このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンワゴンは何をしまう?台所収納以外にも役立つアイデア集

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

キッチンワゴンはキッチンと名がついているものの、リビングや寝室など、様々な場所で活躍できる。もし散らかっている部屋があるなら、キッチンワゴンを使って整理整頓を行ってみよう。今回は、キッチンワゴンに収納すると利便性もあがる荷物をメインに紹介する。

1. キッチンワゴンを使った食器の収納

キッチンワゴンを食器入れとして使うこと人は多いだろう。しかしただ重ねる以外の収納方法もおすすめしたい。例えば直接食器をキッチンワゴンへ入れるのではなく、水切りがついたカゴを入れ、その中に食器をしまう方法だ。洗った直後の食器でもすぐしまうことができるので、食器乾燥機のない家庭にもおすすめしたい。まだ濡れている食器は1番上にして、乾いたら下段へ移していけば食器の置き場にも困らないだろう。下段の食器は布巾をかけて、ホコリや汚れがつかないように対処しよう。小さな食器は仕切りで分けたり、小さなケースでまとめてしまうとよい。食器用のケースだけでなく、ファイルケースやギフトボックスも使おう。お菓子の空き箱などがあれば、わざわざ購入せずとも代用になる。食器のみならず調味料や、鍋など大型の調理器具を収納するにもキッチンワゴンはうってつけだ。とくに最上段は天井がないので、高さがある食器や器具も収納しやすい。普段からシンクの上に鍋やフライパンを出したままなら、キッチンワゴンに移動するだけでも台所の省スペースに繋がる。

2. キッチンワゴンいろんな場所で必要なベビーグッズ収納にも使える

キッチンワゴンは移動できるタイプがほとんどだなので、ベビーグッズの収納にもおすすめだ。急にミルクやオムツが必要になったときも、キッチンワゴンごと持ってこられるので楽なのだ。最下段はオムツ、最上段は哺乳瓶や粉ミルクなど、種類別に分けてしまうと使う際も困らない。オムツなどの消耗品は最小限キッチンワゴンに収納し、ストックは別に収納場所を作り、キッチンワゴンの分がなくなったら補充する形にしてもよい。

赤ちゃんが大きくなったら、ベビーグッズからおもちゃや絵本、幼稚園で必要なアイテムに切り替えてもよい。学校に通うようになってからも、その都度頻繁に使う荷物を入れておくと便利だ。子供専用の収納スペースにして、ベビーグッズ、おもちゃの片付けや毎日の準備を積極的に行わせてもよいだろう。

3. 収納を増やすキッチンワゴンのアイデア

キッチンワゴンの脇にフックを取り付け、収納を増やすアイデアもよい。フックには荷物を直接かけてもよいし、袋やバッグをさげて中に荷物を入れることもできる。袋をゴミ箱がわりにし、溜まってきた袋ごと捨てるアイデアもある。

また、あえて最上段は何もおかず、ミニテーブルとして使うアイデアも便利だ。箱型になっているキッチンワゴンは筆記やパソコン作業には向かないが、メインのデスクではなくサイドテーブルがわりに役立つ。作業の合間に利用する飲食品を置いたり、デスクに置き場がない荷物を一時的に保管する場所として活用しよう。上段にはノートパソコンを置き、下段にはクッションやブランケットなどを置いてもいいだろう。

変わった使い方では、ミニ本棚にする手もある。持っている本が少ない場合は、キッチンワゴンに全てまとめてみてはどうだろう。反対にたくさんの本を持っており、普段から読書をする場合にも、お気に入りの本をまとめておくと便利だ。リビングから寝室まで、頻繁に読む本をキッチンワゴンにまとめておけば、わざわざ本棚まで取りに行く手間が省ける。

結論

キッチンワゴンはアイデア次第で、家中どこにでも使用することができる。食器ならばカゴを使って乾燥を兼ねてもよいし、ベビー用品の収納に向いている。キャスターのあるキッチンワゴンであれば、家中のどこでも持ち運びもスムーズだ。ほかにもテーブルがわりやミニ本棚など、キッチンワゴンは日頃から使うことの多いアイテムの収納に役立つ。キッチンワゴンに散らばった荷物をまとめ、部屋をスッキリさせてみてはどうだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ