このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ベランダを人工芝でおしゃれに!おすすめDIYや虫対策を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 6日

ベランダは、家のなかでありながら外の空気も味わえる場所であるため、読書やお茶などの趣味を楽しむ人が年々増加している。また、そんなベランダを居心地のよい空間とするべく、DIYやおしゃれに精を出す人も少なくない。さまざまな工夫の方法があるなかで、ベランダに人工芝を敷くケースが増えているようだが、それにはいくつか気になる点もある。そこで今回は、ベランダをおしゃれにDIYをする方法やベランダに人工芝を敷いたときの水はけ度合、さらには虫対策などについて紹介しよう。

1. ベランダに人工芝を敷いた時の水はけ

ベランダに人工芝を敷き、緑を加えることで癒しや華やかさに繋がると考える人も少なくない。しかし、気になる問題として挙げられるのが水はけ度合ではないだろうか。ベランダは雨に打たれる可能性が高い場所であるため、水はけに対する意識をもって設置することが重要なポイントとなる。

人工芝の種類によっては、カビやコケなどを発生させる原因にもなりかねない水はけが悪いものも存在するため、傾斜をつけるなどの対策が必要となるケースも十分に考えられる。水はけがよい人工芝には透水タイプと呼ばれる水が抜けていく穴が空いており、見た目も天然芝に近いものとなっている。また、ジョイントタイプの人工芝も水はけがよく、ベランダに設置もしやすい特性がある。購入する際は、商品ごとのメリットとデメリットを理解し、ベランダに合うものを選ぶことをおすすめする。

2. 人工芝のベランダをDIYでおしゃれに

コンクリートや鉄などの人工物のなかに緑を取り入れるだけでも雰囲気は大きく変化するが、単にベランダに人工芝を敷くだけでなく、さらに彩りや工夫を加えることで一層見栄えもよくなる。そこで実践したいのがDIYだ。DIYすれば自分の好みに合わせることができるうえ、完成までのペースも自由に進めることができるため、ベランダを作りこむにはおすすめだ。

棚をDIY

棚を作ることは、ベランダで実践できるDIYのなかでも比較的に難易度が低いため、DIY初心者にもおすすめだ。棚は物を収納できるだけでなく、植物を並べてガーデニングするのにも活用できるうえ、人工芝との相性もよいため、おしゃれな雰囲気を演出するにはぴったりである。植物の数によって段数を好きに調整できる点も、棚のDIYがおすすめとされる理由の一つだ。

ただし、一軒家ではさほど問題にはならないが、マンションでのベランダガーデニングは物を置きすぎると避難経路を塞いでしまうなどの問題にも発展するため、マナーを守って楽しむようにしよう。棚をDIYする際も広さやモラルを考慮し、大きすぎるものは避けるなどの配慮が必要だ。

室外機を隠す

大抵のマンションのベランダには、室外機が置かれている。そのため、いくら人工芝を綺麗に敷き詰めたとしても、室外機が景観を損ねてしまうこともあるだろう。そこでおすすめなDIYが、すのこなどを使い室外機を覆ってしまう方法だ。

すのこはホームセンターなどでも安く販売されているため、手軽に入手できる便利なアイテムであるうえ、人工芝とすのこは木と緑ということもあって色合いや見た目の相性がよく、人工物である室外機をバランスよく隠すことができる。さらに、このDIYによって、室外機のうえに物を置くことが可能となり、収納力をアップさせることにも繋がる。

3. 人工芝を敷いたベランダの虫対策

人工芝を敷くことは、癒しや見た目などの面でプラスに働くことも多いが、気になる点は虫の対策だ。上記にあるように、人工芝は種類によって水はけが悪い商品や、湿気が溜まりやすい種類もあり、虫が発生しやすい環境となることも少なくない。したがって、なるべく虫を発生させないように手入れをすることが基本となり、そのためには水を溜めないように工夫したり定期的に掃除をしたりせねばならない。

とくに雨が降ったときや、朝晩の気温差が激しいときなどは要注意だ。湿気を逃がす対処をはじめ、水はけが悪い場合は傾斜をつけるなど、虫対策として改善できる知識をしっかりと学んでおこう。

結論

ベランダに人工芝を敷き詰めることで一気に雰囲気を変えることができるうえ、DIYをすることで自分の好きな見た目にしたり、工夫次第ではおしゃれにしたりすることも可能だ。さらに、ベランダで横になったり裸足で外に出れたりと開放感を味わえることも多く、気分転換にもなるだろう。しかし、水はけの悪い人工芝を選んでしまうと虫が発生する原因にもなりかねないため、湿気を溜めないための対策を施し清潔に保つことを心がけよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ