このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

災害に備えて万全の対策を!防災情報のチェックと防災グッズのすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月16日

大災害が発生した際、被害をできるだけ小さくするためには、ひとりひとりが状況に合った正しい行動をすることが欠かせない。いざというときに冷静に対応するためには、普段から災害への関心を高め、必要な知識を備えておくなど、心構えを身につけておく必要があるだろう。そこで今回はチェックしておくべき防災マニュアルや自治体ごとの防災情報について解説する。用意しておくと安心できる災害グッズについても紹介する。

1. いざというときに役立つ!消防庁の防災マニュアルが便利

災害は突然やってくる。とくになんの前触れもなく発生することが多い地震に際しては、慌てて間違った行動をしてしまうと裏目に出て被害を拡大させるケースが少なくないという。いざというときに自分や大切な家族、周囲の人々の命を守るためには、日頃から防災情報に通じ、的確な行動ができるよう準備しておくことがきわめて重要だ。

地震災害に関する正しい知識を身につけるうえで便利なのが消防庁が提供している防災マニュアルだ。地震が起きたときの対応や、事前の備えなど、詳しくまとまっているので参考になる。

例えば、デパートにいる場合は、陳列棚からなるべく離れ、エレベーターホールなど商品が少ない場所や柱付近など強度の高いところに身を寄せるという具合に、とっさにとるべき行動が被災場所ごとに細かく示されている。住宅の場合でも、風呂、トイレ、台所、寝室など、部屋のタイプに応じた対策や注意点がわかるようになっている。

車に乗っている時間が長い方は「運転中の場合」、電車で移動することが多い方は「鉄道」「地下鉄」などの項目が役に立ちそうだ。

さらに揺れが収まったあとの行動もきちんとマニュアル化されている。「身の安全の確保」「避難の判断」「避難の行動」という具合に順序立てて書かれており、知っておくと冷静に適切な行動ができそうだ。

「火災に遭遇した場合」や「初期消火」「救出・救護」の方法など、救命につながる知識や帰宅困難の備えなど、有益な情報も多い。出火・家具の倒壊などを防ぐための情報など、防災マニュアルには知っているようで知らない情報が少なくないため、ざっと見ておくとよいだろう。

2. 各自治体ごとの防災情報も事前にチェックしておこう

災害時には避難場所や避難ルートなど、地域情報の有無が生死をわけることもある。災害時に素早く行動するためには各自治体ごとの情報にも目配りをしておきたい。

内閣府が提供している「防災情報のページ」では、各自治体ごとの防災関連ページが一覧できるようになっている。住んでいる周辺の防災情報にスムーズにアクセスでき便利だ。

例えば、東京都では防災マップを提供し、一時滞在施設や避難所、給水拠点、医療機関、災害時帰宅支援ステーションなどの場所を検索できるようになっている。いざというときにインターネットを利用できる環境にあるとは限らないので、該当するページにアクセスして、必要な情報を事前に取り出しておくのがよさそうだ。

また、災害時にはコミュニティFMなどを通じて自治体の緊急情報などが発信されるケースもある。お住まいの地域が取り組んでいる試みについてもあわせてチェックしておくのがおすすめだ。

3. すぐに始める災害対策!災害グッズのすすめ

すぐに始められる災害対策として、災害グッズを準備することも大切だ。いざというときに素早く行動するためには、災害グッズを集めた非常用持ち出しバッグの準備が欠かせない。最低限必要なものとして、例えば首相官邸では以下のようなグッズを挙げている。

・飲料水
・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
・ヘルメット、防災ずきん
・マスク
・軍手
・懐中電灯
・衣類
・下着
・毛布、タオル
・携帯ラジオ、予備電池
・携帯電話の充電器
・使い捨てカイロ
・ウェットティッシュ
・洗面用具
・携帯トイレ
・ミルク・紙おむつ・ほ乳びん(乳児がいる場合)

以上のものが人数分必要になる(食料は最低でも3日分)。災害グッズを揃える過程は、災害時になにが必要とされるのかを考えるよい機会にもなるはずだ。ぜひ参考にしてみてほしい。

結論

災害時、慌てて間違った行動に出ることが被害を拡大させることもある。いざというときに冷静かつ適切な行動をするためにも、日頃から災害情報をチェックしたり、災害グッズを揃えたりして災害意識を高めておきたいところだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ