このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

DIYも簡単!片付け上手になるヒントはラックタイプの隙間収納

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月26日

隙間収納アイテムにはさまざまなものが販売されていて、なかでもおすすめはラックタイプのものだ。収納できるものは幅広く、周辺の整理整頓にちょうどよい。また、大きさや高さなど種類も豊富で、自分に合ったものを選びやすいのも特徴だ。DIYしやすい点もラックタイプならではといえよう。今回はラックタイプの隙間収納アイテムを使いこなす方法やDIYのコツをお伝えしていく。

1. ラックタイプ隙間収納でキッチンをプロ仕様に

プロの料理人のキッチンをのぞいたことはあるだろうか?さぞかしたくさんのキッチンツールがところ狭しと並んでいるかと思えば、実に整然としたキッチンであることが多い。それもそのはず、調理時の動線に沿って、必要なものを取り出しやすい位置に収納しておくことは、料理の質にも直結するからだ。

必ずしも広いキッチンが必要というわけでもなく、隙間収納などの工夫でコンパクトなキッチンでも十分性能を活かしきれるように考えられている。しかし、これはプロの料理人だけの技ではない。プロの料理人が実際に活用している隙間収納を真似れば、家庭のキッチンもさらに使いやすくなる。それによって、料理のレベルも自然と上がるだろう。

たとえば、キッチンで隙間を生じやすいのはコンロ周り、冷蔵庫や電子レンジなどの家電周りだろう。こういった隙間は一見するとデッドスペースだが、隙間収納を活用すれば、さらにキッチンが使いやすくなる。

とくに、コンロ周りでは安全を確保しつつ、小型のラックタイプ隙間収納で塩や胡椒、スパイスなどの調味料を使いやすく整理したい。ただし、オリーブオイルなどの油は熱に弱く、風味が落ちやすいのでコンロからは離して収納しよう。そのほか、菜箸やフライ返しなどの細々とした調理器具も、S字フックでラックに引っ掛けておくと便利だ。料理上達のためにも、まずは環境を整えるところから始めよう。

2. 汚れやすい洗面所を隙間収納で清潔に!

それほど広くはない割に置くものが多く、清潔に保つのが難しい洗面所。しかしここでもラックタイプの隙間収納アイテムが活躍する。洗面所での収納ポイントは、洗面台下のスペースと、洗濯機周辺の使い方だろう。

洗面台下のスペース活用方法

洗面台下には、普段あまり目につくところには置きたくないもの、たとえば掃除用具や洗面用具のストックなどを置いておきたい。洗面所で使用するものだけでなく、風呂場のアイテムもまとめて収納しておこう。洗面台下のスペースは、奥行きがあまりない代わりに高さはある、という形状が多いので、収納ラックを選ぶ際にはきちんと収納スペースのサイズを測ってからにしよう。

洗濯機周辺スペースの活用方法

洗濯機周辺にはちょっとした隙間ができやすいので、高さと奥行きは十分だが幅は狭いタイプのスリムラックやストッカーを配置し、タオルや散らばりがちな小物類を入れるといい。洗濯機は背が低いので、洗濯機本体の上の空間および後ろにデッドスペースができやすいため、支柱式のラックがちょうどよく収まる。こちらは洗濯機周辺スペース専用のラックとして販売されていることが多いので、しっくりくるサイズを探してみよう。また、実は洗濯機本体はマグネットがくっつく設計になっている。これを利用して、本体横にマグネット式のフックをいくつかつけると、ぶらさげる収納も可能になる。洗濯機の側面のデッドスペースが気になる際にはぜひ試してみよう。

3. ラックタイプ隙間収納を簡単にDIYする方法

隙間の大きさは、各家庭さまざまだ。家具の配置が変われば隙間の幅も変わる。なかなかジャストフィットするようなラックを見つけられないのであれば、DIYしてしまうというのもいいだろう。自分で作ってしまえば使い勝手のよさはもちろん、愛着もひとしおだ。DIYの際の素材でおすすめなのは、100均やホームセンターで手軽に手に入る「すのこ」だ。そこそこの強度とアレンジのしやすさを持ち合わせているので、DIY初心者でも比較的簡単にオリジナリティあふれるものが作れる。

作り方もシンプルで、サイズの通りに切ったら端を木工用ボンドで接着し、釘で補強するだけ。すのこのゲタと呼ばれる角材部分を内側にし、ここに棚となる板を乗せると簡単にラックタイプの隙間収納アイテムが完成だ。

当然のことだが、ポイントは採寸をきっちり正確にするという点だ。せっかく隙間を活かした収納アイテムを作るのに、逆にいびつな隙間ができては意味がない。ラックを置くスペースの大きさ、収納したいものの量、さまざまな要素をしっかり列挙し、必要なサイズを割り出したうえで材料の採寸を確実に行おう。

結論

ラックタイプの隙間収納アイテムは、汎用性が高く使いやすい。キッチンや洗面所など、ものが多いうえに隙間ができやすい場所ではとくに重宝するだろう。市販でもさまざまなタイプが売られているが、機能的で自分好みのラックをDIYするのもおすすめだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ