このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納はラック活用でおしゃれにスマートに

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月27日

キッチン収納がどうもうまくいかない、と悩んでいる人にぜひおすすめしたいのがラックを活用した収納だ。ラックといっても、さまざまな種類があるので、今回は、組み立て分解が可能でキッチン収納に便利な、スチールラックについて紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スチールラックはだからできるデッドスペースの有効活用

「キッチン収納にするには、自作の棚は強度が心配」「DIY経験がないから、キッチン収納なんて作れない」そんな人にも、ぜひ一度挑戦してほしいのがスチールラックだ。スチールラックはホームセンターで棚板やポールパーツを購入し、それを組み合わせて自分が作りたい棚をカスタマイズして作れる収納家具である。

スチールラックは簡単に作ることができ、強度もしっかりしていて、キッチン収納には非常に適している。先ほども触れたとおり、キッチン収納にスチールを使おうと思うと気になるのが耐荷重や強度の問題だが、スチールでできているため非常に頑丈で、耐荷重もしっかりとしている。

棚板もさまざまなサイズが用意されているため、棚を設置したい場所に合わせて収納を作ることが可能だ。限られたスペースに設置したいキッチン収納には、ぴったりのアイテムといえるだろう。

たとえば、シンク下やコンロ下の収納というのは、排水管などの存在がどうしても邪魔になり、すっきりとした収納ができないという悩みを抱えている人も多いのではないだろうか。そんな時に、スチールラックを活用したキッチン収納を活用すれば、これまでデッドスペースとなっていた空間を有効に活用することが可能だ。乱雑に置かれていた鍋やキッチンアイテムを、スチールラックのキッチン収納で美しく整えよう。

2. 100均パーツで簡単にスチールラックが作れる

100均でも、スチールラックのパーツが売られていることをご存知だろうか。「100均のスチールラックをキッチン収納にしたら、すぐに壊れてしまうのでは?」と思うかもしれないが、侮ることなかれ、これが非常に優秀なのだ。

パーツが非常に充実しており、棚板やポールはもちろん、棚板やシート、キャスターや釣り下げ棚などアレンジ小物も豊富に販売されている。サイズもさまざまなものが販売されているため、大きな棚から作業スペースに置けるスパイスを入れるようなキッチン収納まで、自由自在に作ることが可能だ。

100均のアイテムでキッチン収納を作ることができれば、汚れが気になった時に気軽に買い換えることもでき、ストレス軽減にもつながる。コストを抑えられるのは嬉しいポイントといえるだろう。「キッチン収納として、試しにスチールラックを導入してみたい」そんな場合は、100均のスチールラックから初めてみてはどうだろうか。

3. スチールラックはキッチン収納の救世主

スチールラックは、キッチン収納の救世主といっても過言ではない。自由自在にアレンジできるため、スチールラックを活用することでキッチンのあらゆる隙間をフル活用することができる。DIY経験がなくても簡単に組み立てることができ、スチールラック作りをはじめてDIYが趣味となった人もいるくらいだ。

DIYというと、ハードルが高いと感じる人も多いようだが、スチールラックのキッチン収納作りに関しては誰にでも簡単にできるものとなっているので、興味がある人はぜひ一度挑戦してほしい。

結論

自分が理想とし、サイズまでぴったりなキッチン収納棚を見つけるのはなかなか簡単なことではない。そんな時に、自由自在にアレンジが可能なスチールラックは、本当に魅力的なアイテムといえるだろう。ホームセンターから、気軽に買える100均までいろんなスチールラックが販売されているので、自分にあうスチールラックを見つけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ