このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

野菜室収納を極める!新鮮野菜を食べるためのひと手間

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

野菜室で野菜を収納する際、どのようにすればまとまりがでるのか悩んだことはないだろうか。野菜の収納方法というのはわかっているようで、実はうまくできていないという人が多い。購入後、なんとなく野菜室に入れているかもしれないが、実はちょっとした小技を使って野菜室を整理整頓することで、野菜をより長持ちさせることができるのだ。今回は、野菜を鮮度のいい状態でできるだけ長く保つ野菜室収納のコツについてご紹介する。

1. 野菜室収納には紙袋を活用

野菜は自然の状態に近い形で保存することが推奨されているが、そんな野菜の収納に便利なアイテムが紙袋だ。トマトは丸く長ネギは細長い。またホウレンソウは柔らかく、なすは形が不揃いなど、野菜によって形はさまざまだが、紙袋はどんな形の野菜の収納にも対応ができる。

特に、ニンジンや大根などの根菜類を立てて収納したい時には、場所を取らない優秀な収納アイテムとなるのだ。紙袋は、小さな隙間にも合わせて形を変えることができるため、野菜室に複数並べて立てて、その中に野菜を分類していくだけで効率のよい収納を実現することが可能となる。

紙袋ならショップでもらうものでも、100円均一で購入したクラフト紙袋でも何でもよい。紙袋によるフレキシブルな野菜室収納を、ぜひ体験してほしい。

2. 新聞紙で簡単!野菜室収納

水分を多く含んでいる野菜は乾燥を苦手としているが、野菜室での保管は水分管理が難しい。野菜室に入れているからといって水分が保たれるわけではなく、また水分が蒸発することによって野菜の鮮度はどんどん失われてしまう。

そんな野菜の水分管理において、救世主となるのが新聞紙だ。乾燥が苦手な野菜は、濡れた新聞紙でくるんでからポリ袋に入れて野菜室収納することをおすすめする。逆に水分が苦手な野菜は、乾いた新聞紙でくるんでからポリ袋に入れて野菜室で収納する。

新聞紙には優れた吸水性がある。野菜の水分を保つにも、水分から守って乾燥した状態を保つにもどちらにも適しているため、野菜室に入れる前にくるむことで鮮度は大きく違ってくる。新聞紙は、野菜室収納に非常に便利なアイテムだということを知っておこう。

最近は新聞を購読していないという家庭も増えているが、そういった場合は紙袋で代用しよう。吸湿性がある紙袋であれば、新聞紙の代わりとなる。

3. 100円均一アイテムで野菜室収納を効果的に

100円均一では冷蔵庫収納、野菜室収納などたくさんの収納アイテムが販売されている。100円均一はお財布に優しいため手軽に導入してみよう。野菜室を上手に活用するためのシリコンケースや、クラフト紙袋、プラスティックケースなど、用途に合ったものがあるはずだ。


デッドスペースを作らないためにも、重ねて収納できるプラスティックケースや、スペースに合わせて柔らかく変形できるシリコンケースは、非常に役立つのでおすすめだ。そのうえ、野菜の特性に合わせて縦にしたり、柔らかな野菜はつぶれないようにすることもできる。ケースを設置して野菜ごとに定位置を決めてしまえば、いつでも整然とした野菜室を保つことができるだろう。

結論

野菜を買ってきたままの袋に入れて、野菜室へ収納している人も多いのではないだろうか。野菜は日々の料理に使うものだからこそ、扱いやすい野菜収納を目指したいと誰もが思っているだろう。使いにくいと感じながらもどうしたらいいか分からず、なかなか整理整頓に手が出せないという人も多い。そんなとき身近にある新聞紙や紙袋、100円均一アイテムを活用して、きれいに使い勝手のよい野菜室収納を目指してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ