このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝室の収納大丈夫?おしゃれに魅せる収納術や収納スペースの増やし方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月30日

寝室が衣類や物であふれかえっていないだろうか。1日の疲れを癒すことのできる寝室だからこそ、見た目をスッキリさせて心地よい空間にしたい。寝室のスペースを活用して、収納力をアップさせるためのポイントや、壁面に棚を作る方法を紹介する。

1. 寝室の使い方を見直せば収納量アップ!簡単にできる収納のアイデア

寝室に収納スペースが足りないときは、現状の寝室の使い方を見直してみよう。散らかっている物を収納するためのアイデアを紹介する。

収納前に目的を考える

ベッドの周りに衣服や本などが散乱してしまい、ごちゃごちゃしているときは、寝室を使う目的が混在しているかもしれない。服を着替えるため、リラックスするため、寝るためなど、目的別に収納を考えてみよう。

衣類をスッキリ収納するアイデア

寝室にクローゼットがある場合は、服の配置を見直してみよう。着る頻度の高い服はハンガーラックにかけるようにすると、省スペースになるだけでなく、たたむ手間も省くことができる。季節外れの衣類や小物は、収納ケースに入れるとスッキリして見える。ケースの上には普段使いのカバンなど、使用頻度の高い物を置くと取り出しやすくなる。クローゼット上部に棚がある場合は、季節ものの家電など、しばらく使わないような物を入れるとよい。

着替えたあとのパジャマは、ベッドの周りに放っておくのではなく、カゴなどに入れておくと見た目がスッキリする。

ベッド周りをスッキリ収納するアイデア

ベッドの周りにも実は収納スペースが隠れていて、ベッド下に引き出しが付いている場合は活用したい。収納用の引き出しがなく、ベッド下のスペースがあいている場合は、高さに合わせて収納ケースを置いてみよう。キャスターの付いたケースを使えば、スムーズに出し入れできる。本や小物など、リラックスするために必要な物をしまうときにも活用したい。ただし、ベッドの下は湿気がたまりやすいので、ときおりケースや引き出しをあけて空気を通すようにしよう。

2. 床にスペースがなくても大丈夫!寝室の壁に棚を設置しよう

寝室にある収納スペースをフル活用しても物が収まらない、という場合は、棚の設置を検討したい。床に棚を置く場所がなくても、壁面に棚を作れば収納スペースを増やすことができる。難しく思うかもしれないが、ちょっとした棚であれば、初心者でも簡単に作ることができる。

棚受け金具を使った棚の作り方

壁にちょっとした小物を置ける棚を作りたい場合は、L字型の棚受け金具と板を用意すし、金具をネジで壁に固定し、上に板を置けば完成だ。

すのこを使った棚の作り方

100円ショップやホームセンターで購入できるすのこと、金属製のウォールラックを組み合わせれば、簡単におしゃれな棚ができる。すのこの縦と横の板が交わっている場所に合わせ、ウォールラックをネジで取りつける。ネジがすのこを貫通した場合は、メラミンスポンジなどやわらかい素材のものをボンドで取りつけておくと壁面を傷付けずにすむ。壁にフックを取り付け、すのこをひっかければおしゃれな棚の完成だ。タオルなど軽い物の収納に利用したい。

ワイヤーネットを使った棚の作り方

ワイヤーネットを壁に取りつけるだけで、アクセサリーや腕時計などの小物を吊り下げることができる。カゴをひっかければ、さらに収納量をアップさせることができる。ほかにも壁掛け用の棚が売られているので、気に入った物を設置してみてもよい。重たい物を置くと棚が壊れてしまうこともあるので、強度に合わせてうまく使いたい。

3. 穴をあける必要なし!賃貸でもできる寝室の収納スペースの増やし方

賃貸住宅に住んでいる場合、寝室の収納スペースを増やすために穴をあけることは避けたいだろう。壁に穴をあけなくてもできる収納スペースの増やし方を紹介する。

つっぱり棒を活用

床から天井まで届くような長さのあるつっぱり棒を利用すると、縦のスペースを有効活用することができる。つっぱり棒にフックを取り付け、コート掛けやカバン掛けにしてもよい。つっぱり棒用のトレーを使えば、小物を収納することもできる。壁から向かい側の壁にかけてつっぱり棒を設置すれば、頭上のスペースも活用できる。

穴をあけずに壁面に棚を作る

壁に穴をあけずに棚を作ることができる専用器具もある。DIY初心者でも簡単に設置できるパーテーションや棚のセットを使えば、組み立てるだけで収納スペースを増やすことができる。DIYでよく用いられる2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる木材に取りつけることで、つっぱり棚を作ることができる部品もある。固定した木材の上であれば、画鋲や釘を使って棚を増やしても、壁面に穴をあけずにすむので、賃貸住宅でも安心だ。

ロフトベッドを置く

備え付けのベッドがない賃貸住宅の場合は、ロフトベッドを置いてみるのもよい。ベッド下のスペースがまるごとあくので、収納量が格段にアップする。

結論

寝室の収納を考えるときには、目的別にスペースを分けることがポイントだ。衣類はクローゼットの中に、そのほかの物はベッド下に置くなど、用途別に場所を区切るとスッキリする。収納スペースが足りないときは、壁面を有効活用しよう。賃貸の場合でも壁を傷付けずに棚を作ることができる製品があるので、使ってみてはどうだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ