このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

新規も追加もIKEAにお任せ!より使いやすくなるキッチン収納を公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月14日

食材に調理器具などキッチンでの収納はいくらあっても足りない。しかし、キッチン収納をあれこれ増やしてしまうと、キッチンそのものが狭くなってしまう。効率よく道具類をしまうため、適切な収納アイテムを見極めたい。今回はさまざまなメーカーの中から「IKEA」のキッチン収納に着目する。追加するときにおすすめのアイテムや各メーカーの魅力を探ってみよう。

1. 今あるキッチン収納に追加するアイデア

賃貸物件に住んでいるなら、既存のキッチン収納にIKEAのアイテムを追加してより充実させよう。たとえば壁面を使ったアイデアだ。IKEAにはウォール収納用のアイテムが数多く存在する。壁に立てかけるタイプのホルダーやスタンド、吊り下げるタイプのフックやクリップなどだ。

活用アイデアとしては、ホルダーやスタンドは瓶などの容器、フックやクリップはおたまのような調理器具のキッチン収納に使える。ホルダーは壁に吊り下げるタイプもあり、立てかけることが難しい場合に活用したい。

場所に余裕が有るなら、IKEAで大きな棚を購入し活用するアイデアもある。IKEAの食品棚は、フレームのみかネットになっているタイプが多く、外からどこに何をおいたのかが判別しやすい特徴がある。1度にたくさんの食材をまとめ買いをする家庭には便利だ。

棚に直接食材を置くのはもちろん、バスケットなどの容器に入れて、1つのスペースを細かく区切るのもよい。

2. 新築にもおすすめ!オーダー可能なキッチン収納

IKEAのキッチン収納は、希望に合わせたオーダーが可能で新築にも向いている。引き出しの数や大きさ、素材に色、シンクなどの配置と細かくオーダーでき、使いやすいキッチン収納を作れる。また、キッチンのみならず、ダイニングをまるごとオーダーすることもできる。新築はもちろんリフォームにも便利なのだ。

ちなみにIKEAの公式サイトでは、何十種類ものキッチン例が紹介されている。丸ごと自宅のキッチンに取り入れるもよし、少しずつ取り入れて独自のキッチンを作るのも自由だ。

3. キッチン収納の引き出し1つにも工夫あり

IKEAのキッチン収納は、引き出しにもこだわっている。外から見ると同じデザインが並んだように見える引き出しでも、開いてみれば内部の区切り方が異なる。中には2つ分の引き出しを1つにした、大きなキッチン収納も存在する。

また、引出しをギリギリまで引っ張り出せるタイプや、全体の4分の3程度まで引き出すタイプもある。同じIKEAのキッチン収納でも、各家庭で使い方に差があるので、大変便利である。前者の大きく開くタイプは、大きな調理器具などの収納に向いている。また、後者のタイプは、引出しそのものが外れにくいため、スペース充分にないキッチンで重宝する。

4. 低価格で求めやすいキッチン収納

IKEAは世界中で販売しており、また購入者に直接提供できることから、キッチン収納の中では安い価格で提供されている。キッチン収納全体では10万円から20万円ほどである。1つ1つの部品なら価格は下がる傾向だ。

たとえば、引き出しの扉なら、小さいものだと1枚あたり5,000円、大きいものでも1万円ほど。引出し内をさらに区切るトレーやボックスならば、数百円程度で購入できる。またキッチン収納を購入するだけでなく、配送や設置などのサービスも低価格のため、DIYなどができない場合にも便利だ。

複数の引き出しがついたキッチン収納1つで、3万円~6万円ほどで施工してもらえる。安価ではあるが扉のデザインや材質によって価格には差が出るので、予算重視か機能性を求めるかなど重視する点を考えてオーダーしよう。

結論

IKEAのキッチン収納は、引き出しを区切るものや壁面を活用するものなど、無駄のない製品が多く使いやすいところがメリットである。デザインも豊富で選択肢が多くなり、自分の好みと機能面の両方を満たしている。また、価格の低い製品も多くコスパが気になる人にも安心だ。キッチン収納に困っているならば、IKEAの商品をチェックしてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ