を集めている。

  • 吸水性が1%以下で、保温性が失われない
  • 速乾性がある
  • 無臭でアレルギー物質を含まないため、人体に優しい

また、小さな子供がいる家庭では、防ダニや抗菌効果のあるものもあるので、目的に合った安全なものを選ぶとよいだろう。


シンサレートは吸汗に優れている

シンサレートは、吸汗効果も優れており静電気が起こりにくい。他の布団に比べてみても、シンサレートの布団はまだ発売から数年程度しか経っていないので平均寿命は定められていないが、他の布団よりも長持ちすると考えられている。

3. シンサレートのほこりを除去する方法


布団の悩みの一つであるほこり。シンサレートにもほこりは付着するが、実は一般的な布団に比べ、ほこりが出にくいのもシンサレート素材の特徴である。そのことからアレルギー体質の人にはおすすめである。


ほこりが出にくい理由

なぜシンサレートはほこりが出にくいのだろうか。実は、シンサレートは繊維の目が細かく、他の布団に比べてほこりが入り込まない仕組みになっている。繊維の隙間がとても細かくほこりが出にくいため、シンサレートの寿命が長いといわれる根拠となっている。

シンサレートのほこりの除去方法

もしシンサレートへのほこりの付着が気になったら、掃除機で吸い取るのが一番だ。また、水洗いや自宅での洗濯も可能なので、定期的に洗濯して細かいほこりを除去しよう。

結論

シンサレートは他の布団に比べると優れた点が多い。吸汗性や速乾性もあるため、汗による汚れも少なく、一般的な布団に比べると寿命が長い。しかし、そんなシンサレートも長年使っていると劣化してくるものだ。毎日使用する布団の寿命を延ばすためにも、高機能なシンサレートを選ぶとともに自宅での定期的なケアも大事である。

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ