このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ゴアテックスの洗濯どうしてる?知っておきたい素材を守る洗濯のコツとは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月24日

アウトドア用品として名高いゴアテックス。最近ではファッションアイテムにも使用されるなど、身近なものになりつつある。ゴアテックスは撥水性や防水透湿に優れており、高い性能を誇る人気素材だ。しかし、洗濯の際にどうすればよいか悩む人も少なくない。そこで今回は、ゴアテックスを洗濯するうえでの注意点や正しい取り扱い方を紹介する。

1. レインウェアであるゴアテックスを洗濯する前に

ゴアテックスを洗濯するには、さまざまな点を確認する必要がある。取り扱い方を誤ってしまうと、レインウェアとして高機能なゴアテックスを台無しにしてしまう可能性があるからだ。長く愛用していくために必要な知識を把握しておこう。

タグの確認

ゴアテックスを洗濯する前には、必ず表示タグの確認が必要だ。タグには洗濯方法が記載されており、ゴアテックスの種類によって洗濯機が使えるものか、手洗いのみ可能なものかに分かれる。また、乾燥機の使用が可能かどうかも表示されているため、しっかりと確認しよう。誤った方法でゴアテックスを洗濯すると素材を傷めてしまい、レインウェアとしての機能が劣る可能性が生じる。

洗濯ネット・洗剤の用意

ゴアテックスを洗濯する際の必需アイテムは洗濯ネットだ。ゴアテックスを優しく洗いあげるだけでなく、縮みを防止するために必要不可欠となる。また、洗剤は中性洗剤を使用することがポイントとなる。ゴアテックスを傷めてしまう可能性があるため、漂白剤や柔軟剤の成分が入った洗剤は避けよう。

ファスナーは閉じる

ゴアテックスのファスナーはすべて閉じてから洗濯をしよう。これはファスナーを開けて洗濯すると衣類に負荷がかかり、素材が傷ついてしまう恐れがあるからだ。ポケットのなかも洗濯できるようポケットのチャックを開けたまま洗濯機に入れる人も少なくないが、ゴアテックスの場合はNGとなる。

コード類は緩める

ゴアテックスはレインウェアとしても活用できるため、水の侵入や雨風を防ぐためにドローコードが使用されているケースが多い。洗濯機に入れる際、必ずコードを緩めることが大切だ。コードを締めたまま洗濯をすると汚れ残りの原因となるだけでなく、洗濯洗剤の固まりがこびりついてしまう可能性もあるため注意が必要だ。

2. ゴアテックスの洗濯に柔軟剤は使える?

ゴアテックスを洗濯する際、柔軟剤を使用できるのか悩む人も少なくない。柔軟剤を使うと衣類を柔らかく仕上げたり、よい香りをさせたりもできるが、ゴアテックスに柔軟剤は使えない。これは、柔軟剤に少量の漂白剤や芳香剤が含まれている可能性があるためだ。

本来、柔軟剤は衣類に付着して効果を発揮するものだが、撥水性が特徴のゴアテックスに芳香剤などが付いてしまうと、素材のパフォーマンスが低下してしまうことがある。また、洗剤のなかには柔軟剤や漂白剤の成分が含まれているものもあるが、漂泊剤は素材の通気性を悪くする可能性があるため、使用は避けた方がよい。洗濯の際は、何も混じっていない洗剤を使用しよう。

3. ゴアテックスの洗濯後は撥水としわ取り

洗濯し終えたあとは、一旦日陰でゴアテックスを干そう。ゴアテックスは撥水性に優れているため、脱水作業はせずハンガーにかけるだけでよい。乾かしたあとはゴアテックスの撥水性を維持するために、ある作業が重要となる。それは、乾燥機かアイロンを使用して素材に熱を加えることである。

ゴアテックスは熱が加わることで撥水機能が回復するため、乾いたらアイロンをかけるか、乾燥機にかけることで撥水性を維持することができる。また、アイロンをかけることで、服のしわも取れるため非常におすすめだ。

アイロンがけの際は、あて布をして低温でアイロンをかけるようにしよう。熱を加えたあとは、アウトドアショップなどで販売されている撥水スプレーを5回ほど吹きかけよう。この際、多量に吹きかけるとシミになる可能性もあるので、小分けにして吹きかけよう。

結論

衣類の洗濯は、素材の種類によっては手順が難しいものもある。なかでもゴアテックスは特殊な素材であるため、通常の衣類とは別物と考えて手入れをすることが大切だ。注意点をきちんと押さえ、良好な状態でゴアテックスを使用できるよう、適切な洗濯方法をマスターしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ