このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

車の水垢をなんとかしたい!簡単に落とす裏技&付着しにくくする方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月 4日

きちんと洗車したつもりなのに、水垢汚れが残っているという経験はないだろうか。黒いボディや濃い色の車の場合はとくに汚れが目立つため、放置するわけにもいかない。そこで今回は、車のボディや、ガラスに付着した水垢を簡単に落とす方法を解説し、水垢が付着しにくくするための対策も紹介する。

1. 洗車しても落ちない水垢を取り除くには?

雨が降った翌日や洗車したあとの車の表面に、うっすらと曇りがかった汚れが見えることがある。よく見ると水垢のようだ。雨水や洗車した際の水滴を放置したことで、水分だけが蒸発し、空気中に漂う汚れや、水中のミネラル分だけが車の表面に残ってしまったからだ。

水垢は大きく分けて2種類ある。1つは水性の水垢で、上で説明した水滴が原因のもの。もう1つが油性の水垢で、グリースと呼ばれる油脂性の潤滑剤や、洗車後ボディに塗布するワックスなどが雨とともに流れ出すことでできる。

できてからそれほど時間が経過していない水垢であれば、水性・油性にかかわらず、カーシャンプーで簡単に落とすことができる。ところがしばらく放置してしまうと、これがなかなか厄介だ。表面にこびりつき、洗車しただけでは落ちないことも珍しくない。

なかなか落ちない水垢を取り除くのに便利なのが、キッチン用の中性洗剤だ。手順はカーシャンプーを使うときと同じように水で10倍程度に希釈し、十分に泡立ててからスポンジにつけてこすり洗いすればよい。キッチン用洗剤には研磨剤が含まれないため、傷をつける心配はない。

キッチン用の中性洗剤を使っても落ちない水垢には、水垢専用のシャンプーや、クリーナーを使うのがおすすめだ。いろんな商品が市販されているので、ぜひ試してみるとよいだろう。

2. ガラスに付着した水垢には酢が効く!

ガラスに付着した水垢は、頑固なものが多い。ガラスの水垢を落とす専用クリーナーもあるが、力が必要で骨が折れてしまう。

そんな厄介なガラスの水垢を落とすのにおすすめなのが、酢だ。ガラスの水垢の多くはカルシウムなどのミネラルが主成分である。ミネラルはアルカリ性を帯びていることが多いため、酸性の酢を使うことで水垢が中和・分解され、落としやすくなる。

やり方はとても簡単で、ティッシュペーパーに酢を含ませ、パックする要領で水垢が気になる箇所に貼るだけだ。15分ほどしたらティッシュペーパーを取り除き、酢をキレイに拭き取れば完了する。

注意点は、車のボディに酢をつけないようにすること。酢に含まれる酸によって塗装にダメージを与えてしまう恐れがあるからだ。万が一ついてしまった場合は、すぐに拭き取るようにしよう。

3. 水垢ができるのを防止するには?

水垢ができるのを防ぐことは可能だ。水垢の原因の一つに雨がある。地下駐車場など雨がかからない場所に停めておくことができれば、水垢防止になるだろう。水滴をすぐに拭き取るのも水垢防止策として有効だ。水垢は放置すると落としにくくなるので、帰宅後すぐにクロスなどでさっと拭くように心がけよう。

洗車後にきちんとワックスがけをすることで、水垢を防止することもできる。ボディに汚れがつきにくくなれば、雨に濡れても水垢になりにくい。

結論

車にできた水垢を放置してしまうと、簡単には落とすことができなくなる。頑固な水垢ができてしまったときは、キッチン用中性洗剤や、酢を使って効率よく取り除くのもよいだろう。ワックスを丁寧に塗布し、水滴が付着したらすぐに拭き取るよう心がけ、愛車をいつまでもキレイに維持して欲しい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ