このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

口で測定する体温計は汚い?正確に測定する方法と平熱について

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月13日

体温計は脇で測るものと思っている人は多い。しかし、種類によっては口で検温するものも流通している。体温計を口に入れると、汚いイメージを抱く人も多いようだ。そこで、体温を口で測定する際の衛生面での注意点や、平熱の測り方について解説する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 体温計を口に入れるのは汚い?

体温計には種類があり、一般的な脇で測定する体温計のほかに、口で検温するものもある。口で測定する婦人体温計は、基礎体温を正確に記録するために、小数点第2位まで測定可能となっている。しかし、中には体温計を口に入れて何度も使用するのは汚いと感じる人もいるだろう。衛生面が気になる人の対策法をいくつか紹介する。
  • ウェットティッシュで拭く
  • サッと水洗いしてティッシュで拭く
  • アルコール綿で拭く
口で測定する体温計は、使用後に衛生面での対策をしている人が多い。たとえ抗菌の体温計でも気になるのだろう。使用後の手入れは欠かさず行っているようだ。

2. 体温計を使用する際の口、脇、耳の違いとは?

体温を測定する際、体温計をあてる場所によっても違いがみられる。
  • 脇で測定する場合、耳に比べ外気の影響を受けやすい
  • 口での測定は短時間で測定できるが、感温部が正しい位置からずれると正確に測定できず、体温計で測るのが難しい
  • 耳での検温は早く測定できるが誤差が出やすく、自分で測るのが難しい
測定方法も口、脇、耳と違いがあり、一般的に多く使われているのは脇で測定するタイプの体温計だ。耳で測定する体温計は、早く測定できるので小さい子供がいる家庭から人気がある。また口で測定する体温計は、より詳細な数字が出るので、基礎体温をつけるにはおすすめだ。それぞれの特徴を知り使う人や、目的に合わせた体温計を選ぶとよいだろう。

3. 口の体温計を使って平熱を知る方法とは?

なぜ口で体温を測るの?と疑問に感じたことはないだろうか。実は皮膚の表面など、外からの影響を受けやすい部位では正確に測定することができない。そのため、季節や環境の影響を受けにくい口で測定する方法が適しているのだ。

平熱を測る際の注意点

口で平熱を測るには、タイミングが重要となる。普段の生活の中で、体温が上昇するタイミングがあることを知っているだろうか。
  • 食後
  • 運動後
  • 入浴後
これらの動作後は体温が上昇しているため、平熱を測定するには適していないので、最低でも30分、時間を置いてから測定する必要がある。より正確に平熱を知るためには、起床時、午前、午後、夜の計4回体温を測定するとよい。また何日かに分けて測定すると、季節による違いなども知ることができるので試してみよう。

4. 口で正確に体温を測定する方法

口で体温を正確に測定する正しい方法は、意外にも知らない人が多い。そこで、口で測る体温計の正確な使い方や、手順について解説していく。

口で測る体温計を使う手順について

  • まず、体温計の感温部を舌の裏の付け根にあてる。
  • 舌で密着させた状態にしてから口を閉じる。
  • 感温部がずれないように手で支える。
測定している間はなるべく舌を動かさず、口を閉じたまま待まとう。舌を動かしたり口を開けたりすると体温が測定できないので、注意しよう。また、口の中によって温度も異なるので、正確に測定するためにも毎回同じ場所で測るよう心がけよう。

また、口での検温は脇で測定するのとは違い、衛生面が気になるだろう。使用後はしっかりアルコール綿などで拭き、体温計の共用は、なるべく避けることをおすすめする。

結論

口で測定する体温計は使い方が難しいので、正しい知識を得たうえで使用しよう。衛生面が気になる人は手入れ方法もさまざまあるので、参考にするとよいだろう。また体温計を使用する際には、使い方や測るタイミングを守って正しく測定しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ