このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おしゃれに収納するコツを部屋別に解説!100均アイテムを使うと効果的?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月23日

おしゃれな室内を目指し収納の工夫をしても、なぜかイメージ通りにならないことはないだろうか。もしかしたらその原因の一つは、頻繁に使うために出したままになりがちなモノのせいかもしれない。ここでは、部屋ごとの出したままになりがちなモノを取り上げ、その収納のコツについて紹介する。

1. リビングで出したままになりがちなモノをおしゃれに収納するコツ

リビングは家族が集まる場所であるため、家族で共有したい情報の書かれた書類などは、すぐ見える状態にしておくと便利である。とくに、今後の予定の日時が書かれたお知らせなどは、目に付くところに貼っておきたいものだ。つまり、リビングでは、期日が関係する書類や家族で共有したい書類は、出したままになりがちなモノといえるだろう。

おしゃれな書類収納のコツ

期日に関する書類の収納には、リビングのインテリアに合わせてアレンジした、コルクボードを活用するとよい。たとえば、コルクボードのフチをインテリアと同系色に塗り直したり、ソファーと同じ素材の布を貼ったりすると、実務的になりがちな空間をおしゃれに生まれ変わらせることができる。

期日に関係なく家族で共有したい書類は、書類用収納スペースを作り、インテリアと同系色のファイルボックスやインテリアと同じテイストの収納ボックスに収納するとよい。その際、ファイルボックスやフォルダに、フォントにこだわったおしゃれなラベルを貼ると、何の書類が収納されているかわかりやすいうえ、インテリアの邪魔にならない書類収納が可能となるだろう。

2. キッチンの調味料をおしゃれに収納するコツ

キッチンにある使用頻度の高い調味料は、料理の際、毎回出し入れしている余裕はないという方も多いのではないだろうか。とくに慌ただしい毎日を送っている家庭では、使用頻度の高い調味料は、出したままになりがちなモノといえるだろう。調味料の中でも塩・胡椒に関しては、調理のときだけでなく食事の際に使う場合もあるため、カウンターの上などに出したままになっていることも多い。

おしゃれな調味料収納のコツ

出したままになりがちな調味料は、おしゃれな調味料ラックを購入し、見せる収納として工夫してはいかがだろうか。DIYが得意なら、壁に調味料用のおしゃれな棚を作ってもよいだろう。その際、塩・胡椒・唐辛子などは、同じデザインとサイズの小瓶を100均などで購入して移し替え、さらに調味料の小瓶に同じデザインのラベルを貼って統一感を出すのがおすすめだ。

調味料だけでなく、片栗粉やマカロニなどの乾物も調味料と同じデザインの一回りか二回り大きめの瓶に入れて棚に並べれば、より洗練されたインテリアになるだろう。

3. 子供部屋のおもちゃをおしゃれに収納するコツ

おもちゃは子供の知育の道具としても役立つモノであるため、子供には月齢に適したおもちゃでめいっぱい遊ばせたいことだろう。そんなおもちゃの収納に関しては、「子供自身が片づけやすいこと」「子供がいつでも選べる状態にしておくこと」「ついわくわくしてしまうような見える収納にすること」などを念頭に置くとよい。おもちゃで遊ぶことは、子供にとっては大切なことの一つであるが、頻繁に遊ぶおもちゃは出したままになりがちなモノともなるので、これから紹介するおもちゃ収納のコツをぜひ身につけてほしい。

おしゃれなおもちゃ収納のコツ

ブロックやおままごと道具などのこまごまとしたおもちゃは、同じ形と大きさのケースに入れるとよい。購入したままのケースは大きさも形もバラバラで、室内の統一感を損ないがちだが、同じ大きさや形の収納ケースや箱に入れ替えると統一感が出て子供部屋もおしゃれになるだろう。おもちゃごとにケースの色を変えてカラフルにすると、明るい感じの子供部屋にすることもできる。

収納ケースに移した際には、おしゃれなシールに手書きで絵を描いてケースの側面に貼っておくと、ケースに何が入っているか分かりやすいうえ、子供が片づける際の目安になる。ケースはプラスチック製収納ケースでもよいが、インテリアに合わせた布を貼った箱をDIYしてもよいだろう。

ただし、小さなぬいぐるみや人形がたくさんある場合は、ふたつきのケースよりおしゃれなかごに並べて入れると、かわいく片づけやすい見せる収納にすることができるので試してみてほしい。

結論

日常生活の効率を考えると出したままになるものが増えるため、室内が雑然とし、生活感が出やすくなる。ワンランク上のおしゃれな室内を目指すなら、出したままになりがちなモノの収納を見直すことから始めてみてはいかがだろうか。その際は、今回紹介した収納のコツも参考にしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ