このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

タッパーの効率的な収納方法。100均アイテムやおすすめな収納方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月 7日

余った料理や食材、常備菜などを保存するのに何かと便利なタッパー。しかし、その便利さから数が増えてくると困るのが、棚や引き出しでの収納や、食材の入ったタッパーを冷凍庫などで保管する際の使い勝手ではないだろうか?というわけで今回、これらの悩みを解決し、より便利に活用するための工夫をまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スペースのある棚でタッパーを収納しやすくするには?

キッチンなどの吊り戸棚をはじめとして、備え付けの棚は収納スペースがあり、工夫次第でタッパーを効率よく保管することができる。さっそく、具体的なアイデアを紹介していくので参考にしてほしい。

100均などのカゴを活用する

多くの棚は収納スペースこそ十分なものの、仕切りなどが充実しているとはいい難く、多くの家庭で奥行きや高さを余すことなく活用できているとは言えない状態ではないだろうか?そんな時は、カゴの活用がおすすめだ。奥行きや高さがあるものを選べば、収納スペースを活かしつつ、種類ごとに分別できるようになり、使い勝手もよくなるだろう。また、取手付きのものを選べば、高い所でも出し入れしやすくなるので、ぜひ試してほしい。

ファイルボックスを活用する

ファイルボックスも収納を効率的にしてくれる定番アイテムだ。タッパーのシリーズを統一し、重ねてファイルボックスに収納することで、スペースを節約しつつ、出し入れもしやすくなるだろう。

2. 引き出しでタッパーを管理するのも効率的に!

棚と同じく、備え付けの引き出しも収納スペースが多いので、頻繁に使うタッパーを効率的に収納したいところだ。こちらも便利にするための方法を具体的に紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

仕切り板を活用する

引き出しの中でものが散乱し、収納スペースを十分に活用できず、出し入れがしにくくなっていないだろうか?そんな時は、仕切り板などでどこに何を収納するかを決めるとよい。タッパーの収納スペースが常に確保でき、効率力出し入れもできる。シンプルだが、効果的な方法なので、ぜひ試してほしい。

カゴやファイルボックスの活用

棚のタッパー収納でおすすめしたカゴやファイルボックスは引き出しにも使うことができる。タッパー本体と蓋を分別し、それぞれ重ねて収納することでコンパクトにまとまり、使い勝手もよくなる。

3. 冷凍庫などでタッパーの使い勝手をよくするには?

そもそもタッパーは、食材や料理を保存するために購入されている。使われていないタッパーの収納方法以外にも、冷凍庫などでの使い勝手もよくしたいと感じているだろう。そこで、ここからはその使い勝手を向上させるアイデアを紹介していこう。

シリーズ物で統一すると便利

シリーズ物のタッパーでなるべく統一すると、重ねたり詰めたりすることができるので、デッドスペースが発生しにくいというメリットがある。加えて、見た目もすっきりし、きれいに見えるので、目当てのものが探しやすくなるのでおすすめだ。タッパーは100均などで買うことができるので、思い切って買い替えを検討してみてはどうだろうか?

テプラなどで何を保存しているか記載する

デッドスペースがなくなるようきれいに収納したあと、中身を確認するためにいくつも取り出してしまうと、タッパーがごちゃごちゃになってしまうリスクがある。そこで、よく冷凍庫に保存するものが決まっているなら、テプラなどで中身を記載するとよい。探している物がより早く見つかるようになり、整然とされたタッパーの保管が維持できるだろう。

結論

食材や料理を保存するのに便利なタッパーだが、数が増えると収納や使い勝手を工夫しなければ、管理が大変になりがちだ。今回紹介した、棚や引き出しを有効活用する方法や冷凍庫などでの保管方法を参考に、ぜひタッパーをより便利に活用するきっかけにしてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ