このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

重曹を使った掃除でトイレもスッキリ!黄ばみもきれいに落とす

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月30日

カビ取りや消臭、各種掃除など用途が幅広い重曹。トイレの気になる黄ばみにも、実は重曹が有効だ。また、クエン酸をプラスすることで、便器だけでなくトイレの壁紙や床まできれいにすることができる。刺激の強い薬品を使いたくないときは、ぜひ重曹を使ってエコな掃除をしてみよう。

1. 重曹の簡単な使い方

重曹を使って毎日こまめに掃除をしておけば、それほど汚れはたまらないので、ここでは簡単な重曹の使い方を紹介しよう。

重曹スプレーで便器の掃除

重曹スプレーを作ってトイレに常備しておけば、汚れが気になったときにささっと掃除できる。重曹スプレーは、水(またはお湯)100mlに重曹小さじ1を入れて作る。計量カップなどにお湯と重曹を入れ、よく混ぜてからスプレーボトルに移せば完成だ。

使い方は簡単で、用を足した後に、シュシュッとスプレーを便器の内側に吹きかけて、さっとこすろう。重曹を直接便器にふりかけてからこすり洗いをしてもいいが、スプレーだとムラなく吹きかけることができるので便利だ。

床や壁にも使える

重曹スプレーはトイレの床や壁の掃除にも使える。男性は用を足したときに尿が飛び散ることがあり、家族のひんしゅくを買いがちだ。そんなときに、重曹スプレーを床や壁に吹きかけて雑巾で拭き取れば簡単にきれいになる。汚れがひどくなる前に拭き掃除をして、清潔な状態を保ちたい。

便器の内側の黒ずみがとれないとき

しばらく掃除を怠ると、便器の内側の水の縁に黒ずみができてしまうことがある。頑張ってこすっても落ちないときは重曹の出番だ。使い方は至って簡単で、重曹を1カップ用意して、それをトイレに流し込む。これだけだ。使うタイミングとしては、その日最後にトイレを使ったあとがおすすめである。一晩放置して翌朝軽くこすってみると、すっきりきれいに黒ずみが落ちる。

2. 重曹にクエン酸をプラスして使う

こまめに丁寧に掃除をしているつもりでも、汚れはどうしてもたまっていくものである。気がついたらできてしまっていた黄ばみを落とすには、重曹スプレーに加えてクエン酸も使ってみよう。

クエン酸スプレーを作る

クエン酸スプレーは、水200mlにクエン酸小さじ1を加えて作る。頑固な汚れにはクエン酸を多めに入れるか、水の量を半分にするなどして濃度を調整しよう。まずは重曹スプレーを便器に吹きかけてからこすり、軽く汚れを落とす。

しぶとい黄ばみの上に、今度はクエン酸スプレーを吹きかける。トイレの縁の内側など汚れが目立つところには、トイレットペーパーを貼り付けてから上からクエン酸スプレーを吹きかけてパックをする。数分置いてからトイレットペーパーを流し、ブラシでこすってみよう。たいていの汚れはきれいに落ちているはずだ。

重曹とクエン酸を粉末のまま使う

先ほどトイレの内側の黒ずみを取る方法を紹介したが、急な来客など、「一晩も待てない」ということもあるだろう。そんなときにもクエン酸が役立つ。まずはトイレの内側にまんべんなく重曹をまき、その上からクエン酸をふりかける。

重曹とクエン酸が反応を起こして発泡してくるので、そのまま10分ほど放置すると、泡で汚れを浮かせて取れやすくしてくれる。汚れが軽くなってからこすれば、黒ずみはすっきり落ちるだろう。

3. 重曹でトイレのタンクもキレイに

トイレのタンクは普段あまり掃除をしないうえ、水がずっとたまった状態なので汚れもたまりやすい。普段からトイレ掃除をしているつもりなのに何故かトイレのにおいが気になるというときには、一度タンクを掃除してみてほしい。

便器をいくら掃除しても、タンクの中が汚れていれば流すたびに汚れが流れ出てくることになり、それが臭いの原因の可能性が高い。タンクは毎日掃除をする必要はないが、できれば月に1度は掃除をしたい。重曹をタンクの中に直接入れる、つけおき洗浄をやってみよう。

タンクの種類を確認する

トイレのタンクは大きく分けて2種類あり、タンクの上から水が出てくるタイプと、水が出ないふたのみのタイプである。水が流れるタイプは簡単にふたが外せないようになっているので、思い切りふたを持ち上げないように注意してほしい。重曹を入れられるくらいふたがずらせれば十分である。

重曹をタンクの中に入れる

タンクのふたをずらして中に重曹を1カップ(200cc)を入れよう。そのまま5~6時間放置して流せば完了である。放置している間はトイレは流せないので、寝る前や出掛けるときなど、しばらくトイレを使わない時間を利用しよう。ふたが開けられるタイプであれば、つけおきをしたあとにタンクの内側を軽くこすり洗いをするとよりきれいになる。

結論

強力な酸性の洗剤を使わなくても、重曹・クエン酸があればトイレは十分きれいにできる。トイレ掃除は毎日少しずつやっておくことで、きれいな状態を保つことができる。最初は面倒かもしれないが、掃除をする習慣をつけることをおすすめする。多少汚れがたまっても、重曹とクエン酸を使えば簡単にトイレ掃除ができるので、ぜひ試してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ