このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

頑丈なキッチン収納ならステンレス!ラックから吊り下げアイテムまで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月26日

キッチンは火の元が近く水場もあり、家具がダメージを受けやすい場所ゆえ、耐久力のあるステンレス製をおすすめしたい。キッチン収納に便利な大型ラックから、調味料や調理器具のような小物を入れるのに適したアイテムまで、選び方のポイントを含め見ていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 家電のキッチン収納はスチール製のラックにお任せ

キッチン用品の中でも重さや大きさで収納に困る家電は、スチール製ラックに乗せて管理するとよい。ラックは壁際に寄せてしまえばキッチンを圧迫することもない。スチール製は手頃な値段で耐荷重もバツグンである。

ラックに収納した家電は使うときだけ取り出してもよいし、周囲の道具に注意すれば乗せたまま使うことも可能だ。とくにキャスターつきラックであれば、目的の場所にスムーズに移動できる。電源が遠い、作業場所から離れているときなどは大変便利だ。また、炊飯器と一緒にしゃもじや茶碗とセットでラックに収納すれば準備する際は作業効率もアップし時短になるだろう。

2. 無印のステンレスシェルフでキッチン収納を増設

キッチン収納を新たに追加するなら、無印のステンレス製シェルフもおすすめだ。無印らしいシンプルでスタイリッシュなデザインは、他の家具とも馴染みやすいつくりである。ステンレスと言っても、棚板は木製なので、クールな中にもどこか温もりを感じることができる。

ステンレス製のフレームは耐荷重に優れ、水にも強く、デザイン性と機能性の両者を兼ね備えている。さらに、組み合わせは自由自在、オプションパーツも品揃え豊富で選ぶ楽しみがあり、好みの無印専用アイテムとカスタマイズすればオリジナルの家具が手軽に作れるのだ。隙間収納を活かしたり、複数を並べてカウンターのような大きな収納を作るなど、利用方法は多岐にわたるのだ。

3. 調味料はミニサイズキッチン収納に整理

調味料のような小さいアイテムは、ステンレスのワイヤーバスケットやミニラックにまとめて収納すると便利だ。中でも取っ手つきで持ち運びができるバスケットタイプは使い勝手がよい。調理中はキッチンで、食事中はダイニングやリビングへと一度に移動でき手間が省ける。

調味料は意外と種類が多く置き場に困ったりするもの。専用ラックにまとめて入れ、シンクやコンロ脇などのデッドスペースを利用すれば空間を無駄なく使える。使用頻度が高い調味料は、スパイス瓶の出し入れが簡単にできる斜め収納ラックがおすすめだ。調理中、一度に複数の調味料を使うためスムーズに取り出せる機能も大変魅力的だろう。

収納の工夫次第で、美しく使いやすいキッチンが目指せるのだ。そして、並べて見せる収納にすることで、使用頻度の低い調味料のしまい忘れも防止でき一石二鳥である。

4. ステンレス製の吊り戸棚を活かしてキッチン収納を追加

ステンレス家具の丈夫さを活かしたキッチン収納を紹介しよう。キッチンにステンレス製の吊り戸棚があるなら、戸棚下用にかける専用フックを取り付け、キッチン収納を増やすと便利だ。おたまやフライ返しなどの調理器具は、柄の先端に穴があいており、フックに引っ掛けることが可能だ。料理の際に、引き出しから取り出すわずらわしさもなく、洗い終わったら吊り下げて、乾かせる利点もある。

調理器具より調味料や小物が多いなら、吊り戸棚の下にさらに吊り戸棚やカゴを設置するのもよい。もともとある吊り戸棚の耐荷重には注意が必要だが、吊り戸棚が高すぎて手が届かないという人も、下に追加すれば出し入れもスムーズになる。収納量だけでなく、作業効率も格段にアップすることが期待できる。

結論

ラックは、組み立ての自由度が高く、限られた空間を活用できるキッチン収納に欠かせない優秀アイテムだ。キッチン収納として使用するラックは水や湿気に強く、汚れもさっと拭き取れるものが人気を集めている。使用用途に合わせ、材質やサイズなど最適なものを選ぶのがポイントである。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ