このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

効率よく家事を済ませるための収納アイデアをグッズ別に公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

収納の仕方を考えたとき、取り出しやすさを優先させることで日々の生活がよりスムーズになるモノがある。たとえば日常頻繁に使うモノ、忙しいときサッと取り出したいモノなどがそうだ。ここでは、取り出しやすさを優先させるとよいモノをピックアップし、おすすめ収納アイデアとそのメリットを紹介する。

1. キッチンの調理道具の収納アイデア

忙しい毎日を送っている家庭では、できるだけ効率よく家事を済ませたいものである。キッチンでの調理作業は1日1回とは限らないことを考えると、頻繁に使用する調理道具の収納方法は、出し入れのしやすさを優先して決めるとよいだろう。

まな板、ざる、フライ返しは吊るして収納にする

頻繁に使用する調理道具には、まな板、ざる、フライ返しなどが挙げられるが、そのような調理道具は、吊るす収納にすると家事効率を上げられる。なぜなら、引き出しや扉の開け閉め動作が不要となるため、調理道具が出し入れしやすくなるからだ。そのうえ、吊るしておくことで多少の湿気を乾燥させることができるので、拭く時間が節約できるというメリットもある。

木製のまな板や、竹製のざるを使用している家庭では、使用後すぐにキッチンのシンク下収納に片づけると湿気がこもりやすいので、カビの心配があるのではないだろうか。しかし、吊るす収納にすれば通気性がよくなるため、衛生面を考慮した場合の収納方法としてもおすすめである。

包丁は包丁専用磁石収納にする

包丁も頻繁に使用する調理道具の一つだが、包丁収納には、キッチンの壁を利用した包丁専用の磁石収納がおすすめである。吊るす収納と同様、取り出しも片付けも簡単だ。小さい子供のいる家庭では、手が届かない壁面に貼ることで安全対策になるというメリットもある。

2. 洗面所の歯ブラシの収納アイデア

小さい子供のいる家庭では、歯磨きを進んで自分からする習慣をつけることは重要である。そのためにも、洗面所の歯ブラシは、子供にとって取り出しやすく片づけやすい場所であることを優先して決めるとよいだろう。

歯ブラシは洗面台手前の壁面を利用する

洗面所の歯ブラシは、子供の取り出しやすさを考えた場合、できるだけ洗面台手前に置いた方がよい。しかし、洗面台手前に歯ブラシスタンドを置くと邪魔になる場合は、洗面台手前の壁面を利用してはいかがだろうか。

壁面を利用した収納方法としては、吸盤タイプの歯ブラシホルダーを取り付ける方法や、細めのポールを壁面に取り付け、S字フックを使って吊り下げる方法などがある。洗面台の手前に吊るすことで、子供にとっても取り出しやすく片づけやすい収納となるだろう。

吊るす収納は置く収納よりも歯ブラシが乾燥しやすいため、ぬめり対策になるというメリットもある。ただし、洗面所の造りは各家庭で異なるため、吊り下げた歯ブラシの真下が木製の台の場合は、水受け用トレーを置くなどの対策が必要なので注意してほしい。

3. 玄関の傘の収納アイデア

忙しい朝、慌てて家を出ようとしたときに雨に気づき、傘を取り出すために時間を取られ焦ったことはないだろうか。そのような事態をできるだけ避けるためにも、玄関にある傘の収納場所は、サッと取り出せることを優先して決めるとよいだろう。

傘は玄関ドア近くに掛けて収納する

傘は玄関ドア近くに収納場所を決め、掛けて収納する方法がおすすめだ。傘立てに何本もの傘がぎゅうぎゅうに詰め込まれている場合などは、傘を一つ一つ手に取って確かめながら使う傘を判断しなければならないが、傘掛けであれば傘全体を見渡すことができるため、傘選びの時短にもなる。

また、傘立てに収納する場合、傘立ての形状によっては底に溜まったホコリの掃除がしにくいというデメリットがあるが、掛けて収納する方法であれば、傘の下の掃除が簡単にできる。傘掛けの方法としては、市販のアンブレラハンガーを利用する方法や、玄関扉近くの壁面に傘用壁掛けフックを設置する方法があるので参考にしてほしい。

結論

今回は取り出しやすさに注目し、生活に役立つおすすめの収納アイデアを紹介した。日常的に使用するものに取り出しにくさを感じているモノがある場合は、今回紹介した視点で収納方法を見直してみてはいかがだろうか。取り出しやすさを優先させた収納方法にすることで、より快適で心地よい生活を送ることが可能となるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ