このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

電気ケトルの水垢落としにはクエン酸!気になるお手入れ頻度も解説

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

電気ケトルは、基本的に水を沸かす目的で使用するものである。そのため「汚れる」という認識を持たずに使っている人もいるのではないだろうか。コーヒーを淹れたり、カップラーメンを作ったりと、活用する機会の多い電気ケトルを本来なら常に綺麗な状態で維持しておきたいはずだが、実は知らない間に汚くなっていることが多い。そこで今回は、電気ケトルを掃除するのに最適なクエン酸を使った掃除方法や頻度について紹介しよう。

1. 電気ケトルをクエン酸で綺麗に洗浄

電気ケトルの汚れとしてまず挙げられるのが、水垢だ。そして水垢を洗浄するのに最適なのが、クエン酸である。アルカリ性である水垢を綺麗に洗浄するには、酸性であるクエン酸と混ぜ合わせて中和させることが有効だ。これから、クエン酸を使った洗浄方法を詳しく紹介していこう。
  • 電気ケトルにクエン酸を大さじ2〜3ほど投入し、その後水を満杯まで入れる。水を後から入れることで、水の勢いにより電気ケトル内のクエン酸を自然と混ぜ合わせることが可能だ。
  • 水を入れたら電気ケトルのふたを閉め、お湯を沸騰させてから2〜3時間ほど放置する。
  • 放置後にお湯を捨て、スポンジで電気ケトル内を洗う。その後綺麗にすすげば完了だ。
上記の手順を1回行っても汚れが落ちていない場合は、数回繰り返すことでより綺麗にすることが可能だ。もしクエン酸がないなら、お酢で代用することもできる。最後に行うすすぎの工程では、水垢が電気ケトル内に残らないよう意識しながらすすいでいこう。

2. クエン酸を使った電気ケトルの掃除頻度

電気ケトルの水垢汚れを綺麗に掃除するには、クエン酸を使うと効果的であるとわかったが、一体どれくらいの頻度で掃除をすればよいのだろうか。汚れが気になったときに掃除をするのはもちろんだが、電気ケトル内に水垢やサビが付着したままだと熱が伝わりにくくなり、結果的に沸騰させるまでに時間がかかってしまうことにもなりかねない。

つまり、電気ポットを常に綺麗にしておくことは、電気代節約にも効果を発揮するといっても過言ではない。そのため、頻繁に活用する電気ケトルの掃除頻度としては、1ヶ月に1回を目安にするとよいが、どうしても汚れが気になる人は半月に1回くらいのペースで行ってもよいだろう。

3. 電気ケトルの掃除にはクエン酸以外に重曹も活用

電気ケトルの中には、水垢以外の汚れが発生していることも少なくない。その代表的な汚れがサビである。サビはクエン酸だけでは落とすことが難しいが、重曹と組み合わせることで落とせるようになる。つまり、電気ケトル内の水垢とサビの両方をいっぺんに綺麗に掃除できるというわけだ。

重曹とクエン酸は大さじ2杯を目安とし、それぞれ同じ分量をケトル内に投入しよう。後は前述したクエン酸でのお手入れ方法の手順で掃除すればよい。また、重曹は電気ケトルの内側だけでなく外側の掃除にも使うことができるが、肌荒れが生じる可能性もあるため、敏感肌の人は手袋をつけて掃除したほうがいいだろう。

結論

電気ケトルは、ワンタッチでお湯が沸くという便利さから、今では最も身近なキッチン家電といっても過言ではないだろう。しかし、電気ケトルの掃除をすることに対して意識を向けている人は意外と少なく、キッチン家電の中でも比較的掃除がおろそかになりがちだ。水垢やサビを放置することは、衛生面だけでなく、電気代にも影響を及ぼすことになりかねない。節約という面を考えても、クエン酸や重曹を使って定期的に掃除することを心がけることが大切である。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ