このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納をカラーボックスでDIY!キッチンカウンター活用術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月29日

ホームセンターで売られているカラーボックスで、キッチンカウンターをDIYできることをご存知だろうか。天板やカラーボックス用の追加パーツなどを組み合わせることで、一見カラーボックスとは思えないような本格的なキッチンカウンターを作ることができる。今回はキッチン収納をカラーボックスを使ってDIYする方法や収納の仕方について解説する。

1. カラーボックスでキッチン収納カウンターをDIY

カウンターテーブルがあるキッチン収納に憧れている人も多いのではないか。一からカウンターを制作するとなるとDIY初心者にはハードルが高いが、カラーボックスを使えば、だれでも簡単にキッチン収納をDIYできる。カラーボックスは組み立てるのが簡単で、値段も安く、量販店などでも比較的手に入りやすいので、ぜひ挑戦してみてほしい。

カラーボックス2~3個と天板さえあれば、すぐに始められる。キッチン収納用のカラーボックスの高さは90cm前後のものがちょうどいい。天板はカラーボックス用のものを購入する方法や、ホームセンターで木材をカットしてもらう方法などがある。

作り方はカラーボックスを横に並べ、サイズに合わせた天板を乗せるだけだ。天板が落ちないように、天板の下にすべり止めマットや耐震マットなどを敷けば、釘やビスなどを使わなくて済む。

完成したキッチンカウンターはキッチンの壁に沿って設置したり、キッチンとリビングの間に置いて対面カウンター風にしたりするのがおすすめだ。対面カウンターにする場合、リビングからカラーボックスの裏側が見えるとよい。

DIYしたキッチンカウンターは、キッチン収納を増やせるだけでなく、作業台としても使えるので、毎日の家事の効率もアップする。

2. キッチン収納カウンターをゴミ箱収納や食器棚として使う

カラーボックスでキッチンカウンターをDIYするときに、カラーボックスの間を少し空けて天板を乗せると、空いたスペースにゴミ箱を収納することができる。空間を無駄なく使えてすっきりとしたキッチン収納になるのでおすすめだ。ゴミ箱はキャスター付きのものにして引き出せるようにし、ゴミ袋はカラーボックスの中に収納しておけば、ゴミ箱からゴミを取り出すときや、袋を取り付ける作業もスムーズになる。

カラーボックスといえば3段タイプのものが一般的だが、最近ではカラーボックスに取り付けられる扉や引き出し、追加の棚板など、追加パーツのバリエーションも増えている。カラーボックスをキッチン収納に使うときには、それらの追加パーツを活用するよい。

カラーボックスを食器棚として使うときには、棚板を追加するとよりたくさんの食器を、取り出しやすく収納できる。カラーボックスの内側にダボ穴があるタイプは、棚板とダボを追加で購入するだけで仕切りを増やせるので、キッチン収納に便利だ。カラーボックスの種類によっては、内側にレールを取り付けて棚板を追加できるタイプのものなどもあり、レールタイプはバスケットを差し込んで引き出しのようにも使えるので、コップやマグカップなどの収納におすすめだ。

食器にほこりが付かないようにしたければ、カラーボックス用の扉を取り付けるとよい。またキッチン収納用のカラーボックスを選ぶときには、追加パーツの種類を確認し、カスタマイズしやすいものを選んでみてはいかがだろうか。

3. キッチン収納カウンターに使える100均グッズ

カラーボックス内の収納に使えるグッズは100均が充実している。カラーボックスサイズの収納ボックスやトレーなどもたくさんそろっているのでキッチン収納に役立てたい。天然素材のカゴは生活感を隠してカフェ風のおしゃれな雰囲気を演出できる。調味料などの汚れやすいものを収納するなら洗えるプラスチックカゴ、通気性を良くしたければワイヤーバスケットなどを活用するとよい。

100均のディッシュスタンドを使えばカラーボックスの中にお皿を立てて収納できて、使うときに取り出しやすい。もしディッシュスタンドがなければファイルボックスや仕切りスタンドでも代用可能だ。調味料はそのままカラーボックスの中に入れてしまうと奥に入れたものが取り出しにくくなるので、奥行きのある収納ケースにいれ、使うときにはケースを引き出せるようにすると使い勝手がよくなる。

カラーボックスのキッチン収納を目隠ししたければ、つっぱり棒に布を取り付けて、カーテンのようにするのもいい。突っ張り棒はカラーボックスの中に取り付けて、吊り下げ収納に使うこともできる。

カラーボックスのキッチン収納をセンスアップするためには100均のリメイクシートも使える。木目柄やレンガ柄、コンクリート柄など、リアルな見た目のリメイクシートが販売されているので、他のキッチン収納のテイストに合わせてセレクトするとよい。

結論

カラーボックスを使ってキッチン収納をDIYする方法をご紹介した。リーズナブルなカラーボックスだが、いくつか組み合わせて追加パーツなども活用することで、安っぽく見えないおしゃれなキッチンカウンター作れる。収納も作業スペースも増えて家事の効率もアップするのでぜひ挑戦してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ