このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

必見!キッチンのボールをサッと取り出すための収納のコツとアイデア

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月20日

野菜を洗ったり卵を溶いたりと、キッチンのボールは何かと使う頻度の多い調理道具の一つである。料理をする際、よく使う道具をすぐに取り出すことができれば、それだけで調理の流れはスムーズになり効率がよくなるのではないだろうか。そこで今回は、ボールをサッと取り出すための収納のコツとアイデアについて紹介しよう。

1. キッチンのボールをサッと取り出すためのコツ

キッチンにある調理道具の中で、ボールは鍋やフライパン以上に使用頻度の高い調理道具の一つともいえる。調理の下ごしらえや野菜の水切りなど、その用途は広い。調理効率を考えた場合、頻繁に使う道具はできればサッと取り出したいものである。

使用頻度の高いボールを使いやすい場所に置く

ボールにはステンレス、耐熱ガラス、プラスチック、ホーローなど、数種類の素材があり、調理の目的に合わせた素材を揃えているうちに、気づくとキッチンに何種類ものボールが増えている可能性がある。そこでもし、普段あまり使わない重い耐熱ガラスのボールと、毎日使う軽い素材のボールが混在しているなら、使用頻度別に収納場所を変えてみてはいかがだろうか。

まずは使用頻度の高いボールを一番使いやすい場所に置き、次にめったに使わないボールは棚の上やシンクの奥に移動させてみよう。もしキッチンの収納場所にゆとりがない場合は、思い切って使用していないボールの処分を検討するのも一つの方法だ。

ボールは重ねて収納しない

ボールは大中小のセットで販売されている場合もあり、使わないサイズのボールまでまとめて購入している可能性がある。セット物であれば複数あっても重ねて収納すれば収納場所には困らないだろう。しかし、重ねることで取り出しづらくなってはいないだろうか。

たとえば、大きめのボールを取り出したいときにはまず、上に乗っている小さめのボールを片手で持ち上げ、次に反対の手で必要なボールを取り出すという流れになる。そもそも実際に調理をする際、中サイズもしくは大サイズのボールの使用頻度が高い場合が多いため、そのたびに小さいサイズのボールを持ち上げるという無駄な動作が生じている可能性がある。

つまり、ボールは重ねて収納すればスペースの節約にはなるが、一方で作業効率を悪くする原因になっているともいえるだろう。そこで、使用頻度の高いボールは重ねず収納する方法をおすすめする。

2. ボールを引き出しに立てて収納するアイデア

ボールを引き出しに収納するなら、フライパンスタンドや鍋フタスタンドを利用して、立てて収納すると取り出しやすい。100均にある皿スタンドやファイルケースでも、ボールとサイズを合わせることができれば利用可能だ。もちろんボール専用のボール・ザルスタンドであれば、さらに使い勝手はよくなるだろう。

その際、スタンドの一つの区切りの中に置くボールの数は1~2個までにすることが取り出しやすくするコツである。上下に重ねる収納と同様、立てた収納の場合も一つの区切りの中に重ねて複数入れてしまっては、取り出しやすさが半減するので注意しよう。

ボールをザルと一緒に使用することが多い場合は、ザルとセットに収納しておけば一度の動作で両方取り出すことができるのでおすすめだ。

シンク下が引き出しになっているキッチンなら、たとえば野菜を洗う際、片手で引き出しを開け、反対の手でボールとザルを一度に取り出し、また片方の手で引き出しを閉めるという一連の作業がスムーズになる。これにより、調理効率は非常によくなるので試してみてほしい。

3. ボールを吊り下げて収納するアイデア

ボールの中には吊り下げ可能なタイプのボールがある。プラスチック製のボールであればフチに穴が開いている形状のもの、ステンレス製であれば取っ手がついている形状のものがそうだ。

吊り下げ可能なボールであれば、工夫次第では引き出しや扉の開け閉めをせず収納できるので効率はさらによくなるだろう。吊り下げる場所によっては、多少湿り気のある状態で収納しても、自然乾燥しやすくなるというメリットもある。

吊り下げる方法として、調理台正面の壁に壁掛け金具とワイヤーネットを組み合わせた壁面収納を設置し、S字フックで吊り下げるアイデアはいかがだろうか。賃貸などで穴を開けられない場合はつっぱり棒とワイヤーネットを組み合わせるとよいだろう。

ボールは鍋やフライパンに比べて軽いので、両面テープ式フックや吸盤式のフックに掛けるというアイデアも有効だ。その他、レンジフードの縁を利用し、フックで吊り下げるアイデアを試してみてもよいだろう。

結論

キッチンのボールをサッと取り出すための収納のコツとアイデアについて紹介したがいかがだっただろうか。ボールは重ねて収納しやすく、同じセットの物であればまとめて収納した方が見た目はスッキリするかもしれない。しかし、ボールを取り出す際、無駄な手間が多いと感じているのであれば、今回紹介した内容を参考に使用頻度別に分けた重ねない収納方法で、作業効率の向上を目指してはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ