このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

裁縫道具の収納アイデア。自宅保管も持ち運びも便利に!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月 6日

服のほつれやボタンが取れた時など、裁縫道具が活躍する機会は多い。しかし、針や糸、替えのボタンのような細かいものは、まとめておかないと紛失してしまうことも多い。裁縫道具は専用の収納を用意し、必要なときすぐに取り出せるようにしておこう。今回は自宅での収納のほか、持ち運びにも便利な収納を紹介する。

1. 100均を活用した裁縫道具収納

裁縫道具は針と糸のように使用頻度が高いアイテムと、そうでないものとに分けて保管するとよく、それには100均のプラスチックケースがおすすめだ。普段は使う方のケースだけ取り出せばよく、無駄がなくなるのだ。むき出しで収納するのもよいが、全てを大きなケースにまとめてもよい。

裁縫道具が入るのならば、外観にこだわりギフトボックスに入れてもよい。そうすれば使わないときはインテリアとしても機能する。また、自宅内で裁縫道具を移動する必要があるのであれば、取っ手付きのケースを選ぶのもおすすめだ。取っ手があれば片手でも運べるので、もう一方の手で直す服も持てる。

裁縫箱の中で重ねる

2つのケースは横並びにするだけでなく、縦に重ねて2段にしてもよい。上段によく使う裁縫道具、下段にそれ以外とすれば使いやすくなる。針なら針、糸なら糸とアイテムの種類別で細かく分類してもよい。全てのアイテムを一つにまとめてしまうと、糸が絡まったりケース内がごちゃごちゃしてしまうので注意しよう。

引き出しを丸ごと裁縫箱に

横並びの保管にこだわるなら、デスクの引き出しを1箇所裁縫道具専用の収納としてもよい。引き出しの中に100均で買えるようなケースで小分けにすれば、より便利になる。100均でケースを選ぶ際は、引き出しに入るのか、きちんと高さや奥行き、横幅のサイズを確認してから買いにいこう。引き出しは普段デスクに格納されているため、ケースではなくトレーで分けてもよく、使用頻度の高い裁縫道具は手前に入れておこう。

ラベリングで探す手間を省略

裁縫道具をまとめるにあたって保管場所だけを決め、個々のケースはむき出しのまま配置するアイデアもあり、裁縫道具を取り出す手間を省きたいならおすすめだ。100均でラベルシールを手に入れておくとなおよい。中身についてラベルに記入し、判別しやすくすれば裁縫箱に入れずとも裁縫道具だとわかる。

2. 持ち運びはコンパクトケースにお任せ

裁縫道具を持ち運びたい場合は、100均の薄いケースに収納しよう。カード類やステーショナリー用のケースならカバンにも入れやすく、仕事中や外出先で服のほつれが気になるときに活躍する。

見た目だけでなく中身もコンパクトにするのがコツだ。持ち運び用のケースには、針と糸、ハサミは最低限入れておきたい。糸は本体から少量を取り出して携帯用ケースにしまうとよく、ウッドピンチに巻き、先端を挟んで使いやすくしよう。ハサミは軽量化のため、爪切り用などを小型のものを採用してもよい。

ケースをコンパクトにするなら、箱ではなく袋を持ち運び用とするのもよい。ジッパーのように閉じられるタイプならカバンの中で散乱する心配もなくなり、透明の袋であれば中身の判別も容易になる。

ジッパー袋は自宅での収納にも便利で、立てて保管すれば収納スペースがコンパクトで済む。袋が立たない時は、ブックエンドやファイルケースを活用するとよく、ファイルケースはボックスタイプを選び、裁縫箱の代わりとしてもよい。

3. あるものを再利用した裁縫箱アイデア

100均で購入するのではなく、自宅にある箱類を再利用するアイデアもあり、たとえば使わなくなった弁当箱を使う方法だ。2段の弁当箱なら、頻繁に使うものとそうでないものとの区別が可能で、おかず用の仕切りも道具の分類に使える。

携帯用なら、キャンディケースを使うアイデアを採用したい。飴に限らずお菓子の空き缶は小ぶりでデザインがよいためおすすめだ。缶は紙製よりも安定しており、カバンの中でつぶれにくい。

使わなくなったポーチを再利用するアイデアもある。ポーチならハンドルやショルダーベルトなどが付いており、持ち運ぶのに便利だ。わざわざ取っ手付きのケースを用意する手間も省け、携帯用としてカバンに収納しても違和感がない。

結論

裁縫道具は細かいアイテムが多いが、種類別に分類し、使用頻度に応じて収納すると出し入れが容易だ。100均で購入できるケースのほかにも、弁当箱など使わないケースがあれば再利用するのもよい。ほつれてしまった服は、きちんと整理した裁縫道具ですぐ直してしまおう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ