このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納の引き出しを「美しく」「使いやすく」するために

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月28日

キッチン収納を使いこなすためには、いくつかのコツがあり、とくにキッチン収納の引き出しというのは、なかなか整理整頓が難しい場所だ。今回は、引き出しをはじめ、うまく使いこなすことができず、デッドスペースになりがちなキッチン収納を攻略する方法を紹介するので参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 仕切りを使って引き出しキッチン収納を完全攻略

キッチン収納の悩みの一つに、引き出し収納の難しさがあげられる。形やサイズがバラバラな鍋やフライパンに、カトラリーなどの小物が多いため、乱雑になりがちだ。これは、キッチン収納の引き出し内が仕切られていないことが大きな原因だろう。

しかし、そんな悩みを解消するアイテムとして、仕切りケースがある。さまざまなメーカーから販売されている仕切りケースは、サイズも種類も豊富に揃う。キッチンの引き出しの中で組み合わせて活用すれば、スペースをうまく使え整理整頓することが可能だ。

ただ、浅い引き出しは仕切りケースを活用することで、カトラリーやキッチンツールを整頓することができるが、悩ましいのがキッチン収納の下部に設置されている深さのある引き出しではないだろうか。シンク下やコンロ下にも同様に、この深さのあるキッチン収納が設置されているタイプが多い。大容量の収納スペースであるがゆえに、うまく活用しきれずに困っている人もいるだろう。

基本的に、深さのある引き出しには、高さのあるものを収納すれば空間に無駄がなくなる。そのためには、高さのある仕切りが最適で、そこで活躍するのがファイルボックスだ。片側が低くなっているため、鍋や皿などを収納しても取り出しやすく、使い勝手が非常によい。

ファイルボックスのほかにも、高さのある仕切りケースを利用して醤油やオイルなどの背の高いものを収納するとよいだろう。仕切りを作らずにただ置くだけだと、キッチン収納の引き出しの中で物が動いてしまい、破損したり、中身がこぼれたりする恐れがある。仕切りを活用して、利便性の高い空間をフル活用した引き出しを実現しよう。

2. 無印アイテムでキッチン収納を美しく使いやすく

キッチン収納の仕切りの代表格といえば、無印の仕切りアイテムだ。クリアタイプや、ポリプロピレンタイプがあり、自分の好みや用途に合わせて選ぶことができる。無印のもので揃えれば、キッチン収納に統一感が出て、スタイリッシュな印象になるだろう。

仕切りは、アイデア次第で使用用途の幅を広げることもできる。たとえば、無印の不織布の衣装ケースにホットプレートや、普段は使用しないすき焼き鍋、たこ焼き器、アイスクリームメーカーなどを収納すれば、埃や汚れから調理器具を守ることもできる。本来の用途は、衣装ケースであるが、柔軟な発想でキッチン収納を愉しんでほしい。

3. 理想的なキッチン収納を100均スチールラックで手に入れよう

収納が難しく、デッドスペースが生まれやすいのがシンク下の収納スペースだ。高さがあるキッチン収納なので、一見便利そうなものの、排水管があるため、収納棚を設置するのも困難である。そんなときに試してほしいのが、100均のスチールラックだ。

手頃な値段で十分な耐荷重があり、自由にカスタマイズできるため、キッチン収納として隙間を活用するのにぴったりだ。100均でパーツを購入し組み立てれば、手軽にスチールラックを完成させることができる。シンク下のキッチン収納には、大活躍すること間違いないだろう。100均でも人気商品のため、店舗によっては品切れとなっている場合もある。足を運ぶたびにチェックすることをおすすめしたい。

結論

美しく、使い勝手のよいキッチン収納を極めるには、それぞれに適した仕切りや棚の活用がカギとなる。仕切りにもさまざまな種類やサイズのものがあるから、どのようなタイプがベストかを見極めよう。ものの定位置を決めることが美しい収納を維持するための基本であるが、そのためにも収納場所の確保をしたい。仕切りやラックを使って理想のキッチンを目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ