このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おすすめのフライパン収納術を紹介。キッチンをすっきりさせる!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

持っていない家庭はないと言っても過言ではないほど、フライパンは非常に利用頻度の高いキッチン道具だ。キッチンに収納する際は、取り出しやすくしたいと考える人も多い。しかし、意外に場所を取ってしまうフライパンをどのように収納すべきか悩んでしまう人は少なくない。そこで今回は、フライパンを収納するうえでおすすめの場所や、100均のアイテムを使った収納術などを紹介する。

1. フライパンを収納するおすすめの場所

フライパンを収納する場所はどこがよいのか。多くの家庭では複数枚のフライパンを所持しているが、コンパクトに折りたためるわけでもないため、必然的に収納場所や片づけ方に悩むことも多い。ここからは、フライパンを収納するうえでおすすめの場所を挙げていこう。

コンロ下

多くの人がフライパンの収納場所に選ぶのがコンロ下だ。コンロ下はある程度のスペースが確保されており、フライパンをはじめ鍋や食器類を入れることもできる。空間の広さに応じて横置きや縦置きなど、収納方法は臨機応変に対応する必要がある。

コンロ下の収納扉は観音開きとスライド式の2パターンあるが、空間処理が上手ければ、どちらの扉にせよ多くのフライパンを収納することが可能だ。おすすめの置き方は、観音開きであれば重ねて横置きに、スライド式であれば、本を並べるイメージで縦置きにすることでスペースを存分に活用できる。

シンク下

シンク下のスペースも、フライパンを入れるおすすめの収納場所である。比較的にコンロ下よりもスペースが広く取られているケースが多く、大きいサイズのフライパンを収納することも可能だ。排水パイプの兼ね合いや、コンロから少し離れるなどの使いにくさを多少感じるものの、頻度が低いものを選定して入れることで有効活用も出来る。キッチン用品の収納場所に欠かせないスペースだ。

壁に掛ける

フライパンを収納スペースに「入れる」ではなく、キッチンの壁に「掛ける」方法もおすすめだ。フックを活用し、持ち手部分を掛けることでレストランのキッチンを連想させるおしゃれな雰囲気にもできる。落ちないように注意が必要だが、取り出しやすさ・使い勝手のよさが抜群の収納場所といえる。

2. フライパンは100均のアイテムでうまく収納

テレビでも特集が組まれるほど、100均のアイテムは使い方次第で100円以上の価値を生む。最近では100均のアイテムもより充実し、「こんなものまで?」と驚くほどだ。

フライパンを綺麗に収納するときも同じく、100均アイテムを使わないのはもったいない。フライパン収納で使えるおすすめの100均アイテムをピックアップしていこう。

突っ張り棒

突っ張り棒は、収納に使われる代表的アイテムだ。フライパンを収納するうえでも例外ではない。スライド式の引き出し内に収納する場合は、突っ張り棒を「奥・手前」や「左・右」で固定しフライパンが立つように収納することで、空間を最大限に活用できる。

またシンク上に網棚がある場合も、ベランダの物干し竿の要領で、フックを四隅に垂らし手前と奥に突っ張り棒を2本引っ掛けることで、新たな棚が出来上がりフライパンを置くことも可能となる。

ファイルボックス

本来は資料や本を入れるファイルボックスも、キッチン用品を収納する道具に代用できる。ファイルボックスは100均のほとんどの店舗で取り扱っているといえるほど入手しやすく、横向きのフライパンがちょうど収納できるサイズでもある。

さまざまな大きさが売られているため、各フライパンに合ったものをサイズ違いでそれぞれ購入して階段のような見た目にするか、あるいは大きめの同じサイズを複数個買ってファイルボックス自体を揃えるかは好みにもなるが、スッキリと綺麗に収納できるおすすめのアイテムには変わりない。

3. フライパンの蓋はどう収納する?

フライパン本体よりも、蓋の収納方法で悩む人の方が多いだろう。引き出し内で重ねてもすぐバラバラになる。うまく収納するポイントは「壁」や「端」を活用することだで、画像のように壁にポケット型の収納スペースを作れば、フライパンの蓋もいとも簡単に且つ綺麗に片付けることができる。

壁に仕切りが設置できない環境であっても、100均アイテムでお馴染みのフックを2個使って立て掛けてしまえば、蓋もおしゃれに見えるに違いない。

結論

料理をする人であればあるほど、フライパンはすぐに取り出せるように収納したい。所持している数やそれぞれの大きさでも変わるが、おすすめの収納場所を把握し100均のアイテムを活用すれば、キッチンをスッキリ綺麗に見せることができる。作業もしやすくなるように、おすすめのフライパン収納方法を実践してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ