このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

30cm隙間収納が活躍!整理整頓と使いやすさのハイブリッド活用術

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 8日

家具や家電のちょっとした隙間はどこの家にもある。しかし、この隙間は意外に厄介で、ホコリがたまりやすく、汚く見える原因になる。そんな時に活用したいのが、隙間収納30cmサイズだ。周辺をスッキリ整理整頓できて、使い勝手のいい活用術を紹介しよう。

1. 隙間収納ならプラスチック製が便利!

プラスチック製の隙間収納は、使い勝手もよくとても便利だ。特に、中が見えるクリアタイプは、何が入っているのか一目瞭然なのでおすすめである。いちいち中身を確認したり、必要なものを探さなくてもよいのは快適といえるだろう。隙間収納でありがちなのは、スッキリするのはよいが、何がどこにあるのか分からなくなってしまうことで、これはものが散らかっている以上にストレスにある。

必要な時にすぐ取り出せて、かつ不要な時は目立たないのが隙間収納の理想といえる。その点で、プラスチック製の隙間収納はとても優秀なのだ。また、プラスチック製の隙間収納は、無印やニトリなど幅広く売られていて、手に入れやすいのが嬉しい。特に、30cmサイズの隙間収納は、デザインやバリエーションなどラインナップも豊富で、お気に入りのアイテムを見つけやすいので、整理整頓もきっと楽しくなるだろう。

そのほか、プラスチック製の隙間収納は、汚れを落としやすいのも特徴で、お手入れを簡単に済ませることができる。掃除はダスターで軽く拭き取るだけなので、キッチンや洗面所など水が飛び散りやすい場所でも使いやすい。プラスチック製の隙間収納を活用して、家中をスッキリと快適な空間にしよう。

2. キッチンを隙間収納でスッキリ使いやすく!

キッチンでは、冷蔵庫の横や流し台の周りやコンロ周辺など、あらゆる場所に隙間ができやすく、こまめに掃除をしているつもりでも隙間をよく見るとホコリが溜まっていることも日常茶飯事だ。たとえ調理台の上でなくても、汚れのあるキッチンで作られた料理は、残念ながら衛生的とは言いがたい。気持ちよく料理を楽しむためにも、キッチンは隅々まできれいにしておきたいものだ。

隙間収納を使えば、簡単にキッチンの隙間を使い勝手のよい収納に変えられる。おすすめは30cmサイズの隙間収納だ。たとえば、冷蔵庫の横に30cmの収納ラックを置いてみよう。置き場所に困るミキサーやケトル、スケールの収納にぴったりなスペースになる。

また、隙間収納は高さを活かすのもポイントだ。横の空間は限られているが、縦の空間を活かせば、狭いキッチンでもさらに収納を増やすことができる。背の高い隙間収納を設置すれば、散在しがちな食材や調味料をきれいにストックできる。また、ただ収納場所が増えるだけでなく、ストックの確認がしやすくなるため、料理の効率や意欲にも影響するのだ。キッチンの収納は、いくらあっても困らないので、隙間収納を活用して、キッチンをさらに使いやすくしよう。

3. リビングが簡単に片付く!隙間収納の活用法

気が付いたら散らかることが多いのがリビングだ。その理由は明確で、使ったものを元に戻さず、その場に放置してしまうからで、たとえばリモコンや雑誌も手に取りやすい場所に放置してしまう人も多いハズだ。しかし、使い終わったらすぐに収納できるようにしておけば、そもそも散らかったりしないので、片付ける必要はない。それを可能にするのは隙間収納なのだ。

リビングにおける隙間収納は、多種多様なサイズをまとめて収納できるものが重宝される。目の届くところに置いておきたい書類やスマホの充電器、ティッシュなどもまとめておけば、リビングがごちゃごちゃすることはない。また、リビングの隙間収納は、場所を取らず邪魔にならないサイズであることも大切だ。

それには、30cmほどのキャスター付きラックが適していて、必要な時だけラックごと近くに持って来ればいいし、用が済んだら隙間収納としてリビングの隅に戻せばいい。掃除機をかける場合でも、キャスター付きなら簡単に移動できるのでとてもスムーズなので、リビングにはキャスタ付きの収納アイテムが適しているだろう。

結論

隙間収納を活用すれば、ゴミが溜まりやすいデッドスペースが収納場所に生まれ変わる。特に、30cm程度のラックは、隙間収納にとても使いやすい。隙間収納を有効活用しあなたの家をもっときれいに、快適な空間へと変身させてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ